中古品:
¥2,980
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯が欠品しており、「良い」としておりますが、 大きな汚れなどはなく綺麗な状態です。盤面も良い状態でストレス無くご鑑賞頂けます。(確認済み) CDケース保護カバーをお付けいたします。 ★商品は手元にありますので、プチプチ封筒にて、ゆうメールで発送致します。 ★【全額返金保証】十分な検品をして出品しておりますが、 もし、商品の状態が説明と異なる場合は、 全額返金保証 しますので、ご安心の上お取り寄せください。
この商品をお持ちですか?

3SCD-0023 渡辺宙明「日活映画音楽傑作選」

5つ星のうち5.0 1個の評価

仕様
価格
新品 中古品
CD, サウンドトラック, 2015/9/30 サウンドトラック
¥2,980
¥2,980
お届け日: 12月3日 - 5日 詳細を見る

5日間のBig Sale 11/27[金] 9:00 - 12/1[火] 23:59
第1弾 ブラックフライデー 開催中
今すぐチェック

キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • 梱包サイズ : 14.2 x 12.4 x 0.8 cm; 100 g
  • メーカー : スリーシェルズ
  • EAN : 4560224350238
  • 時間 : 1 時間 20 分
  • レーベル : スリーシェルズ
  • ASIN : B0155LOFRC
  • ディスク枚数 : 1
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価

商品の説明

内容紹介

渡辺宙明「日活映画音楽傑作選」
【1~8】素ッ裸の年令[監督:鈴木清順/1959年9月8日公開]
【9~13】香港秘令0号[監督:吉村廉/1960年3月16日公開]
【14~20】東京のお転婆娘[監督:吉村廉/1961年3月19日公開]
【21、22】花の才月[監督:中島義次/1962年3月28日公開]
【23~26】太陽のように明るく[監督:森永健次郎/1962年5月15日公開]
【27~30】泣くんじゃないぜ[監督:森永健次郎/1962年8月8日公開]
【31~33】若いふたり[監督:堀池清/1962年11月21日公開]
【34~37】十代の河[監督:森永健次郎/1962年11月28日公開]
【38~41】サムライの子[監督:若杉光夫/1963年2月24日公開]
【42~46】どん底だって平ちゃらさ[監督:森永健次郎/1963年3月27日公開]
【47】川っ風野郎たち[監督:若杉光夫/1963年4月17日公開]
【48~52】交換日記[監督:森永健次郎/1963年5月26日公開]
【53~59】真白き富士の嶺[監督:森永健次郎/1963年11月1日公開]
【60~66】こんにちわ20才[監督:森永健次郎/1964年1月25日公開]
【67~69】あゝ青春の胸の血は[監督:森永健次郎/1964年9月9日公開]
【70~82】拳銃無宿 脱獄のブルース[監督:森永健次郎/1965年12月4日公開]
【83】太陽が大好き[監督:若杉光夫/1966年5月11日公開]

作曲・監修:渡辺宙明 解説:小林淳
企画・選曲・構成:西耕一(スリーシェルズ)
マスタリング:仁木高史(スリーシェルズ)
デザイン:田代亜弓
協力:日活、宇都宮弘之
原盤:日活株式会社
(C)日活株式会社
※幻の名作も含む日活映画の17作からCD化!これぞ日活サウンド!迫力のジャズ、心温まるメロディー、ヒーロー音楽の原点がここにある!
スリーシェルズは、日活株式会社の原盤提供による映画音楽アーカイヴシリーズをスタートする。その皮切りは、生誕90年を迎えた作曲家 渡辺宙明の「日活映画音楽傑作選」。『宇宙刑事ギャバン』や『マジンガーZ』で知られる映像音楽の巨匠が、それ以前に日活映画へ作曲した数々の名曲をアーカイヴ! 渡辺宙明にとって、初の日活映画音楽による1枚もののCD発売となる。
収録作品は、渡辺が初めて日活で音楽を担当した『素ッ裸の年令』(鈴木清順監督、赤木圭一郎主演)、森永健次郎監督『太陽のように明るく』『泣くんじゃないぜ』、若杉光夫監督『川っ風野郎たち』『サムライの子』など全17作品。クール&ハードなジャズから、心温まるメロディーまで幅広い作風を展開。
スクリーンを彩った数々の名シーンとともにあった幻のメロディーをCDとして再発見!
※小林淳による書き下ろしの詳細な解説と渡辺宙明についての音楽論を含む16ページ冊子付き。

アーティストについて

渡辺宙明プロフィール
1925年(大正14年)8月19日愛知県名古屋市で生まれる。旧制八高理科を卒業後、東京大学文学部心理学科に学ぶ。卒業論文は「旋律的音程の力動性に関する実験心理学的研究」。作曲を團伊玖磨と諸井三郎に、ジャズ理論を渡辺貞夫に師事。
作曲家デビューはCBC(中部日本放送)のラジオドラマ「アトムボーイ」(1953年)からである。映画音楽作曲家としては、新東宝の映画「人形佐七捕物帖 妖艶六死美人」(1956年)や「鋼鉄の巨人(スーパージャイアンツ)」(1957年)などを皮切りとして、現在までに200作を超える映画に作曲した。
1972年に手がけた「人造人間キカイダー」と「マジンガーZ」がきっかけとなり、特撮やアニメの仕事も増え、世界的な人気を博す。東映スーパー戦隊もののスタートとなった「秘密戦隊ゴレンジャー」(1975年)から続くシリーズでは、BGMだけでなく、挿入歌の作曲者としてもこのシリーズを支え続けている。また金字塔を打ち立てた「宇宙刑事ギャバン」(1982年)から続くメタルヒーローシリーズは、最近も宇宙刑事Next Generation(2014年)で主題歌、BGMを作曲して高く評価を受けた。CM音楽やゲーム音楽も手がけており、戦後のラジオドラマからスタートして、メデイアの変遷とともに作曲を続けている作曲家である。2012年には長年の功績を東京アニメアワード第8回功労賞で、2015年にはジャスラック正会員50年を顕彰された。現在、90歳を迎え、数多くのイベント、CD企画が進行中である。

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2015年10月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告