中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

8の殺人 (講談社文庫) 文庫 – 1992/3

5つ星のうち 3.2 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫, 1992/3
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

“8の字形の屋敷”ゆえに案出された、不可解極まる連続殺人。速水警部補と推理マニアの彼の弟&妹の3人組が挑戦するが、真相は二転三転また逆転――。鬼才島田荘司氏に“本格ミステリー宣言”を書かしめた、2人目の大型新人の本格的にして異色、かつ絶妙のユーモアで味付けした傑作長編推理デビュー作!

内容(「BOOK」データベースより)

“8の字形の屋敷”ゆえに案出された、不可解極まる連続殺人。速水警部補と推理マニアの彼の弟&妹の3人組が挑戦するが、真相は二転三転また逆転―。鬼才島田荘司氏に“本格ミステリー宣言”を書かしめた、二人目の大型新人の本格的にして異色、かつ絶妙のユーモアで味付けした傑作長編推理デビュー作。


登録情報

  • 文庫: 291ページ
  • 出版社: 講談社 (1992/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061851004
  • ISBN-13: 978-4061851009
  • 発売日: 1992/03
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 210,789位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
かまいたちの夜、殺戮にいたる病、0の殺人などで有名な我孫子武丸のデビュー作。

速水三兄妹シリーズ第一弾。

完成度ではシリーズ二弾目の「0の殺人」には及ばないとされてますが、

この「8の殺人」は言葉では表現できないエネルギーに満ちています。

特にこの作品の見所は、犯人と探偵役のバカっぽいやり取りにあります。

読めばわかります。この二人…変です!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この手のミステリーとか推理ものが好きな人には今更だと思いますが
私はこの手の小説に触れたことがなかった人間です。
かまいたちの夜を最近になってプレイする機会がありまして我孫子氏のことを知り興味が湧きましたのでデビュー作であるこの本を手にとってみました。
小説なので当然ではあるのですが、かまいたちの夜みたいにわかりやすく状況理解ができなかったので推理という点に関しては自分はまったく理解が及びませんでした。
最後の種明かしも「ん?んん・・・」って具合でどうにも釈然としません。
平面図とあの状況見ただけでトリックわかるのかな 推理好きの人は
キャラは魅力的な主人公たち三兄弟と館の住人たち 最初は人数多いから覚えるのが大変そうだなとか思ってましたが 特徴的なので
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
正直本書はずば抜けた面白さがやや薄い感じがします。
ユーモアの好みの問題もあるでしょう。
しかしミステリとしての要素はキッチリ詰め込まれていますし、
ページ数291ならサクッと読める分量ですし、
「殺戮~」のグロい描写が苦手だったという方にとっては、
明るくサラサラ読めていいと思います。
ただそれでも読後「あまり満足感を得られなかったよ」と
いう人もいるかもしれません、私はそのような方に云って
おかなければなりません。今回でこのシリーズを読むのを
やめてしまうことだけはやめてほしい。
なぜなら次作「0の殺人」は紛れもない傑作だからです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
我孫子武丸のデビュー作にして速水三兄妹シリーズの第1弾です。デビュー作とはいえ、いろいろやっちゃってくれてます。ミステリーなんだけど笑わせてくれるこのシリーズ。「人形」シリーズも良いけど速水三兄妹シリーズも絶品です。お堅いだけが本格じゃないですよ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
コメディな推理小説である。
主人公の弟と妹が探偵役となり、推理する。
コメディチックで、すらすら読めるのは○。
謎解きも、以外と理論詰めされていて、
面白かった。
短いし、短編好きにはいいと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告