Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 760

¥ 61の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[森村誠一]の60歳で小説家になる。
Kindle App Ad

60歳で小説家になる。 Kindle版

5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 760
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

60~70代での文学新人賞受賞者が急増中だ。その多くがリタイア後に、本格的に執筆を始めている。実は、出世できない人ほど小説家に向いている。自己顕示欲が強く、哲学的疑問を持ち、社会に不適合であることは、作家として重要な資質だからだ。現役時代にタネを仕入れ、時間が自由になる定年後にデビューすることこそ、理想の第二の人生。自身もサラリーマン経験を持ち、プロ作家を多数養成してきた著者が、その戦略とノウハウを伝授。

内容(「BOOK」データベースより)

60~70代の文学新人賞受賞者が急増中だ。その多くがリタイア後に、本格的に執筆を始めている。実は、出世できない人ほど小説家に向いている。自己顕示欲が強く、哲学的疑問を持ち、社会に不適合であることは、作家として重要な資質だからだ。現役時代にタネを仕入れ、時間が自由になる定年後にデビューすることこそ、理想の第二の人生。自身もサラリーマン経験を持ち、プロ作家を多数養成してきた著者が、その戦略とノウハウを伝授。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 202 KB
  • 紙の本の長さ: 45 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2013/2/8)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00B97HCQ8
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 129,329位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
小説家になるには年齢を問わない可能性が有る、体力が低下しても感性が増すと言うこともあると、説かれる。ホテルマンとして生活保障の代償として人間関係に多くの神経を使い、間違いは許されない厳しさが要求され、耐えられない単調な仕事は、組織のピラミッド構造のため人間性を犠牲にするものだった。作家になり、何度となくスランプと不調がやってきたが、それは当然のことのように割り切り、解消法を編み出して公開している。
またプロの根性として一瞬一瞬のひらめきを忘れないうちに定着する習慣も公開している。トイレにいても、寝ぼけていても作家という自意識を忘れない姿勢はさすがと感じる。心の活性を維持すること、丁寧に現地取材を重ねること、人脈を作り協力をえることなども書かれている。
作家になるとどれだけ得をするのかも具体的に書かれている、作者に依ればストイックで、下積みから如何に苦労してやってきたかと人生の模範を強調するのが多かったと思うが、特典の多さ、自由度の高さ、収入機会の多さをはっきり書かれてみると、そんなに儲かっているのかと思うのであるが、宝くじを買うよりは可能性が高く、具体的なアドバイスも多く、納得できるものであった。他の著者の入門書とは異質な所も多いだろうが参考になる本と思った。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 60歳定年といっても、まだ知的にも体力的にもピークにある層に向けての発想の促しは大変意義がある。しかし、その内容というか、指南方法があまりに雑で、お粗末である。これなら、大沢在昌『売れる作家の全技術』をオススメします。だいたい、純文学=私小説の認識のあまりの低さに、今その純文学の『abさんご』が売れているというのに、時代から微妙にズレてしまっている。こういう本を読んでも、小説を読んでも書いても来なかった人がすぐに小説家になるというのは無理があると思いますが……。とくに、読んで来なかった人は。
 それに、幻冬舎新書というのは、少ない文字数を、微妙に広い行間などの割付でなんとかごまかしているようで、内容的にも、伝統ある新書にははるかに及ばず、お得感が少ない新書である。本書はその代表のようでもある。まあ、題名は、なかなか買ってみようかと思わせるものも多く、中身をよく見てから買ってくださいって感じです。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たか トップ1000レビュアー 投稿日 2013/2/13
形式: 新書
小説を書く際の技術面の解説は少なく、本気で小説家になりたい人に参考になる点は少ないと思う。
メインの内容は、紙とペンさえあれば小説は書ける、と小説を書くのに大きく身構える必要はないということと、定年退職後も人生は短くないので、小説などにも挑戦しよう、といったところか。
小説家になるメリット(サラリーマン比)もたくさん記してあるが、極一部の売れっ子小説家に限った内容である印象。
森村氏の小説は面白いのだが、この新書では今一つの感が否めない。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
森村誠一氏がホテルマンから売れっ子作家になったことは私も知っている。だが、氏の本を読んだことはない。今回はタイトルを見てどんなことを書いているのかと思い、読んでみた。ホテルマン時代の経験から作家になってからの生活など、面白いことはたくさん書かれている。メモの取り方や、取材のしかた、文献の選び方など参考になることも少なくない。最後には小説の書き方や投稿のしかたまで指南している。だが、これらはすべて筆者の例であり、だれにでも当てはまることではない。

ブログやツイッターなど、だれもが自分の文章を簡単に公表できる時代。書いたものへのリアクションも得られる。定年後の暇つぶしにブログを始め、周りから文章が「うまい」と褒められ、作家になったような気分に浸っている人もいる。この本のタイトルを見て「自分も」と思う人は少なくないだろう。だが、幻想を抱いて読むのは危険である。60歳を過ぎて作家に挑戦するのは悪いことではないが、だれもが作家になれるわけではない。タイトルが「だれでも60歳で小説家になれる」となっていないことを認識して読むことを薦める。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover