通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
700番 第二巻/第三巻 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆見開きに剥がし跡があります。カバーに薄い汚れがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

700番 第二巻/第三巻 単行本(ソフトカバー) – 2017/2/17

5つ星のうち 4.8 142件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 799 ¥ 321
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 700番 第二巻/第三巻
  • +
  • Too many people
  • +
  • 700番 第一巻
総額: ¥6,480
ポイントの合計: 460pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



第157回芥川賞&直木賞 候補作品決定
『星の子』今村夏子、『あとは野となれ大和撫子』宮内悠介など作品一覧は >> こちら

商品の説明

内容紹介

強制入院、二度目の逮捕から不起訴へーー。
過去に覚せい剤を使用したことで、
発言のすべてが妄想・病気扱いされてきた、
国民的アーティストによる完全書き下ろし。
「やっと語れる時がきた」

数日間で500万PV超のブログ「700番 第一巻」を受けての続編。
第二巻 ブログ公開直後、医療保護入院を余儀なくされる、
その全記録と病棟で振り返った音楽人生
第三巻 「なぜお茶から覚せい剤が検出されたのか?」を含む、
二度目の逮捕から“嫌疑不十分で不起訴"までの真相

「はじめに」より
その時、私は家の中にいた。外の喧騒とは裏腹に落ち着いている自分がいた。
道路を道路として使えない車のクラクションが鳴り響いている。
鳴り続けるインターフォン。私たち家族は、リビングの明かりを消した。

薄暗い部屋の中で、私は、家族に尿検査時の一部始終を打ち明けた。嘘はない。
しかし、その真実を、家族はどう受け止めているのか……心をよぎった。
また、あれが始まるのだろうか。自由を奪われる苦しみが始まるのだろうか……。
あの部屋には、あの金網越しの部屋には、希望がない。テレビでは、無表情の
アナウンサーが、「ASKA容疑者、二度目の逮捕」と、断言していた。

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ、お茶から覚醒剤の陽性反応が―。「やっと語れる時がきた」強制入院、再逮捕、報道の嘘。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 181ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2017/2/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594076815
  • ISBN-13: 978-4594076818
  • 発売日: 2017/2/17
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 142件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,824位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本を読んで、ASKAさんは本当に強くて優しい人だと改めて感じました。

一度犯した過ちは消すことはできません。

しかし、あまりにも理不尽な出来事がASKAさんに襲いかかる。

神様はどこまで彼を苦しめるんだろうと、読んでいても苦しくなりました。

しかし、そこでダメにならないのがASKAさんでした。

この本を読んで新しいCDを聴いて欲しいです。

久しぶりに、心が震えました!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
過去に冤罪に巻き込まれた経験者としてはASKAさんの言い分も科捜研の言い分も判る、がコメンテーター諸氏のマスゴミの遣り方が必要悪的な意見は不快感を覚えた。一般的な風邪薬でさえ効果効能は服用者によって違うのに違法薬物の効果が一辺倒なマスゴミ報道には更なる違和感を覚えた‼後はASKAさん自身の努力によって世間的な信用は徐々に回復されるでしょうね‼
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
大変だった事が、よく分かりました。
これからも応援したいと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
推理小説のようでとても面白かったです。Kindleでよんだのですぐ購入できよかったです。「インタビュー」のときから変わってないASKAさんがいて嬉しかったです。ずっとずっと応援しております。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ASKAの「人としての生き様」が見える一冊。潔く、決してぶれることのない、強い人。そして、とても優しい。
事件後に、苦しみながらアルバム発売にまでこぎつけた、彼の思いとは。
事件の話ばかりに、焦点が当てられているのが残念なほどだ。
ASKAというアーティストの人生を感じて欲しい。
是非、皆さんに読んでいただきたい。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本には、ASKAさんの人生が圧縮して詰め込まれていた。
「精神病院への入院、再逮捕」の話がメインだと思っていましたが、それだけではなかった。
深い叡智としか言いようのないものを感じた。圧巻でした。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ご本人のブログやテレビ出演での言葉を持っても伝わりきらなかった真意やその時の状況が、納得感を伴って伝わって来たと感じました。

白を黒にされないために出したはずのお茶から覚せい剤が検出され、大きな逮捕劇となってしまった。こんなことになるならば、使用していないのならば、初めから尿を出せば良かったのでは、と思ってしまったりもします。警察も世間もそういう意味では巻き込まれてしまった。ですが改めてこの本をASKAさんの立場で、ASKAさんの目になって読むと、何故お茶を出さなくてはと思ったのか、それまでのどのようないきさつがそう思わせたのか、その時の心理が理解出来ると感じました。

本を読む前は、正直なところ、言い分を知るためにお金を払わなくてはならないということに抵抗があったのも事実です。しかし本を読み終えて、これをテレビからでもブログでもなく書籍として発したことに、その重みとASKAさんの覚悟を感じました。売るという行為よりも、書籍として表明することに重きを置いた結果なのだと受け止めています。その結果、私はASKAさんの真実を、身を持って体感することが出来た気がしています。

メディアの声は大きく聞こえ、批判の声は鋭い刃となることもあり、逆風が目立つかもしれない。でもその一方で、ASKAさんの歩みを心から応援している人達もたくさ
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本の発売後、違和感があるくらいに、テレビでもネットニュースでも取り上げられなくなった。どうしたんだろう?
1 コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mykR 投稿日 2017/2/24
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
文章が美しく読みやすかった。

「真実はひとつ」とは、2016年末に誤認逮捕された際に、担当補佐の警官の言葉。
その言葉を受けた際にASKAさんはその言葉に同調するやりとりはあるものの、本書では、淡々とASKAさんからみたら「真実」が語られているだけで、おしつけがましくキャンキャンと言い訳を吠えるものではありませんでした。

「ASKAさんから見た真実」は語られてるものの、「あなたはどう捉える?」と委ねるような作品でした。彼の誠意と公平さは士の道だなと感じました。

いい本です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
本を読みました。正直、うーん・・・と思うところはあります。自分の理解がASKAの真実に追いついていくものも、追いついていかないものもありました。でも、それでも本を出すことによって、彼がやり直せるのであればそれで良いと思うし、書かれていることが事実であり本心であると信じたいと思います。

覚せい剤をやった、罪を犯したのだからおとなしくしていろ、そんなことをした人間の本は読みたくないという人もいるでしょう。それは仕方のないことです。しかし、それでASKAは立ち直るのか?と考えれば、きっとそんなことはないでしょう。孤独に陥り、また覚せい剤を使ってしまうのではないでしょうか?実際に、そうやって社会から叩かれた結果が、覚せい剤使用者の再犯率の高さにつながっているように思います。自分はASKAはもう十分に社会的制裁を受けたと思うし、これからも一定の批判を受け続けなければならないのは、ASKA自身も理解していることと思います。いつまでたっても批判をする人は批判し続けるものですから。しかし、彼はやり直そうとしている、過去を直視し、整理しようとしている。我々は2度めの逮捕の時のあの狂騒から、何を学んだのでしょうか? やり直そうとしている人を色眼鏡で見る社会の恐ろしさを目の当たりにしたのではないでしょうか? 面白半分にたたき、彼の人生をぶちこわすよりも、やり直そう、立ち直ろうとする人間に対し、周囲がサポートできる、応援できる社会であってほしいし、自分はそれを支持したい。そのための本だと思います。
コメント 261人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー