中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

40歳の教科書 親が子どものためにできること ドラゴン桜公式副読本『16歳の教科書』番外編 単行本(ソフトカバー) – 2010/7/23

5つ星のうち 4.1 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 子育て| 年齢に合わせた子育てのしかたやしかり方、ほめ方、離乳食の作り方など、幅広いジャンルの本をラインアップ。子育ての本ページへ。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

朝日新聞紙上で話題沸騰の連載、待望の単行本化!
子育てを疑え! すべての親に贈る目からウロコの特別講義
シリーズ累計50万部突破第3弾!

現在、全国の公立小学校で導入が進められている英語教育は本当に役に立つのか? 中高一貫校は子どもの才能を高める最良の選択肢なのか? 親たちが悩む「答えの出にくい問題」を真正面から本音で語る。もっともらしい「常識」のウソに惑わされず、真実を見極める目を手にする特別講義・番外編、ついに開講!――三田紀房

●悩める親の疑問にプロが答える特別講義! CONTENTS
<1時限目>英語はいつから学び始めるべきか
まずは日本語の土台を固めよう……大西泰斗
9割の日本人に英語は要らない……成毛眞
子どもをカタカナ英語に染めないで……デーブ・スペクター
変えるべきは「学校」より「親の意識」……鳥飼玖美子
<2時限目>中高一貫校は幸せへのプラチナチケットか
有名私立中学への進学は人生の「保険」ではない……藤原和博
受験ストレスから逃げず、成長する機会と考える……田中ウルヴェ京
焦らず叱らず比較せず、子どもの成長を待つこと……開一夫
<3時限目>「お金」と「仕事」をどう教えるか
人が人であるために仕事とお金がある……西原理恵子
ビジネスの原点は利他の精神にある……正垣泰彦
本当の豊かさは安さで実現される……似鳥昭雄
感情を切り離して真実を見抜く力を……山崎元
<4時限目>挫折や失敗をした子どもにどう接するか
失敗をワクチンと考え、正解を押しつけない……畑村洋太郎
自分の頭で考えてこそ、本物の答えが見つかる……工藤公康
対等な立場からの勇気づけの言葉を……岸見一郎

内容(「BOOK」データベースより)

朝日新聞紙上で話題沸騰の連載、待望の単行本化!子育てを疑え!すべての親に贈る目からウロコの特別講義。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/7/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062164051
  • ISBN-13: 978-4062164054
  • 発売日: 2010/7/23
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 47,084位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
全部読んでいないのですが、基本的に全てインタビューでの取材文章です。その中でも、漫画家の西原理恵子さんのお話が大変重みがあります。要旨としては以下です。

・この世で一番大事なのは金である
・小さい頃から貧困が原因で罵り合ったり不幸になった人を沢山見てきた
・その教訓から、金があれば大抵の不幸は克服できるという確信がある

・専業主婦を求める女性は間違っている
・夫が健康で、愛情が変わらないという限られた条件が一生続くという前提に依存する人生というのはギャンブルである
・もし稼ぎのない主婦が離婚したら心を壊し、一番被害を受けるのは子どもだ
・1000万円の年収を夫に期待して体を壊すより、お互いに500万円っずつ稼いだ方が良い
・したがって夫と妻は永く続く「戦友」であるべきである

・自由と責任とは金があって成り立つものだ
・もし自分の稼ぎがなかったら離婚という自由も選べない、また、子どもを育てるという責任も選べない

他にも、御自身の経験から色々と説得力のあるインタビューがなされています。

この方の漫画に対してあまり高評価でなかったのですが、このインタビューで180度変わりました。男女問わず他人に依存してしまいがちな現代社会の中、自分一人の能力で稼ぎ、子育てをしていく、それを実践されている西原さんを尊敬しました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
小学校からの英語教育、中高一貫教育等、わが子のために良き道を進めさせてあげたい、と思う親心は誰でもあるのではないだろうか?
しかし、反面本当に小さいころから英語などは必要だろうか?そのように教育を受けてきた子供たちがみんな幸せな将来を保証できているのか?と疑問を抱くことが少なくない。
世界で活躍している講師から、言語教育、挫折の大切さなど、誰かにいってもらいたかったような内容が書かれており、共感する点が多い。
プロローグにも書かれていたが、情報を知った上で選択すべきで、知らないまま選択するのは子供たちにとって不幸である。
小学校就学前の子供を持つ親なら一読すべき。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 幸運の使者  トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/8/26
形式: 単行本(ソフトカバー)
本屋で手に取ったとき、サイゼリヤの社長が執筆に加わっていることを知り

即購入した。正直、この正垣社長のメッセージを読めただけで十分元はとれたと

思っている。立派なことを並べ立てる経営者は多いが、言っていることと

行動が伴っている人は稀有だ。前作の16歳の教科書で正垣社長の理念を知り、

いっぺんにファンになった。

この本でも仕事の原則について語られているが

「誰かに喜んでもらうため」と非常にシンプル。

それを創業時から今日まで一貫されている。

さて、他の13名の方々による4つのテーマ、英語教育、中高一貫教育、

お金と仕事、挫折との向き合い方ももちろん参考になった。

相反する意見や考え方も多くあったが、大切なことはそれを鵜呑みにするのではなく、
一つの仮説として受け入れ、自ら検証していくことだと

この本のまえがきにあったが、全くその通りだと思う。

このプロセスことが読書を最大限に人生に活かすものを改めて気付かせて頂いた。

非常に有益な一冊だ。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
海外との業務や応対が増えるとともに、痛感させられるのは、まず冒頭にかませられた『まずは日本語の土台を固めよう』だ。

自分の専門分野で最先端の仕事をするにあたり、それを的確に伝達できる言語が1つもなければ、単なる日常会話のマルチリンガルでしかなく、パーティートークしかできず仕事では中途半端な帰国子女状態になってしまう。

これは、『変えるべきは「学校」より「親の意識」』『有名私立中学への進学は人生の「保険」ではない』のように、親自身が自分がその分野での最先端を切り拓けていないのはなぜか、単に英語や英才教育などをすればエリートとして颯爽とビジネスができるのではないか、という妄想と自己実現の失敗に翻弄され、そのリベンジを子供に全部託そうとする愚かさが生む悪循環に他ならない。まさに、東大肩書信仰と肩書きを得るためへの一辺倒主義と、京大式開拓・研究者育成教育からの受験生離れと同じ構図である。

『失敗をワクチンと考え、正解を押しつけない』『自分の頭で考えてこそ、本物の答えが見つかる』は、子供を本当に課題解決型人間に育て上げるためには必須である。人間、悩んで考えてきた者こそが、逆境にも突破の端緒を見出し、答えの無い課題に対して指針を定めることができるリーダーシップを発揮できるのである。

そういう育てられ方をされ
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック