通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※ご注文の際は再度送り先のご住所(マンション・アパート名・部屋番号等)ご確認お願い致します。Amazonの商品コンディションガイドラインに基づき出品していますのでAmazon商品ガイドラインを必ず御確認宜しくお願い致します。中古品の為、折れ目、シミ、まれに書き込み等ある場合がございます。(万一の見落としはご容赦下さい)出荷は御注文日の当日or翌日出荷を目指しています。出荷日から1日~4日以内にポスト投函されます。運送会社の遅延にて若干遅れる事もございますのでご了承お願い致します。万が一届かない場合は追跡番号にて検索致しますのでお気軽にメール下さい。経年劣化商品は全体的にヤケがある場合がございますが本編には問題ありません。ISBNナンバーで管理している為ごくまれに出版社が一緒でも表紙画像と異なる場合がございます。※ご了承の上ご注文宜しくお願い申し上げます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

99%の会社はいらない (ベスト新書) 新書 – 2016/7/9

5つ星のうち 3.6 78件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 540 ¥ 73

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 99%の会社はいらない (ベスト新書)
  • +
  • 本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)
  • +
  • すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)
総額: ¥2,505
ポイントの合計: 58pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

もう「忙しい」を口癖にするのはやめよう。
「自分の時間」を生きるためには、会社に属さなければいい。

体調が悪くても会社に出ている、メールで済むことをわざわざ電話する、
毎週の会議がただただ常態化している、社内の派閥争いで足の引っ張り合いをする……
日本の会社にはいくつものムダがあると感じませんか?
その上、毎日残業、有給もなく、会社に言われるがまま仕事をして「忙しい」と感じる毎日。

そんな「苦しい忙しさ」を「楽しい忙しさ」に変えるためのヒントは、会社に縛られないこと。
「自分の時間」を生きることで幸せになる、ホリエモン的生き方・働き方とは?

【目次】
第1章 日本の会社はおかしいと思わないか?
第2章 仕事のない時代がやってくる
第3章 だから「遊び」を仕事にすればいい
第4章 会社ではない新しい組織のカタチ
第5章 会社に属しているあなたへ

内容(「BOOK」データベースより)

世の中には「忙しい、忙しい」と言っている人は意外と多い。だが僕も仕事をしている量で言えば、「忙しい」と口にしている人たちと同じか、それ以上だ。にもかかわらず、「そんなにたくさん仕事をしていない」と感じる。なぜなら僕は「自分の時間」で忙しい、だから楽しい忙しさなのだ。しかし世の中の人は「他人の時間」で忙しい。忙しくて不幸だと感じてしまう。その元凶の一つが、「会社」という仕組みだ。会社に属することは「他人の時間」に縛られることでしかない。本書は会社に代わる組織のカタチと、新しい働き方を記したものである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2016/7/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584125252
  • ISBN-13: 978-4584125250
  • 発売日: 2016/7/9
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 78件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,504位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
最低限の生活は保証されてるものの、
イノベーションを起こさない人間を
増やすような会社はなくて良い。
好きなことにどハマりして新しい仕事を
作り出す。この提唱には一定の共感をします。僕も保険代理業しながら、ラジオDJパーソナリティをしています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
読んでも実行する人がいないというあるある話
でも、ホリエモンは正しいことを言っているかもしれないし、間違っているわけでもない
本を読んでみたらやってみたいことを自分で考え始めました
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 やまとく 投稿日 2017/2/22
形式: 新書 Amazonで購入
題名の想像と内容では期待外れでした。
しばらく、堀江氏の書はいらないです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
会社はいらないというよりも自分の価値観で生きようということ。
どれだけ中が良くても意見が100%同じだなんてことはありえない。
だから、意見が違うのなんて当たり前だし、違うからこそ面白いと感じるものだ。
組織の考え方にあわせて、受動的に労働していても成長できない。
だからこそ、自分の好きなことを仕事にして、楽しみを追求すべきだということ。

大きな組織で働いており現状に危機感を抱いている方におすすめ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
様々な経験をしてきたホリエモンが、経済やテクノロジーに関する豊富な知識と独自の理論によって、現代の労働市場、とりわけ「会社」という存在について語る本。自身の経験や分かりやすい具体例を織り交ぜながら展開していくため読みやすい。また、凡人には考えつかないような、極論ともいえる論理が歯切れよく出てくるので、終始「なるほど」となる。ただ、終盤にでてくる「すぐに行動しろ」という部分では、「もっともだ」と思うのと同時に、「でも実際にやるのはちょっと...」と感じてしまう。いずれにせよ、この本には生きていく上で役に立つ考え方がたくさんあるので、読んでいるだけで楽しく感じた。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
既存の働き方に縛られない生き方を提示してくれる良書。
著者のメルマガで発足したサロンであるHIUがその新しい働き方、遊び(好きなこと、夢中になれること)を仕事にしている好例として紹介されている。
何か新しいことを始めるのに一歩が踏み出せない人には、その初めの一歩の後押しをしてもらえると思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
行動あるのみ!
この文章に突き動かされた人は多いと思います
私も「そうだよね!」と思った一人です

でも「フリーランスでも~」という下りは頭をひねらざるを得ません
誰もが氏のように運を掴める訳ではありません

小さくても経営を頑張ってる人たち、反対に大きい構で苦心している人たちもいる
会社という構はやはり必要だと思います

巻末の内容は「HIU」についてだと思われますが、これがよく氏が言うところの「会社を宣伝せよ」という事なのでしょうか?
それならば、WEBでやっていただきたい
それだけタイトルと、書籍の内容が釣り合っていないと思うのです

それと、なんでこんなに氏の書籍に「?」を浮かべるのかといえば、それはズバリ、タイトルです!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
堀江さんという人物は非常に独創的な人である。この本の中でも、民主主義を否定し独裁主義を主張している。しかし、読んでいると「なるほどな」と感じさせられるのだから流石だ。

堀江さんはとにかく楽しくやっていくやり方を推進するしている。とにかくやる。
それから考える。リーダーやフォローの様な表現をファーストペンギン、セカンドペンギンと表していたのも印象的だった。
また、成功者のやり方を徹底的に真似をしたり(堀江さん自身もそうらしい)色々な事例も紹介している。
本の最後には人生を犬に例えるのなら、飼い犬を選ぶのか野犬を選ぶのか?といった問いかけがある。要は前者は食べ物と住む場所に不自由しないが鎖に繋がれ世界は狭い。後者は食べ物と住む場所には不自由するが、自分の意思で行動でき、自由だ。堀江さん自身はもちろん後者タイプ。
今の生き方に不満足な人はきっと何かヒントになることが得られる本だ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
堀江貴文氏の生き方や就業観、考え方を端的にまとめている。氏は自身をファースト
ペンギンであるとい断言しているが、これまでの来し方がそれを証明しているだろう。
ファーストペンギンであれば、「これまでの前例」や「世の中の常識」などで行動が左右
されまい。本書の主張も、常識を笑い飛ばし、新たなそして独自の考え方に満ち溢れ
ている。そうしたことに価値観を持たれる方々には魅力的な内容であろう。
しかし、人がそうした価値観をもっているわけではない。そうした人には、是非こんな
考えの人々もいるんだと思って読んでみることをお勧めしたい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー