通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
69 sixty nine (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に若干の日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

69 sixty nine (文春文庫) 文庫 – 2007/8

5つ星のうち 4.6 110件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,056 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 518
¥ 518 ¥ 159

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 69 sixty nine (文春文庫)
  • +
  • 新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)
  • +
  • 新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫)
総額: ¥1,922
ポイントの合計: 155pt (8%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ニーア オートマタ 美術記録集 ≪廃墟都市調査報告書≫
ヨルハ部隊員達が旅する世界をアートとともにめぐるワールドガイド 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

流されて生きるのはまっぴらだ!全共闘、ビートルズ。これらの言葉が、まだ想い出ではなかった'69年、佐世保。17歳の僕は世間に反抗し、刺激的な青春を駆け抜けていた。(解説・林 真理子)
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

1969年。安田講堂事件が起き、東大は入試中止。アポロが月に行き、ビートルズが「アビーロード」を、ローリング・ストーンズは「ホンキー・トンク・ウイメン」をリリースした。ベトナム反戦運動が高まり、基地の町・佐世保で、僕は高校をバリケード封鎖した―。明るく楽しく生きる青春のエネルギーに満ちた日々を描いた永遠の古典。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 246ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2007/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167190079
  • ISBN-13: 978-4167190071
  • 発売日: 2007/08
  • 商品パッケージの寸法: 15.5 x 11.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 110件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 24,041位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
基地の街佐世保で繰り広げられる、冗談じみた革命のバリケード封鎖は村上龍が高校生の時の青春時代を面白おかしく懐かしみながら書かれたものだと思いました。しつこいまでに、「、、、、というのは僕の想像で、実は、、、、」と繰り返しからかうような文体もかなり自由奔放で、いま読むとかなり驚かされました。彼は現在でこそ社会的なテーマを深く掘り下げる小説家だけれども、この作品に登場する彼と、彼の仲間は底抜けに明るいユーモアを発散させながら活躍します。村上龍の全作品の根底にはこの屈託なのい精神が存在するのだと感じました。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
村上龍氏の小説で最も好きな作品です。
しかしあまりに「楽しい小説」というレビューが目立ったので,
私も少し書きたくなりました。

自伝的小説で,心から「楽しめる」内容となっているが,
それは著者自身も記しているように
「村上龍之介」少年が実際に「楽しい」高校生活を送ったということを意味しない。
政治運動を行なって,小さな地域社会で村八分にされた辛い経験を
(私は,氏の親族と近しい佐世保出身の友人からこの辺りの生々しい話を聞いたこともある)
「村上龍」氏が長い時間をかけてユーモアーに昇華することに成功したのだと思う。

「ヤザキ」はもちろん著者がモデルである。
だが「イワサキ」も著者がモデルなのではないだろうか。
エピローグで「イワサキ」は美術学校に進学して女と同棲している事になっている。
著者のプロフィールと同じである。

自らの経験について,陽の部分を「ヤザキ」,
陰の部分を「イワサキ」として書き分けたこの筆力にはうならざるを得ない。

このように捉えるとこの小説は「楽しい」だけでなく,
陰影に満ちた深みを感じさせてくれる。

著者は最後に,
主人公と同
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「これは楽しい小説である。こんなに楽しい小説を書くことはこの先もうないだろうと思いながら書いた。この小説に登場するのはほとんど実在の人物ばかりだが、当時楽しんで生きていた人のことは良く、楽しんで生きていなかった人(教師やけ刑事やその他の大人達、そして従順でダメな生徒達)のことは徹底的に悪く書いた。」
と村上龍さんがあとがきで書いている通り、その楽しさが読み手にも伝わってくる秀作です。「69」というタイトルは、1969年から来ていて、龍さんの高校時代最後の年のことを書いています。
学生や若い国民の多くが、革命が起きれば日本はいい国になれると信じていて、社会主義に憧れ、国の進む方向に反発を抱いていました。それを進めなければ、社会が悪くなってしまうという思い込み、幻想が色濃くありました。この小説を読むと、その時代の空気が地方の高校にまで強く影響を与えていたのがよくわかります。
                     ◇
さて、主人公(龍さん自身)はと言うと、そういう思想的な背景はなく、九州随一の進学校に通いながら、学校をバリケード封鎖して警察沙汰を起こします。彼にとって革命の思想は、仲間を引き付ける方便であり、女の子にモテるための術であり、教師や警察・学校秩序に逆らうための免罪符だったのです。
彼が比較的豊かな生活を送っていたこと、無期
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私の友人は、大学入試に全て落ち、浪人が決定し失意のどん底を彷徨っていた合格発表の帰り、電車の中で不覚にも「69」を読んでしまい、ゲラゲラ笑っていました。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/3/16
形式: 文庫
日常と非日常のボーダーライン上で遊びながらよろめいて、友人たちが幸せと感じていることに吐き気をもよおしていた高校時代。
漠然とした復讐心をもてあましていたときに手にした本だった。
本を閉じたき、優しく背中を押された気がした。
自分は泣けました。かなり泣けました。
きちんと さいごまで あとがきまで 読んで欲しい。
なんどでも。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この小説は作者、村上龍氏の高校時代の自伝的小説であることは広く知られている。そして「青春」というキーワードでしばし語られる作品である。
確かにその通り、ここに「見つけたぞ」「何を?」「永遠の青春小説を!」と叫びたくなる作品で、爆笑、納得、感涙(?)、最高の娯楽作品となっている。
電車の中で読んでいて笑いがこらえきれなくなる苦痛を味わいたくば、ぜひ電車でこの本を読んでみることをおすすめする。
太大字で記されたパワー溢れる箇所がこれまた最高!
しかし決して登場人物が若いからこその青春とは思わない。
いくつになっても、情熱(さえあれば、それ)は青春の証。
現在の著者を見ていてそれを感じる(作品レビューではないが)。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー