中古品
¥ 225
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★迅速に発送いたします★きれいです。帯あり。表紙カバーに微すれありますがその他使用感少なく良好です。消毒・クリーニング後、クリスタルパック(透明なプラスチック製の袋)に密閉パック済み。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

500万で家をつくろうと思った。 単行本 – 2003/11

5つ星のうち 2.8 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 225

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

わかっているようで誰も知らなかった建築コストのカラクリ建設業界の常識・理想・現実…資金ぐりから施工者さがし、セルフビルドのノウハウまで超スーパーローコストハウスを500万円でつくる本。

内容(「MARC」データベースより)

資金ぐりから施工者さがし、セルフビルドのノウハウまで、超スーパーローコストハウスを500万円でつくる! 建築家と施主が両方の立場からアプローチした、まったく新しいタイプの家づくり本。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: アートン (2003/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 490100655X
  • ISBN-13: 978-4901006552
  • 発売日: 2003/11
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 681,453位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
まず、タイトルの“500万”という数字に驚く。どんなに家を小さくしていこうが、
セルフビルドのログハウスだって真っ青の数字だからだ。まあ、それなりの
家(ある意味で特殊な住宅)だろうな…と予想はついていたが、その挑戦は
天晴れだといえるし、その成果(どんなシロモノができあがったか)は知って
おきたいと思った。
――結果。
●倉庫に住める感覚の持ち主向き。
  *いわゆる“マイホーム”ありきでローコストを目指している人には、
  実際的とはいえない。
●コスト削減の苦労はいろいろと書かれているが、多分に「単発的」
 要素で成り立っている。
  *半セルフビルドは当然としても、建築家は大学の教員であり、多くの
  手を学生から借り出している。
●イノベーティブであるがゆえ、啓発的発言が少し煩い。
  *「割り切り」を大義名分にかなりの論説が繰り返される。
  しかし哀しいかな、できた家に果たして言葉を越える説得力があった
  だろうか。
常々思うことだが、この手の本には、建築にかけた日数以上の(年単位の)
住みこなし記録がないとウソだ。本書には完成してからの若干の記述はある
ものの、早速階段を取り替
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
500万というリフォーム並みの低価格で家を建てようという無茶(笑)な挑戦記です。
施主(依頼主)は一人暮らし用の家を希望してて、今後家族暮らしする予定はないと決め込んでいるので
それに最適化した家に仕上がっていました(なかなか素敵な家です)。
建築家の鈴木さんは学校の講師も勤めていらっしゃるみたいで
その学生たちも動員して、プロがやらねばいけないものはプロに任せ、
素人でも出来る作業は徹底して自分たちでやるというスタンスで低価格化を目指しています。
旨みのない仕事なので工事を請け負ってくれる業者がいない。
書類なども後回しにされて時間がかかる。
などなど・・・
低価格で家を建てようかと考えてる人はこの本を読んでおくと、
どんな大変な事が待ち受けているかが、予習できると思います。
愚痴っぽい、なにか批判的な文章がちょっと残念で、星3つ。
まあ、それだけ苦労してきたことの証だと思いますが。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
多少住み心地が悪くても「面白い家」が欲しいということで、この奮闘記が始まった。
出来上がった家は、なかなか普通の人では住めないだろうな、というものでした。しかし、見方を替えて、若者(特に学生)向けのアパート経営として、一時的に住む家であれば”かなり”面白いものが出来上がっていると思います。僕も1年くらい住んでみたいと思いました。
この本のテーマは、「家を作る」ことより、建築業界そのものに対する挑戦です。ですから、「安くても幸せな我が家」の建築を目指している人には向きません。値引きの知恵や、建築会社との渡り合いの方法等は全く書かれていません。
読めば「何千万円もかけて一生家のために働いて、借金を払い続ける」というのが人生にとって良い選択かどうかを考えさせられます。住宅メーカーの推奨する家に住むことが馬鹿馬鹿しく感じる本でした。
35年のローンを組む計画のある方、契約前に読んでみると救われるかも!!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 石山さんの「セルフビルド」という本で紹介されていたので読んでみた。500万という異常な値段で自分の大学の学生や知り合い関係など、様々な人間を巻き込んでの半セルフビルド建築。材料費を切り詰めて、人件費を切り詰めて、その先に出来る姿。施主である藤井さんの姿が本書'の中に出て来ないのがこの作品における気掛かりなところだったが(作品の価値が高まり切れてない箱のように感じるのは施主の介在の薄さだと言えると思う。)、あとがきでの「言葉」を読むとこれから、この未完の建築が成長していく予感を感じさせる。
 自分でも40'平米を50万という値段で友達の内装をした経験があったから、ここに書かれている施工上の試行錯誤はものすごく共感できた。自分も当然、セルフビルドを想定した設計に施工だった。鈴木さんが長い付き合いではなかったが、「藤井さんじゃなかったら、こんな仕事は引き受けなかったかもしれない」というのは凄く理解出来る。僕も施主がその友達でなければ受けなかっただろう(僕もその友達とは4回ほどしか面識はなかったが)。鈴木さんは受けた理由を

「藤井さんも僕も物書きで、互いにその文章を読んでいる。それでひととなりはわかるし、物書きたるもの、自分の言葉には責任は持つだろうと、そういうしかたで信用したのだ。」
p.134

 と、述べている。これは非
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック