通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
88ヶ国ふたり乗り自転車旅 北米・オセアニア・南米... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

88ヶ国ふたり乗り自転車旅 北米・オセアニア・南米・アフリカ・欧州篇 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2011/7/7

5つ星のうち 4.3 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2011/7/7
"もう一度試してください。"
¥ 782
¥ 782 ¥ 28

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 88ヶ国ふたり乗り自転車旅 北米・オセアニア・南米・アフリカ・欧州篇 (幻冬舎文庫)
  • +
  • 行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
  • +
  • 道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
総額: ¥2,078
ポイントの合計: 105pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ニーア オートマタ 美術記録集 ≪廃墟都市調査報告書≫
ヨルハ部隊員達が旅する世界をアートとともにめぐるワールドガイド 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「世界を共に旅するパートナーがいたら」。一人旅の途中、ニュージーランドからトモ子に国際電話で語った一成の夢は五年半の時を経て遂に叶い、タンデム自転車でいざ出発。途中タイヤのパンクの連続に泣き、寒さと闘いながらもアルパカの肉に舌鼓を打ち、絶景の中での贅沢な野宿に感動。夫婦二人の目線で描く旅の記録、人生も旅も相乗りがいい。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

宇都宮/一成
1968年、愛媛県西予市宇和町生まれ。玉川大学教育学部卒業後、半年間自転車一人旅。メーカーに四年間勤めた後タンデム自転車世界一周へ。現在はNPO法人でポタリングガイドとして自転車の愉しみを広めている

宇都宮/トモ子
1967年、長野県上伊那郡南箕輪村生まれ。大月市立大月短期大学経済科卒業後、大手予備校に九年間勤務。その後タンデム自転車世界一周へ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 402ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2011/7/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344417011
  • ISBN-13: 978-4344417014
  • 発売日: 2011/7/7
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 110,022位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
子どもの頃から自転車で知らない場所へ行く事が好きで、町の裏道から山越えるちょっとしたロングライドまで色々な場所を走った。
未知の場所へ向かい、路なき路へということはなく、ほとんどが誰かが敷いた舗装道路。
それでも目的地に着いたときは、ちょっとした冒険者気分だった。

タンデム自転車に夫婦二人で世界を巡るなんて、日本社会でお務めを全うされた人ならともかく、これから社会を背負っていく人の思いつく事とは思えなかった。
漠然と世界をひたすら巡るのかと思えば、大陸間ごとに期間が別れていて、その都度計画を立てるご主人の姿勢に真面目さが伺える。
夫婦二人で綴る文章は、お互いのその時々の気持ちや、隠しごとぶっちゃけたりと、互いの内面と行動が見えてとても面白い。
巡った国のエピソードは、場所によってはスピーディーにすすむけれど、二人が人と出逢い、体験し、感じられた事が綴られ充実しているのがよくわかる。
旅の紀行文かというとそうとは言えない部分が多々あるものの、率直な感想が多いので旅の温度を感じられ、巡った国の様子はガイドブックよりもしっかりと伝わってくる。

ここ十数年こういった旅の本が多い中で、正直読んでいて買った事を後悔するような辛い本も多い。
でもこの本は、ちょっと仕事でストレスが溜ま
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
外国のことを調べるのに最適な気がします。
その国にある、「土地柄」というのが、
いきいきと身近に伝わってきます。

主役の「一成さん」&「トモ子さん」の珍道中ですが、
ホント世の中はいろんな国があるなあと、あらためて考えさせられました。
おもしろかった!!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
タンデム自転車で世界を回る、という発想をしてそれを実現させた二人に乾杯!
お二人にお会いしたことがあるのですがその時はタンデム自転車で世界を回った方とは知りませんでした。
トモ子さんは良家の上品なおとなしいひかえめなお嬢さんという感じでとても自転車で世界旅行するタイプには見えません、本を読むとトモ子さんはやはりそのような人でそんな彼女を引き連れて世界をまわる一成さんとの掛け合いというかからみというかが微笑ましくそして世界各地のスパイスがからみあってとても面白く読んでます・・・南米からこれから欧州に向かいます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/12/12
 2010年に風濤社から出た単行本『世界でいちばん長いハネムーン−10年間、88ヶ国をめぐるタンデム自転車の旅』の改題・文庫化。
 著者の宇都宮夫妻は、結婚後まもなく2人乗り自転車で世界一周の旅に出かけ、1997-2007年の10年間をかけて達成したという。本書には、そのうちの前半部である「北米・オセアニア・南米・アフリカ・欧州篇」を収めている。
 一成さんはそれなりに走っていた人らしいが、奥さんのトモ子さんは経験も浅く、特に自転車が好きというわけでもない。そんな2人がタンデムで走っていくのだから、揉め事とぶつかり合いの毎日である。この2人、大丈夫なのかと心配させられる。しかし、まあ、それが夫婦というものなのだろう。読んでいて微笑ましくなる。
 自転車そのものや機構についてはあっさり。見たもの出会ったひと食べたものが中心。ただ、それも全400ページで紹介するのだから、かなり掻い摘んでのものとなっている。そのあたり、少し不満が残る。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
一人の自転車好きの日本人男性が、彼女と一緒にふたり乗り自転車で世界一周をしました。 その旅の紀行文が本書です。タンデムで、というのは少ないらしいです。 世界のさまざまな国々を文字通り、自力で巡っていきます。 88カ国というのはすごい数です。 ユーロ通貨統合前のヨーロッパのお国事情なども載っていて、興味深く読めました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告