4Kストア-圧倒的解像度を体験しよう

いま注目の“4K”ってなに? 4Kの解説から、4K対応ビデオカメラや4K対応テレビ・レコーダーの紹介まで。4Kの魅力を紹介します。

そもそも、“4K”って何?

いま、「4K」が熱い。

4Kテレビが登場し、CS放送なので試験放送も始まった。また、4K動画を撮影可能なビデオカメラや一眼レフカメラ、録画再生が可能なレコーダーも登場し、いよいよ視聴環境が整いつつある。

ここでは、4Kの魅力を紹介すると共に、4Kを「撮る」「観る」「保存する」環境についても紹介していく。


4Kの魅力その1 ー フルHDの約4倍となる圧倒的な解像度

4Kとは画像/映像の解像度のことを指しており、一般的に3840×2160画素(約829万画素)以上の解像度に対応した映像や画像のことを言う。現在主流のフルハイビジョン(1920×1080画素:約207万画素)と比較して4倍の画素数で表示録画が可能。従って、同じ大きさのディスプレイで比較した場合、4倍の精密さで画像/映像が表現されるため、より高精細で臨場感のある画像/映像を楽しむことが出来る点が特徴だ。4Kの画像/映像を楽しむためには、4Kに対応したビデオカメラ/カメラ、4Kに対応したテレビやレコーダーを購入する必要がある。

その4Kの最大の魅力は、何と言っても“現行のフルハイビジョン(FHD)と比較して4倍となる高解像度”だ。4Kに対応した撮影機材と、それを観る環境があれば、すぐにでも現行のフルハイビジョンをはるかに超える映像体験が可能だ。

特に撮影部分は、後から変更できない部分なので、子供との思い出など、大事なシーンは高解像度の4K対応撮影機材で撮影・録画することが重要になってくる。

4K対応おすすめ商品

4Kの魅力その2 ー 圧倒的臨場感

4Kの最大の魅力はフルハイビジョンの約4倍となる約800画素の解像度だが、フルハイビジョンよりも画素が細かいため、画面に接近しても“画素の粗さ”が気にならない。このため、より画面に近づいて楽しむことも可能となり、その圧倒的な臨場感と没入感を楽しめるのもポイントだ。



4Kの魅力その3 ー 低画質素材もキレイに再生

「せっかく、4Kテレビを購入して、高精細な映像を楽しむ環境が整っても、再生する映像ソースがない」と思う方も多いと思う。

しかし、4Kテレビや4K対応レコーダーには、フルハイビジョン相当の映像ソースである「DVDソフト(SD画質)」や「ブルーレイソフト(フルHD画質)」を4K相当にアップコンバートするエンジンが搭載されている。このため、現状は低画質素材しか持っていなくても、4Kに近い精細さで楽しむことが可能だ。


4K対応おすすめテレビ・レコーダー

カメラ好きなら4Kテレビを買うべき!

前述の通り、約829万画素の4Kテレビなら、当然829万画素をそのまま表示できるため、デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラなどで撮影した約800万画素の高精細な写真をそのままの解像度で、なおかつ大画面で楽しめる点が新しい魅力だ。

高性能な一眼レフカメラで撮影した家族との思い出の写真を、PC画面よりもより高精細な大画面で楽しむことで新しい感動や発見が味わえるだろう。



どんなコンテンツが見れるの?

現在、CS衛星放送や光回線で4K試験放送が始まっているほか、YouTubeも4Kコンテンツに対応。4K機器で撮影した写真やムービーを楽しむことが可能となっている。


4K対応おすすめカメラ・ビデオカメラ

4K放送はいつから観れる?

4Kテレビを購入することで、4Kビデオや一眼レフカメラで撮影した映像や写真を楽しむことができるようになった。

そこで気になるのが、4K放送の開始時期だ。2015年2月現在、1日6時間程度の試験放送が流れている。

2015年3月には124/128度CSとケーブルテレビにおいて、4Kの実用放送が開始される予定だ。さらに、今後の予定では、2016年にBS放送において4Kと8Kの試験放送が予定されている。



どうすれば観れるようになる?

前述のように、3月から本格放送が開始される4K放送だが、その視聴には「4Kテレビ」「4K対応チューナー」「対応アンテナ」の3点セットが必要だ。

すでに4Kテレビやアンテナを持っている場合には、対応チューナーを追加するだけで4K放送を楽しむことができる。

覚えておいてほしいのは、テレビとカメラ/ビデオについて。そもそも、4Kテレビがなければ4K映像を観ることが出来ない。

また、素材も4Kカメラ/ビデオで撮っておかなければ、後から撮り直しが効かない点に注意が必要だ。今後、4Kが主流になることを鑑みても、可能な限り高画質な映像/画像で保存しておいた方がいいだろう。


4K対応のテレビやレコーダーを探したい方はこちら



4K対応のカメラやビデオを探したい方はこちら