¥ 463
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ACMA:GAME(22) (講談社コミックス) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ACMA:GAME(22) (講談社コミックス) コミックス – 2017/4/17

5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 854
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ACMA:GAME(22) (講談社コミックス)
  • +
  • ACMA:GAME(21) (講談社コミックス)
総額: ¥926
ポイントの合計: 28pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

光聖高校3年・織田照朝は、容姿端麗、頭脳明晰、運動神経抜群。それに加え、日本有数の財閥・織田グループの総会長でもある。そんな照朝の前に突如現れたのは、イタリアンマフィア・ベルモンドファミリーの御曹司、マルコ・ベルモンド。マルコが持ち込んだ“悪魔の鍵”によって、照朝の日常は一変する‥‥!! 新連載即、圧倒的人気を獲得した、究極の“頭脳×心理”バトル。それは、誰もみたことのない極限の遊戯!!

アクマゲーム史上、最大の戦いを制するのは、揺るぎなき正義か? 独裁による秩序か? 父と子の運命の対決が、ついに決着の時を迎える!! 世界の命運を握る最終巻!!


登録情報

  • コミック: 202ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/4/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063959198
  • ISBN-13: 978-4063959192
  • 発売日: 2017/4/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8

トップカスタマーレビュー

投稿者 amazon三郎 トップ1000レビュアー 投稿日 2017/4/24
形式: Kindle版
ライアーゲームでもそうでしたがこの手の漫画は過程を楽しむモノで、結末はそれ程重視されないのでしょうか。
ACMA:GAME 本編はこの巻でとりあえず終了です(番外編があるとか)
ゲームそのものは勝敗が決し終了 それは問題ないんですが、その後の展開がちょっと・・・。

ネタバレですが、この漫画のテーマである「アクマゲーム」 
その重要なキーである「悪魔の鍵」及び「悪魔」がどこから来たのか、またなぜ人間にそんなゲームをさせるかなど
根幹的なポイントが明かされずに終わりました。(あと崩心が使ってたライオンの悪魔の名称なども)
また幾人かのグングニルメンバー(瀬沢 李 等)もその後不明です。
本誌で見ていた時は駆け足気味にグングニル編が終了した印象があったので、新章突入かと思ったら最終回でした。
天の知識書もそうでしたが、もう少し風呂敷を畳んでから終了して欲しかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
最後の勝負もそうきたかーという感じでいい勝負でした。ACMA:GAMEは、改めて読み返すと、奇手やしかけだけでなく、真っ向勝負で頭脳勝負を挑んだり、魅力的な敵がどんどん仲間になっていったり、悪魔の能力も使えるものもあれば、しょっぱいものもたくさんあったなあ。

個人的には、アイドル式部紫の演技力が好きでした。演技力ってかなり大事だけれど、こういうゲームでそれが強み!って言いきれるキャラってそうはいないし、新鮮でした!

好きなのは、ここにあるものを3つ当てるとかシンプルでいて、飲み会でも使えるぐらいの奥深いゲームでした。シンプルで奥深いゲームは面白いし、わかりやすくて素敵でした。次回先も楽しみです!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
全知の存在が頭脳戦でこれほどあっさりと負けるとは……まあ、それは大人の事情があったに違いないので厳しく問わないでおく。

しかし、人類の歴史が6500万年だという、完全な誤りを読者に広めようとしていることは、許容するわけにはいかない。
6500万年前は恐竜が絶滅した時代であり、人類が生まれた時代では全くない。
この作者の知識は極端に文系に偏っていて、理科の基本中の基本さえも知らなかったのだろう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
用意された三つの単語を互いに当て合う”三単究明”も大詰め。
先導者の三つめの単語には「あっ」と言わされました。
照朝の三つめは…”先導者の母”を考えていました。
話の流れに矛盾しない解だと思っていたのですが…。
ともあれ、見事な結末を迎えました。
潜夜たちの新たなチームは(5人目には驚きましたが納得です)
さらに何かをしでかしてくれそうで、
それは新作で描いて欲しいと思いました。

毎回いろいろやってくれていたカバー裏も最終巻に相応しいものでした。
ぜひご覧ください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ゲーム内容はよく考えられていて、ライアーゲームに並んでいると思う。
シンプルで分かりやすい、けど奥深いゲームならむしろこっち。
が、終始嘘喰いの影がちらつくというか・・・
このキャラ、この設定、この流れ嘘喰いで見たなあ・・・っていうのがちょっと多かった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告