通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
7SEEDS 12 (フラワーコミックスアルファ) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

7SEEDS 12 (フラワーコミックスアルファ) コミックス – 2008/1/25

5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 7SEEDS 12 (フラワーコミックスアルファ)
  • +
  • 7SEEDS 11 (フラワーコミックスアルファ)
  • +
  • 7SEEDS 13 (フラワーコミックスアルファ)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 188ページ
  • 出版社: 小学館 (2008/1/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091314775
  • ISBN-13: 978-4091314772
  • 発売日: 2008/1/25
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
さまざまな事情で未来に送り込まれた子供&大人達。
チームの成り立ち、過去の物語がシリーズ的に語られていたが
ついにすべてのチームが何らかの形で接触、合流した。
ばらばらだった糸がひとつに繋がった高揚感がある。
これから彼らの<現実>での本当の意味での物語が動き始めるのだと思う。
個人的に、ナツの、ゆっくりと、だが確かな成長を応援したい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この巻で印象的なのは、やはり終わり方。
この作品で、こんなに幸せに終わる巻は他になかったように思います。
ナツのあのシーンだけで、
ほんわかと、
ああ読んでよかったなぁと思えました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
毎回各チームの話が多少かぶる。
今回は、花とハルの春チーム、新巻の冬チーム(ひとりだけど)お蘭たち秋チーム、そして精鋭軍団夏Aが邂逅。
そして夏至の賞では夏Bと、1巻に全チームが集結している。

今回の見所は、今作の冒頭に登場した岩清水ナツ。とろくて、内気で、弱気な女の子。高校でいじめられ、学校に行くのが大嫌い。
チームに入ってもいじめられ。。役立たずで。。
そんな皆の気になるナツっちゃんが、たくましく成長。

愛する人の幸せを祈る大人の女への階段を一歩、上りました。
二人で一緒に幸せが、一番良いけどいかんせん、この世では男女の組み合わせは1対1とは限らない。

その悲しさを超えて。。。さらに成長して欲しいな!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この物語の出始めがナツだったせいか、
優等生じゃなく不器用な面が反対に好印象で
個人的にはずっとナツ贔屓な一読者です。

嵐に恋をしていても、
決してその想いが報われない決定打(花の置手紙)を自ら嵐に手渡す。
何とも切ないです。
なのに花のほうはというと、
嵐のことを想いつつも新巻に対してちょっとドキドキしたり・・・。

始めは嵐と花の恋が成就するのもいいかと思っていましたが
花が新巻にちょっと意識が行きだしてからは、
俄然ナツ頑張れと応援したくなりました。

ここへ来て蝉丸もナツに対する態度が
ただナツをいじめるというだけでなく
ナツへの接し方が変わってきつつあるような所も気になったり♪
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 snow 投稿日 2008/8/12
形式: コミック
ここまで読み、ナツと花が、あまりにも対照的で驚きです。
花、行動力、知能、容姿など完璧女性表現。
ナツ、精神的成長は、ゆるやかに進んでいるが
まだ自虐思考が残り足踏み状態。
作者は、この二人が主役としているが・・・やっぱり花ですか?
あのような世界観で、花ハーレムワールドは非現実的。
花だけが主役であれば、これはコレなのでしょう。
秋ヲの「一年後には・・・」の言葉が、この世界観では現実味が濃い。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告