Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,123

¥ 281の割引 (20%)

ポイント : 23pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[中野 巧]の6分間文章術
Kindle App Ad

6分間文章術 Kindle版

5つ星のうち 3.7 58件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,123

商品の説明

内容紹介

神田昌典氏はじめに≪文章がうまくなるという嘘≫

「これは日本が世界に誇れるオリジナルな文章作成方法だ!」

はっきり宣言するが、このような論理の一貫さと偶然のなしうる力を組み合わせたものなど、
全世界、探し回っても見たことがない。

これは日本が世界に誇れるオリジナルな文章作成方法だ。

父母ともに建築家というデザインが染みついた男が、まるで建築を組み立てるように、
文章をデザインしてきたからこそ、生まれた手法である。

しかし、私のこの驚きは、始まりにしかすぎなかった。
驚くことは、大人ができるようになるだけではなく、
いままで文章指導に困難を感じていた小学校から大学までの教師が飛びついた。
そして、何よりも、いままでがんばってもほとんど文字をつづることができなかった子どもたちが、
先生を驚かせる文章を喜んで書くようになったのだ。
その子たちは、それまで国語の時間、特に作文の時間が大嫌いだったのだ。

このように子どもたちが、文章を書くことが好きになっていく指導法が生まれたことは、画期的だ。
なぜなら、文章を書くことは、才能を見いだすプロセスであり、
その延長には、みずからの才能に目覚める日本人を量産できる未来が見えるからである。

エンパシーライティングのフレームワークには、
●相手を理解するプロセス
●社会を理解するプロセス
そして、
●自分を深く理解するプロセスが含まれている。

そのプロセスを踏みながら、自分の内面に触れる作業をやっていくことで、自分の外面――すなわち社会に働きかけていくことができる。
つまり、エンパシーライティングを使うことにより、言葉の力で、社会をつくっていく力が得られるのだ。
そのような教育はすでに始まっている――本書の事例を見れば、その子たちに遅れをとっているのは、もはやこの本を手に取っている大人たちになりかねない。

教育の話が先になったが、エンパシーライティングとは、そもそも大人が仕事で結果を出すために創られたフレームワークだ。

はっきり言えることは、あなたが文章で苦労していたなら……、
もっとブログやフェイスブックでまわりに応援される文章を書きたいのであれば、そしてあなただけではなく、
まわりの同僚や社員の、文章作成力を高めたいときには、エンパシーライティングに取り組んだほうがいい。
エンパシーライティングを組織全体で取り組めば、商品を深く理解し、社会を深く理解し、
そして自分自身を深く理解するプロセスを全員で共有することになる。
このような価値創造のプロセスが、文章作成という日常の仕事と共振しながら動き出す。

まさにマジックだが、我々が誇りに思うことは、このような知識創造時代に不可欠な文章作成のフレームワークが日本から生まれたことだ。
思いやり(エンパシー)ほど、日本が世界に向けて広げる価値観としてふさわしいものはないだろう。

まずは、だまされたと思って、本書をめくり始めてほしい。

出版社からのコメント

文章術としてはこれまでにない、フルカラーでやさしい本なので、
文章術の本を最後まで読めなかった方でも、最後まで読める本かもしれません。
その根底には、「なんで ⇒ なるほど ⇒ それならば」の建築的思考があります。
いままで見過ごしてきた文章を書く前の【空白の6分間】に着目し、
【埋める ⇒ 貼る ⇒ つなぐ】の3ステップを踏むだけで、
共感を生む、あなたらしい文章が書けるかもしれません。
日本を代表する企業の社員から、大学教員、女子高生、小学生まで、
本書ではその実証済成果をあますところなく掲載しています。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 5672 KB
  • 出版社: ダイヤモンド社; 1版 (2013/6/20)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00D72SKQE
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 58件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 58,077位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
信頼出来る友達がfacebookですすめていたので、買ってみました。

最初から最後まで読んで、エンパシーライティングのシートをコピーして、何種類も記入してみて、文章を組み立てようと頑張ってみたけど私には出来ませんでした。

本だけでは「私には」理解出来ませんでした。セミナーに行けばわかるのかな。行かないけど。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
エンパシーチャートが誰に受けたとか、素晴らしいだとかの手前味噌な文章が35ページも続いてやっと本題に入ったかと思うと、2ページまたはじまりようやく本題かと思ったら、4ページ進むとまた宣伝8ページといいた具合で結構イライラしました。もう少し、誰に受けたとか、あなたらしさを伝える
とかは省いてほしいです。
コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本書で提供してくるフレームワークは、人を動かす文章を書くための「構成」を作るためのものです。
当たり前ですが、決して文章そのものを作ってくれるわけではありません。
フレームに沿って書き込んでいくことで、どの順番でどの内容を書くべきかという効果的な「構成」を手に入れることができるのです。

でもその「構成」に沿って、実際に文章を書いていく段になると、当然ですが書き手の文才に頼ることになります。
文才のある人は、この構成を使って人の心を鷲掴みにしたり、琴線に触れて泣かせたり、行動させたりする文章を書くことも可能だと思います。
では、文才があまり無い人だとどうでしょうか。

結論から言うと、そんな人でも(高校生でも)構成には従っていますので、まあそれなりの文章を書くことができます。

つまり、これがこのフレームワークの力なのだと思います。
文章を書いた経験が少なく、どこから書いていいのか検討も付かないような人でも、ひとまず65点以上くらいの文章が書けるようにしてくれるのです。
素晴らしい文章教育の方法だと思います。

でも、既に文章を書くことに慣れていたり、セールスレターの書き方や構成法を知っている人には物足りないと思います。
そもそも、こ
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 タイトルに従って本書を、6分間 読んでみたけど、宣伝しか書かれていないよ。
あれ? 図書館で借りたので、宣伝しか書かれていない本書は、もしや

無料の宣伝パンフレット? と疑問に思って裏表紙を見ると
「ダイヤモンド社 1300円」と書いてあるので、驚くと同時に、納得した。

 納得した理由は、ダイヤモンド社は「宣伝だけで駄本を売る」ことで有名だから。
本書の編集者、寺田 って、勝間の本を手掛けたことで有名ですよね。

 本書も、勝間本と同様、著者が自分の自慢ばかりする不愉快な駄本!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
エンパシーライティングのセミナーを以前受けて、
すごく良かったなぁと思ったので買いました。

復習も兼ねてと思ったのですが、この本だけで
本当に文章かけるのかなぁという疑問のほうが
強くなりました。

セミナーの時もそうだったのですが、情報の
小出しが気になります。

事例は多いのですが、この本だけでは、文章
かけるというより、エンパシーライティングに
興味を持つように書かれた本という気が
しました。

勝手な期待といわれれば、それまでですが、
実際に本屋で手にとったら、買わなかった
と思います。
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本題に入るまでにとにかく時間がかかる。称賛の声が並べられていて、ノウハウ部分に割いているページ数が少ない。もっと具体的な手順をしっかり説明して欲しかった。これだけで書けるようになる人は少ないだろう。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
セミナーは非常に評判が良いようですが、
少なくともこの書籍の内容だけでは、文章を魅せる能力の向上は期待できないと思いました。

書籍の内容がタメにならないわけではありません。
紹介されている「エンバシーライティング」という手法自体は非常にシンプルで、
フレームワークとしては面白いです。
「ネガティブの観点からも文章の構成を検討する」という考え方には目からウロコが落ちました。

しかし、書籍中には手法の枠組みは書いてあるものの、
手法を実践するための具体的な使い方に関する情報が圧倒的に足りていません。
事例はいくつも載っているのですが、単に、手法を使った方の成功エピソード紹介という感じです。
また、手法を用いて練った文章構成と最終的なアウトプット(文章)の間にギャップがありすぎて、
読み終わっても、一体どう使えばよいのか、全く解からないという状態でした。
それでも実際に何度か試してみましたが、案の定、上手く行きませんでした。

「もっと知りたければセミナーを受けろ」という話なのかもしれませんが、
逆にそれが見え見えな感じがしたのもちょっと残念でした(宣伝が多い)。
全体的に無駄な部分が多かったので、
それを削って、手法の解説を厚くして欲しかったです。
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す