通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
4時間半熟睡法 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

4時間半熟睡法 単行本(ソフトカバー) – 2009/6/19

5つ星のうち 3.7 63件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 4時間半熟睡法
  • +
  • 朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!
  • +
  • 「朝がつらい」がなくなる本―ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術。 (知的生きかた文庫)
総額: ¥3,276
ポイントの合計: 86pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

●ハーバード大学も注目! 世界一の「睡眠の専門医」が書いた本!

人生の3分の1を占めるといわれている「睡眠時間」は
いったいどこまで削れるのか?

人生や仕事で成功をおさめたい人にとって
このテーマに関する知識は、絶対に欠かせません。

この本は、ハーバード大学も注目する世界一の「睡眠の専門医」が
このテーマに関する「正しい知識とテクニック」を伝えるため
一般の人が読めるように、書き下ろしました。

著者・遠藤拓郎氏は、親子三代で80年以上研究を続けている
「世界で最も古い睡眠医療施設」の後継者です。

●あなたの「眠りの常識」は間違っている!

ナポレオンやエジソンなど
過去の偉人には、睡眠時間を上手にコントロールして
思い通りの人生を実現させた人が数多くいます。

そして、彼らの逸話には
「1日3時間しか寝なかった」というようなものがあります。

そのせいか、世の中の「眠りの常識」には
間違った知識、誤解などが数多くあります。

「深く眠れば1日3時間で十分、それ以上はムダ」
「やはり、1日8時間は眠らないとダメ」

結論からいうと
これらの常識は、すべて間違っています!

●「睡眠時間」はどこまで削れるのか?

実は、このテーマに関しての研究は
かなり以前から進められていて、はっきりとした結論が出ています。

■1965年、アメリカ空軍が支援したウェッブ教授の実験の論文
■1993年、睡眠学の権威・ボルベイ教授がおこなった実験の論文

これらの論文を読めば「1日3時間でOK」は間違っていることが
すぐに分かります。

ちなみに、なぜアメリカ空軍が「眠り」の実験を支援するのか?

それは、命にかかわる任務を遂行する彼らにとって
「睡眠時間を削れるデッドラインはどこなのか?」ということは
きわめて重要なテーマだからです。

●「4時間半熟睡法」とは?

「4時間半熟睡法」は欧米の論文、過去の実験データなどをもとに
著者の遠藤氏が考え出した「短眠熟睡法」です。

著者の遠藤氏は「睡眠の専門医」として
「この方法が睡眠時間を削れるギリギリのラインだ」といいます。

睡眠時間は、やみくもに削ってはいけません。
なぜなら、あなたのパフォーマンスが落ちる可能性があるからです。

■「脳力」を最大限に高めたい人
■「脳」や「体」を完全にリセットさせたい人
■つねに最高のパフォーマンスを発揮したい人
■短い時間で深く眠りたい人
■「何となく睡眠の質が悪い…」と感じている人(「不眠症」など)

「4時間半熟睡法」は、こうした人たちに最適です。

「仕事」「勉強」「試験」などで結果を出したい人(特にビジネスパーソン)は
ぜひ、実践してみてください!

その効果を実感できるはずです!

●人生が10年長くなる! 自由に使える時間が増えたら、何をしますか?

1日8時間の規則正しい睡眠をとる方法と…

内容(「BOOK」データベースより)

最先端の研究に基づく「科学的」短眠法を初公開!短い時間でも深く眠れるから、朝スッキリ起きられる。「脳」も「身体」もリセットされて、あなた本来の能力が目覚める。睡眠学の世界的な権威が考えた、最も簡単に人生を変える方法。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 160ページ
  • 出版社: フォレスト出版 (2009/6/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894513544
  • ISBN-13: 978-4894513549
  • 発売日: 2009/6/19
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 63件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 27,253位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
自分自身、睡眠について悩みを抱えているわけではありませんが、
“睡眠の質を上げる”
この文言に惹かれました!

自分は不眠とは全く無縁ですが、
逆にたくさん睡眠をとっていても、
すっきり起床することができません。
そしてものすごく、朝は不機嫌です…(-_-)
それを解消するため、
睡眠の質が高まれば、目覚めが良くなるのでは?
という期待を寄せての読書です(^_^)v

1章と2章が、睡眠の基礎知識についての解説。
3章で睡眠の「質」を高めるテクニックが紹介されています。
(寝付きを良くする方法が中心です)
4章は、快眠グッズの紹介です。

睡眠に関する王道的な内容でした。
とても参考になる反面、
驚くような新たな情報はあまりなかったので、
(たまたま自分にとって既知なことが多かったので)
少し厳しく、★3とさせていただきます。
(でも、この本の内容を実践し、実感できたら、
私にとって限りなく★5に近づくと思います!)

■私が共感したのは…
・6時間半から7時間半が最も体に負担がかからない睡眠時間である
 (P.13
...続きを読む ›
1 コメント 250人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 shir VINE メンバー 投稿日 2009/7/15
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本は「熟睡法」である。
従って、短眠目当ての人のみでなく、「毎日しっかり時間をとって寝てるんだけど」スッキリ起きれないなぁ、昼間眠いんだよなぁ…という人にもお勧めです。

本の最初の方で、いきなり「6年後生存率の観点からは、6.5〜7.5時間寝るのが良い」と言っています。また、睡眠により心や体を休めているわけなので、「睡眠時間が6時間を切ると作業能率が低下、3時間を切ると特に視覚関連のミスを引き起こしやすく、重大な結果を招く恐れがある」と言っています。

しかし、時間に追われる現代人としては、少しでも時間がほしく、できることなら睡眠時間をそれに充てたいと思うかもしれません。

そこで、この本は、「睡眠時間を削れる限界を考える」「短くなった分の最短”リカバリ”法を考える」「短くなった睡眠の”質”をよりよいものにする」という発想で書かれています。

よく耳にする「レム睡眠、ノンレム睡眠」「体内時計は25時間」などの話から、どうして眠くなるのか(→どうやったら眠くなるのか)、どう寝ればホルモンの分泌が促進されるのか、などのことが書かれており、『熟睡法』として一読の価値があるかと思います。

とはいえ、初心者向けの入門書という感は拭えないので、これ系の話を勉強したことがあるひとには向かないかもしれません。
コメント 91人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 本書の内容をまとめると以下のようになる。

 「理想的には7時間くらい寝たほうがいいけれども、忙しかったりしてそれだけ寝られない人もいる。では健康を害さずにどれくらい睡眠時間を減らすことができるか。週末にやや多めの睡眠を取れば、平日は(質のよい睡眠であれば)4時間30分まで減らしても問題がない。」

 睡眠時間を減らすための方法としては、睡眠の質をあげた上で、ぎりぎりの線まで減らすというものある。突飛なことをいっておらず、現実的な線で実際に実行できそうなことが述べられているし、さまざまな研究に基づいて述べられており、信頼度はたかい。睡眠の質を挙げるための方法も、参考になることは多い。

 本書の不満点としては一つ。とにかくスッカスカなこと。行間は多めで、上下のマージンもたっぷり、数ページおきにまとめが入り、そのまとめは1行とか2行とか。全部読むのに10分位で読めそうなくらいである。一般的な書籍のようなレイアウトにすればページ数は3分の1から半分くらいになりそうである。読みやすいといえば読みやすいのだが、さすがにやり過ぎと感じてしまう。

 睡眠にかんしての本はいろいろでており、もっと安価でもっと詳しく書かれているモノも多い。本書は内容だけ見れば、悪いとも思わないのだが、このスッカスカさが故にどうしても高い評価はしづらい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 柳原誠 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/2/15
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
他の睡眠本と比べて、1ページあたりの文字が少なすぎます。
情報としても目新しい物はなく、NHKや雑誌などを見て睡眠に関する知識を得ている人ならば、
新しいことを得られることは殆ど無いかと。
一方で睡眠については4時間半で済むということが確信できた点では良かった。

最後の睡眠用具については、本当にお勧めなのだろうか。
これらの用具は確かにより良い睡眠にとって必要だという認識を持ったものの、やはり宣伝臭さは拭えない。
おそらくメーカーから宣伝費用が入っているのだろう。

総括すると2に近い3という評価である。
おそらく4時間半睡眠を実践しないのであれば星1つの評価だろう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック