中古品
¥ 539
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆在庫確実、保証付き◆◆◆【当店の商品は安心・迅速のAmazon配送センターより発送となります】◇帯付き、本文に書き込みは見当たりませんでした。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

5万年前―このとき人類の壮大な旅が始まった 単行本 – 2007/9/1

5つ星のうち 3.4 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 284
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

あなたの祖先は、5万年前にアフリカ大陸を脱出した150人あまりの集団のなかにいた。ヒトゲノムが紐解く、人類史の驚くべき真実。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ウェイド,ニコラス
イギリス生まれの科学ジャーナリスト。二大科学誌『ネイチャー』『サイエンス』の科学記者を経て『ニューヨークタイムズ』紙の編集委員となり、現在は同紙の人気科学欄「サイエンス・タイムズ」に寄稿。ニュージャージー州モントクレア在住

安田/喜憲
1946年生まれ。東北大学大学院理学研究科修了、理学博士。広島大学総合科学部助手、国際日本文化センター助教授を経て現在同センター教授。麗澤大学客員教授、ドイツ・フンボルト大学客員教授、京都大学大学院理学研究科(併任)を歴任。スウエーデン王立科学アカデミー会員

沼尻/由起子
東京生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科卒業後、渡米して読売新聞ニューヨーク支局勤務のかたわらアメリカン・イングリッシュ・インスティテュートで修業。帰国後、大手出版社の編集者を経てフリーライターとして独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 349ページ
  • 出版社: イースト・プレス (2007/9/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4872578287
  • ISBN-13: 978-4872578287
  • 発売日: 2007/9/1
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 359,803位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
難しい。というのもかなり強引な論調が所々目立つからだ。例えば宗教の興りについて、「言語がなければ宗教は伝えることが出来ないから存在しなかった」というのはまぁいいとしても、「言語が誕生すると宗教はすぐに発生した」というのは飛躍ではないだろうか。私もその推論は当たっているような気がするが、私が知りたいのはなぜそういえるかという「根拠」だ。著者は根拠を示していない。

人種問題についても疑問がある。彼は人種は「生物学的種だ」と述べる研究者に肩入れし、「人種は政治的概念に過ぎない」と述べる従来の研究者を「独りよがり」と切り捨てている。しかし生物学的種とは(一般的な定義では)「互いに交配できない生物同士」を言うのであって、人類を生物学的種にするには定義の書き換えが必要だ。さらにその概念が必要な理由について、民族によって薬剤への感受性が異なるから、と医学的な理由を挙げる。しかし人種問題とはそもそも「外見に関わる少数の遺伝的性質で人を分類することの不合理さ」だ。薬剤感受性が問題なら投薬前に検査をすれば良いではないか。差別や偏見に口実を与える可能性を考えれば、生物学的種の定義をわざわざ書き換えるデメリットは大きいのではないか。本書を読む限り彼は人種差別主義者だという印象は受けなかった。ただセンセーショナルな発言をして注目を浴びたかったのだろうか?
他にも根拠の提示が必
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本はNicholas Wade 「Before the Dawn: Recovering the Lost History of Our Ancestors 」の翻訳本である。原著者は「ネイチャー」、「サイエンス」など著名な科学誌で活躍後、「ニューヨークタイムズ」編集委員となり、同紙の科学欄を担当し、最新の科学情報を提供している。2003年に生命の設計図であるDNAの全配列が判明した(ヒトゲノムと呼ばれている)。この事によって、これまでの考古学、人類学、古生物学、言語学などの諸分野に頼っていた人類史の研究に、強力な科学的武器“ヒトゲノム解析”が加わり、人類の、我々の祖先の過去のストーリーが、新たに書き換えられるかもしれない。実際の本書は興味深い内容満載である。多くのレビューアーがなさっていますから、それをここで述べる必要はないでしょう。目次は以下。
1章 ヒトゲノムが解き明かす人類史の謎。
2章 はじまりは5万年前、たった150人。
3章 人類が発した最初の言葉。
4章 祖先たちの肖像画を描く。
5章 ネアンデルタール人たちとの死闘。
6章 インドに到達、さらに遠方へ。
7章 「定住」という人類史の革命。
8章 惨酷と利他―人間性の不思議。
9章 人種はかくして世界に拡散した。
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
現生人類の「グレートジャーニー」について書かれたご本でございます。

出アフリカは5万年前。
それも一回きり。たったの150人。
現生する67億人の全人類のご先祖はこの時にアフリカ大陸を脱出した150人あまりの集団の中にいた、との御主張でございます。

アフリカからの出口は旧来言われていたエジプトからシナイ半島へ出たのではなく、バべルマンデブ海峽からアラビア半島へ渡ったというのが、現在では有力な説になっているみたいです。
アラビア半島、エデンの園、インド亜大陸、スンダランド、サフルランド、ムンゴ湖(4万6千年前の遺跡有り)と続く壮大な旅。

人類の拡散に興味の有る方には誠に面白く読める作品です。是非ご一読を。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kanchan33 投稿日 2007/10/7
形式: 単行本
非常に面白い。哲学的でもある。

人類の祖先はチンパンジーであるが、森が少なくなった時、人類は森から離れた。
これがその後の人類の進化につながった。森にとどまったチンパンジーはそのまま
である。進化は行きあったりばったりとされているが、リスクを取った人類は
セレクトされた子孫を残すことで、結果的に進化した。

遺伝子解析により、人類の移動、言語の発達なども、ある程度推測できる時代と
なった。鎌状赤血球症の病人の出現はわずか1万年ほど前にすぎない、などなど、
様々な洞察に満ちている。

翻訳はところどころ納得いかないところがあるが、全体としては良好である。

おすすめできる。

類書として、"人類の足跡 10万年全史"という本が草思社から出版されたが(2007年)、
こちらも読みたくなった。人類の足跡の著者は、オックスフォード大学人間科学研究所
勤務、こちらの5万年前の著者は、科学ジャーナリスト、どっちが面白いか・・・。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー