中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

80対20の法則を覆す ロングテールの法則 単行本 – 2006/2/24

5つ星のうち 4.0 24件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 358 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ネット業界で話題の「ロングテール現象」を解説した本邦初の本。「顧客を切り捨てる」マーケティングから「全ての顧客を対象にする」マーケティングへの変貌を克明な取材で紹介する。

内容(「BOOK」データベースより)

ロングテールの法則とは、従来のマーケティング常識の「80対20の法則」(売上の8割は2割の優良顧客が生み出す)を覆す現象のことだ。ブロードバンド時代には、「売れない8割」すなわち「ロングテール(長い尾)」が、「売れる2割」を超える売上をもたらす。本書では、この法則を応用した、目からウロコのマーケティング戦略を解説する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 207ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2006/2/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492555501
  • ISBN-13: 978-4492555507
  • 発売日: 2006/2/24
  • 梱包サイズ: 21 x 15.1 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 345,308位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 本書のテーマは、「パレートの法則(別名:80対20の法則)」のアンチテーゼである。すなわち、「20%の顧客が売上の80%を占める」と言われるが、残りの80%の顧客がかなりの売上を占めていることも多いという主張である。著者はこれを「ロングテールの法則」と呼ぶ。根拠は、IT技術の進化によって顧客とのコミュニケーションコストが低下(例えば、1人にメールを出しても100人に出してもコストは同じ)したので、顧客を絞り込む必要がなくなったということだ。

 リピーターの増加に注力してきた会社にとっては、少し驚く主張であろう。但し、主張の説得力が弱い。まず、購買頻度の少ない顧客が売上の相当数を占めている企業の例がない。例示されているのは、販売頻度の少ない「商品」が売上の相当数を占めているという例だ。しかも、特殊な例だ。(デジタル素材販売企業が取り上げられている。この企業の顧客の多くは、他社と同じ素材を使いたくないだろうから、当然1社にしか売れない素材が多くなるだろう。)また、購買頻度の少ない商品を買っているのは、リピーター顧客ではないだろうか。商品にロングテールの法則があてはまるということは、顧客にはパレートの法則があてはまっていることにならないか。

 本書の後半は、ロングテールの法則を離れ、IT技術を使ったマーケティング活動について書かれている。よっ
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
流行言葉の「ロングテール」を使っただけの、ありきたりのe-Marketingの本。

『ウェブ進化論』を読む事で、著者がいかに誤った認識で「ロングテール」を用いているのかが分かる。

例えば、Amazonの「売れない80%」の売り上げ比率が過半を超えるというのは、後に「三分の一」の誤りであったと「ロングテール」の提唱者が自ら訂正しており、「ロングテール」はネットビジネスでしか成立しえない事を言っている。

菅谷はアクセンチュアのSE出身という事なので、あまり過剰な期待をするのも可愛そうだが、もう少し正しい知識を身に着けてから書いてもらいたいものだ。

書籍中に登場する幾つかの事例企業(ロングテールを体現する企業)が紹介されているが、内容は全くロングテールを体現できていない所に自己破綻をきたしており、笑うしかない。

知識レベルの低い読者にとってはミスリードを行う罪作りな本である。

「ロングテール」に興味のある人は、『ウェブ進化論』を読むべき。

以後、流行語に便乗する誤認に基づいて書かれた本がなくなる事を望む。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ロングテールの法則(第一章)と、ロングテール戦略(2章以降)

の間の論理的なブリッジがちょっと弱い感じもしますが、

それはさておき、営業革新、マーケティング革新の今日的な

刷新を提言した、優れた経営書です。

一見、アマゾンなど、ネット経済、Web2.0に独特な

マーケティング現象、手法な感じを持ちますが、著者は、リアル

なビジネス、従来のビジネスにも、システム化、IT化によって、

十分に売上げを上げることができる、と提言します。

本書のすごいところは、単に、今日的な理論を振り回すこと

なく、実際にWebマーケティングなどを日常業務で駆使して

いないとわからないような、些細なところまで、実によく分析し、

考えて活動しているところです。

ここには、大いに感心します。

販売、営業、在庫管理など、特に中小企業のプロセス革新

におおいに参考になり、啓発される本書の内容は、一読して

損はありません。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書で言う、80:20の20の部分を伸ばすことができるのは現状においてはネットビジネスだけです。一部のネットビジネスにおいても、かさが張るものは、在庫スペースの関係で経費が大きく増大するはずですが、その点について本書では述べられていません。

こう言ったことをあえて議論から避けて話が進んでいる点が、今ひとつではないか、と感じました。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー