通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
40歳のためのこれから術 幸せな人生をていねいに歩... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: やや開き跡はありますが、カバー、本体共に概ねきれいな状態です。書き込み、折れ、目立つ汚れ等ありません。帯無し。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

40歳のためのこれから術 幸せな人生をていねいに歩むために 単行本(ソフトカバー) – 2012/11/15

5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 244

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 40歳のためのこれから術 幸せな人生をていねいに歩むために
  • +
  • 100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート
  • +
  • 考え方のコツ (朝日文庫)
総額: ¥3,542
ポイントの合計: 107pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

「これから、どのように生きればいいのだろう?」
「なにを人生のゴールとし、人生のピークをどこに持っていけばいいのだろう?」
この本は、僕自身が抱いた疑問をみなさんと共有し、考えていただくための本です。
40歳は人生の折り返し地点であり、あとは下り坂というイメージもありますが、それはどうにも淋しいことです。しかし「70歳こそピーク」だと考えを切り替えれば、40代から新しいスタートを切って、輝かしい70代へと疾走することも可能でしょう。
本書では、そのために今できることについても、書いていこうと思います。人生が終わりを迎えるまで、自分らしく生き続けるヒントとなれば、とても嬉しく思います。その意味で本書は、今日をていねいに生きるための知恵であり、ていねいな終わり方の工夫でもあります。 By松浦弥太郎

内容(「BOOK」データベースより)

「暮しの手帖」編集長が実践している、自分らしく生き続けるヒント、新たなスタートを切る工夫。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 189ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2012/11/15)
  • ISBN-10: 4569808786
  • ISBN-13: 978-4569808789
  • 発売日: 2012/11/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 72,306位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
2012年の11月に出版された本。この11月に40歳になり、これからの生きかたを考えることも多くなった私は、一方的にこの本への縁を感じ読ませてもらった。結果としてとても考えさせられたし、学ぶべき点を示してもらえ、有益だったと思う。
著者は1965年生まれで、私よりも7歳年上だ。ステレオタイプだと言われるかもしれないが、私の目には著者の世代は“消費”に豊かさを見出す最後の世代として映る。大学の入学と同時にバブルが弾けた1972年生まれの私からは、まるっきり別の世代という感覚である。この本で著者は高級なホテルのシーツの上質さを讃え、経営者企画するガーデンパーティに参加し、手間のかかる欧州車に乗ることに価値を見出す。私はデフレ経済にどっぷり浸とかり、どちらかといえばその害には無自覚であり、むしろ経済的に救済されてきた。こういうバブルの匂いを嗅ぎ取ると過敏に反応し、何も考えることなく激しく拒絶してしまう。私の否定的な感情のメカニズムは単純だ。私が無自覚にデフレの恩恵を享受していたように、著者世代はバブルを無自覚に貪り、(彼らは流れに乗っていただけだが)結果として経済が破綻したのに、未だに高級志向から脱却できず、イタリアンスーツをオーダーしては“自己投資”だと悦に入っているのが腹立たしい、というくらいに。
しかしこの本を読んで私は考えさせられた。そして私はこれまで何の疑い
...続きを読む ›
コメント 106人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
■書名  40歳のためのこれから術 幸せな人生をていねいに歩むために
松浦弥太郎 / PHP研究所 / 本 / 2012年11月15日 / Amazonで見る ¥ 1,260

■全体的な感想
暮らしの手帖 の編集長の本。
タイトルに惹かれて本書を手に取りました。
内容的には、スローライフ的な発想でしょうか。
40歳でいったん人生をリセットして、まっさらにリスタートする。
70歳を人生のピークと考え、生きていくという、著者の生き方が
かしこまらず、押しつけがましくなく語られている本。

何となく、こういう生き方ができれば良いなあ と思える本。

あまり金銭的価値によらないで、気ままに生きるという方法もありかなと思わせる。
でも、1週間もたてば、またあくせくと働いてしまうんだろうなと思ってしまう。
一つぐらい行動に生かしたい。

特に親を大切にする。会話する。という部分は意識したいと思う。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
40代を折り返し地点と考える代わりに、
良質変換のタイミングと考え
、これまでに手に入れたモノや能力、
逆にまだ手に入れていないものなどを棚卸しし、
これからの有限の時間の中で何を実現したいか、
何は見切って整理してもいいか、
というライフプランを考える良いきっかけを頂きました。

考えるヒントとして、
健康管理の重要性
良質なことを学べることは何か
良質なことを磨いていくために自分に必要なことは何か
自分が健やかでいられるために必要なことは何か
受け取る側から与える側へ
喜ばせた人の数と収入は比例する
のぞみを叶える簡単な方法はそれを人に与えることだけ

40代後半に出遅れて拝読させて頂いた私には、
40代からどう生きるべきか、というHow toよりも
Whyの観点を学べることができた良書です。

読むだけで、これからの人生に彩りを感じられました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
40歳になったら、素敵な70歳に向けて人生を一度見直して見ましょうという本です。
歳をとるのも悪くないと思える本です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告