通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
64(ロクヨン) 上 (文春文庫) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

64(ロクヨン) 上 (文春文庫) 文庫 – 2015/2/6

5つ星のうち 4.0 92件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 64(ロクヨン) 上 (文春文庫)
  • +
  • 64(ロクヨン) 下 (文春文庫)
  • +
  • 動機 (文春文庫)
総額: ¥2,019
ポイントの合計: 47pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

二〇一二年のミステリー二冠! 究極の警察小説登場!

昭和64年に起きたD県警史上最悪の事件を巡り警務部と刑事部が全面戦争に突入。その狭間に落ちた広報官・三上は己の真を問われる。

内容(「BOOK」データベースより)

元刑事で一人娘が失踪中のD県警広報官・三上義信。記者クラブと匿名問題で揉める中、“昭和64年”に起きたD県警史上最悪の翔子ちゃん誘拐殺人事件への警察庁長官視察が決定する。だが被害者遺族からは拒絶され、刑事部からは猛反発をくらう。組織と個人の相克を息詰まる緊張感で描き、ミステリ界を席巻した著者の渾身作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 355ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2015/2/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167902923
  • ISBN-13: 978-4167902926
  • 発売日: 2015/2/6
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 92件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,855位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ネタバレにならないように注意して書きます。
初めて横山氏の作品を読んだと思います。脱帽しました。最初に上巻だけ買って帰ったのですが、すぐに下巻を買いに行く羽目になりました。
上巻では提示される謎や課題が多く、ほとんどが解決されません。
下巻で、上巻で広げた風呂敷が畳まれ始めるのですが、、、圧巻です。
「それ伏線だったんだ…」と何度も唸らされました。しかも、巧みに配置された伏線なのでまったく卑怯ではありません、気がつかない読者(私)が悪いのです。
かなり大きなイベントが、全く違った意味の伏線になっていたりして。
良い時間を過ごさせて頂きました。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
横山秀夫さん、すごすぎます。上下巻、一気に読みました。
横山さんの静かな熱意が伝わってきます。
主人公がありきたりな熱血漢にならず、お涙ちょうだいでもなく、なんというかリアリティがすごい。
組織の中にいると、こういうことある!ということに簡単に答えを出さないところもさすがです。

書店さんで、この本のためのリーフレットをもらいました。
そこにはゲラの写真があり、そこには鉛筆で修正がたくさん入っていました。
修正がありすぎて、ペンではなく鉛筆を使うそうです。
その修正した分とされる前の文を読み比べ、横山さんの真剣さが伝わってきました。
すごすぎます!
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 occhi 投稿日 2015/2/16
形式: 文庫
さすがとしか言いようがない。
これぞ横山秀夫というべき圧巻の一冊。

昭和64年に起こった幼女誘拐殺人事件。
物語は未解決のこの事件を中心に構成されていくのだが、それ以外にも同時進行で多くのサイドストーリーが展開されていく。

まずは、D県警の刑事部と警務部の内部対立の問題。
主人公の三上は現在は広報官であるが、元刑事であり、その事による葛藤や嫉妬といった複雑な感情が詳細に描かれている。

そして、警察庁vsD県警、つまり東京と地方の対立問題。

さらには匿名報道をめぐっての記者クラブと広報室の対立。

おまけに、三上の娘は失踪しており、それに関する父と娘、夫と妻といった家庭問題。

これでもかと言わんばかりに三上の周囲には問題が次々と起こってくる。

どれをとっても一つの小説が出来上がりそうな深い内容のテーマだが、「64」ではこれらが同時進行で起こる。
そして物語の後半では、現在進行形のこれらの問題と、昭和64年の誘拐殺人事件が複雑に絡み合ってくる。

並の力量ではとても書ききれないほどの複雑さ!
それを横山秀夫は一つの物語として見事に収斂させていく。
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本が届いてその分厚さにひるんだが、実に読み応えのある良作。
「警察の広報官」というニッチすぎる業種に序盤はなかなか入り込めず、中途断念か、と思ったが、中盤からは読ませる読ませる。おかげで後半はあっという間。
誘拐事件に色々な意味で(ここがポイントなので伏せます)巻き込まれていく主人公への思い入れは、状況が特殊すぎて難しいものの、記者経験のある著者の描く情景のリアリティとともに、複雑な状況を過不足なく伝える構成力のゆえに、決して置いてきぼりにされずに併走できる良質ミステリー。
何か分厚い本が読みたい、と思った休日の午後におススメ。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
評価も高い「警察小説ミステリー」だが、読む気が起きない本のひとつだった。
映画化され、監督が瀬々敬久。youtubeの予告編や紹介映像を見て興味を持った。
ネットのネタバレ情報で、決定的なネタバレを読んで、意表を突かれ、本書を手に取った。

読んでみると、主人公の独白小説のような特異な世界だった。
14年前の誘拐事件がひとつの核心としてあり、主人公も一人娘が失踪し、悩みの渦中にある。
主人公の職業は警察官だが、事件を扱う部署ではなく、警察と世間(主としてマスコミ)の間をつなぐ広報官。

というように設定が、すべて宙づり。不在を核としている。
物語の展開と、ページを満たしていくのは、主人公の頭の中の発話、内的独白である。

刑事部と警務部、その間にいる主人公。妻(母)と自分(父)、失踪した娘。
かかってくる謎の無言電話。マスコミと警察の間にいる主人公。

刑事部が14年間ひた隠ししてきた重要な事実。刑事部ぐるみの隠蔽工作。
14年前の、解決されていない児童誘拐殺人事件と、今、新たに起こる、誘拐事件。

いくつもの3角形によって物語は形作られ、それら3角形の力学によって、物語は進む。
三角形は、絶対安定の4角
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック