中古品
¥20
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 古田商店
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 【正規品】【帯あり】漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、他社の値札シール、細かい傷や日焼け等がある場合がございます。特典や付属品はメールにて問い合わせ下さい。ゆうメールで配送できる商品はゆうメールです。ゆうメールで配送できない商品は宅急便にて配送させて頂きます。
この商品は1-Click注文できません。

Kindle版は今すぐお読みいただけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


80対20の法則を覆す ロングテールの法則 (日本語) 単行本 – 2006/2/24

5つ星のうち3.4 24個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥20
¥1
お届け日: 8月20日 - 22日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


8/28発売『まんがでわかる Think CIVILITY』
10万部突破の『ThinkCIVILITY「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』待望のまんが化。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ロングテールの法則とは、従来のマーケティング常識の「80対20の法則」(売上の8割は2割の優良顧客が生み出す)を覆す現象のことだ。ブロードバンド時代には、「売れない8割」すなわち「ロングテール(長い尾)」が、「売れる2割」を超える売上をもたらす。本書では、この法則を応用した、目からウロコのマーケティング戦略を解説する。

抜粋

プロローグ

 あなたは、顧客を切り捨てている。

 こう書くとかなりびっくりされるだろう。しかしこれまでのマーケティングの根底にある考え方は、まさに顧客の「切り捨て」である。
 “パレートの法則”と呼ばれる有名な理論がある。80:20の法則とも呼ばれ、「売上の8割は2割の優良顧客が生み出す」という考え方の基礎になっている。この理論を元に、現代のマーケティングは、優良顧客を優遇しリピーター化していく仕組みを作り上げてきた。

 優良顧客を優遇するのが大切なのは当然だ。ではなぜ8割の普通の顧客は「切り捨てられている」のだろうか?
 それはコミュニケーションにはコストがかかるからである。

 20世紀が終わるまで、企業と顧客のコミュニケーションは、従量制コストのコミュニケーションの時代であった。対人営業、電話、DM、そしてテレビCMに代表されるマスコミュニケーション・・・どれも対象となる顧客が増えれば増えるだけ、コストがほぼ比例して増加するコミュニケーション方法である。
 営業マンの人件費や通信費、そして広告費等の経営資源には限りがある。限りのある経営資源をできるだけ効率的に配分し、コストに対して利益を最大化したいというのは経営者の当然の思いだ。ここに8割の普通の顧客を「切り捨て」、2割の優良顧客に集中するという現代マーケティングの基本戦略が誕生したのである。

コミュニケーションコスト”ゼロ”の時代

 しかしそれも、インターネットの登場と破壊的な普及によりすべてが変わった。ブロードバンド時代におけるインターネットの「e」コミュニケーションは従量制コストではない。

 正確には、確かに通信量が増えればサーバやネットワークの増強といった形でのコスト増加はある。しかしムーアの法則をはるかに超えるスピードで進む通信インフラの高速化と低価格化は、同等のコストでさらに大量のコミュニケーションを行うことを可能にした。インターネット、そしてブロードバンドの普及により、コミュニケーションコストは限りなく無料に近づいてきているのだ。

 このような状況で生まれたのが「e」マーケティングである。
 eマーケティングを単純にインターネットを使ったマーケティング方法と捉えている人がほとんどであるが、eマーケティングには前述のような劇的なパラダイムの変革がある。
 「コミュニケーションコスト"ゼロ"」の世界においては、もはや「切り捨てる」マーケティングは必要でなくなったのだ。eマーケティングは10割すべての顧客を対象にし、そして顧客を「創造」する新時代のマーケティングである。

“ロングテールの法則”

 “ロングテール”という言葉をご存知だろうか?2004年暮れくらいから米国を中心に話題になってきているキーワードである。このキーワードが意味するのは、「逆パレートの法則」と言っていいだろう。

 インターネット書店のアマゾンでは、陳列できる本の数は事実上無限である。しかしこれまでのリアル店舗における書店では、80:20の法則により2割の売れる本が8割の売上を作ることから、いかに売れる本で陳列棚を満たすかが経営の要諦となっていた。
 しかしアマゾンにおいては、陳列できる本の数が無限に近いため、80:20の法則が適用できない状況が発生している。年に数冊しか売れないような「売れない本」の量があまりに多いため、なんと「売れない本」の売上が「売れる本」の売上を上回ってしまっているのである。(米Wired誌2004.12.10出 同誌編集長クリス・アンダーソン氏による推計)

 本書は、この「ロングテール」現象を、マーケティング戦略、すなわち「ロングテール戦略」として取り込むための方法についてまとめた世界初の書である。
 ロングテール自体はただの現象に過ぎないが、その本質を理解すれば、これまでのマーケティングの問題点と、これからの採るべき戦略が見えてくるはずだ。そして「勘」と「センス」が支配してきた従来のマーケティングに対し、あくまで論理的で再現可能なマーケティング戦略を創り、売上をコントロール可能なものとすることが、この本の真の狙いである。

 本書の構成だが、まず1章では、これまでのマーケティングが本質的に抱える問題点と、「ロングテール現象」が発生するに至った背景について詳しく述べる。
 次に2章では、「ロングテール戦略」を用いるにあたって必要な考え方と、なぜロングテール戦略で論理的に売上が上げられるのか?について説明していく。この章を読めば、そもそも「売上を上げる」ということについて、本質的な理解をして頂くことができるだろう。
 3章では、「ロングテール戦略」を実行するための具体的戦術について、個々のマーケティングタスク別に解説する。また、ロングテール戦略はITと密接に関係するため、今後の技術動向をよく理解しておくことが重要となる。このため、将来のロングテール戦略を考える上で重要なIT・マーケティング上の最新情報についても言及する。
 そして4章では、ロングテール戦略についてさらに具体的に理解して頂くために、実際にロングテール型のビジネス、あるいはマーケティング戦略を行っている企業の事例インタビューを掲載した。ロングテール論以外にもビジネス上のヒントが数多く得られることと思う。

 本書を最後まで読んでいただければ、「ロングテール戦略」をあなたのビジネスでも応用するための青写真が描けるはずだ。明日からでも使えるテクニックもある。ぜひ実戦で活用し、成果を挙げていただきたい。


登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.4
星5つ中の3.4
評価の数 24
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2006年3月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年9月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年1月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年7月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2006年9月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年4月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2006年5月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年4月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告