通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

99%の誘拐 (講談社文庫) 文庫 – 2004/6/15

5つ星のうち 4.0 65件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 44
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 751
¥ 751 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 99%の誘拐 (講談社文庫)
  • +
  • そして扉が閉ざされた (講談社文庫)
  • +
  • クラインの壷 (新潮文庫)
総額: ¥2,048
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

受賞歴

第10回(1989年) 吉川英治文学新人賞受賞

内容紹介

緊迫度MAXIMUM(マキシマム)!空前絶後の完全犯罪

末期ガンに冒された男が、病床で綴った手記を遺して生涯を終えた。そこには8年前、息子をさらわれた時の記憶が書かれていた。そして12年後、かつての事件に端を発する新たな誘拐が行われる。その犯行はコンピュータによって制御され、前代未聞の完全犯罪が幕を開ける。第10回吉川英治文学新人賞受賞作!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 448ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/6/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062747871
  • ISBN-13: 978-4062747875
  • 発売日: 2004/6/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 65件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 136,327位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 mfhty トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/8/23
形式: 文庫 Amazonで購入
 12年のときを隔てた2つの誘拐事件。その犯人と被害者を巧みに配置して物語を構成している。洗練された作品です。

 誘拐事件は、犯人にとって、身代金の受け渡しの際に姿をあらわさざるを得ないという難関がある。本書では、犯人の精緻な計画と、刻々と移っていく状況に応じた警察と犯人の駆け引きがスリリングに展開し、引き込まれます。

 コンピュータ環境が、この作品が書かれた当時とは相当に変わっていますが、その点はあまり気になりません。また、「こんなに精緻な計画が成り立つかなあ?」という感じは多少しますが、作者の上手な話の展開によって、不自然さを感じさせません。

 岡嶋二人さんらしい、「ほんとうに上手だなあ」と感じさせる作品であり、400ページを一気に読ませる魅力的なミステリーです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
中小企業の社長の夢を断った1968年の誘拐事件と、
その19年後の1987年に起きた何者かによる誘拐事件。
2つの事件がそれぞれ1部、2部という構成になっています。

この2部構成が本当に見事です。
ざっと箇条書きすると次のような効果が生まれています。
・1987年の事件のバックグラウンドとなる1968年の事件を、
「失意の父親による手記」という痛ましい形で語ることで、
読者はグッと物語に引き込まれる。
・読者は1968年の事件を「誘拐される側」の気持ちで読む。
そして、1987年の事件は「誘拐する側」の気持ちで読む。
「する側」に感情移入できるのは、1968年の事件による怒りが読者にあるから。
・1968年の事件で語られなかった「誘拐された子どもの心境」が、
1987年の事件の最後で描写される。そこに至り、読者は、
先の事件で慎吾が感じたであろう恐怖と恨みをより深く理解する。
・19年経っても警察はあいかわらず無能だ、という慎吾の言葉の説得力。

とにかく、あっという間に話に引き込まれ、ページをめくる手が止まりません。
よくこんなにしっかりしたプロットを考えられるな、と感銘を受けました。
緻密に作られたプロットだからこそ、人物の行動にリアルさが生まれます。
ぜひ読んでみてほしい傑作ミステリ―です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
誘拐事件という卑劣な犯罪を描いているが、なぜか凶悪事件のイメージが沸いて来ない。

推理の交錯や、謎解き、トリックを暴いていくようなスリリングな展開はなく

何十年もの間、心の中に封印されていた「想い」が徐々に解放されていく感がある。

最先端の情報機器を駆使しての誘拐というこであるが、著者が描きたかったのは

やはり心の内面だったような気がする。

そのためか、誘拐事件に関しては傷を負ったり死亡する人がいないのが救いである。

物語の結末は、逮捕されるか逃げ切るか、という終わり方にはなっていない。

心の解放した安堵感さえ感じられる。

今までには読んだことのない、犯罪小説である。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たか VINE メンバー 投稿日 2008/7/13
形式: 文庫
息をつく間もなくストーリーが展開。
かつて誘拐の被害者だった自分と自分を助けるために
夢を失ってしまった父の無念をはらすため、
主人公はたった一人で、被害者に接触することなしに誘拐を成功させ、
身代金として10億円のダイヤの原石を手に入れる。
しかし、そこにはどろどろした感情や葛藤などの心理描写はまったくなく、
スマート(悪く言えばまったく現実感なく)、かつ、スピーディーに
ひたすら軽く話しは展開します。
感動や感激はないけれど娯楽小説としてはすばらしい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本作の中で手口は違えど誘拐事件は過去と現実に二度起きていて、どちらもいかにして誘拐を成功させたかについては最後まで読まないとわからない仕様になっている。
そのため終盤になるにつれて要所要所の謎解き描写に唸らされます。さすが上手い。
本作のメインは現実の方の誘拐事件ですが、だいぶ早い段階で犯人は明らかになり犯人視点でも物語を追えるため、真犯人は誰なのか、なんの目的で誘拐したのか、誘拐された子供は無事なのか…といった事柄は早々にわかります。なので、事件進行中でもさほどの緊迫感はありません。
つまり犯人の誘拐成功のための綿密な手口を見守るだけのストーリーとなるわけですが、その描写だけで勝負してしまえるからこの作家は上手いのだと思います。先が気になって一気に読めてしまいます。
二度目の誘拐事件はコンピューターを駆使した事件となりますが、コンピューター技術が本書刊行当時とはもうかなり違っていて多少年代を感じさせる描写はありますが、それでも違和感少なく読める仕上がりだと思います。
メインテーマは誘拐事件ですが後味もよくライトな読み口ですので気軽に読めるでしょう。おすすめ!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック