購入するには、
サイズを選択してください

左のオプションから選択してください

34 ピンキー 200m

5つ星のうち 2.9 10件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,512 - ¥ 4,414
ポイント:  サイズと色を選択すると表示されます(ポイントがつかない場合、この項目は消えます)  詳細はこちら
選択 サイズ表
  • ●長さ:200m●号数:0.4号●最大張力:730g


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

キャンペーンおよび追加情報

ナチュラムから購入する場合:
  • ナチュラムからお知らせ【商品のお届け】発送までの日数は目安です。正確な出荷予定日は別途メールにてお知らせします。【在庫】商品情報更新のタイミングなどによりご注文商品をご用意できない場合がございます。一部キャンセルができないため、ご注文全体をキャンセルさせていただきます。【商品情報】複数ショップで情報を共有するため、弊社が意図しない情報や実際とは異なる内容の場合がございます。到着した商品がご希望とは異なる場合、返品にて対応させていただきます。※一部のAmazon.co.jpが発送する商品除く 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

商品の情報

詳細情報
ブランド34
ギフトパッケージについて予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意
  
登録情報
ASINB006NVRXAA
おすすめ度 5つ星のうち 2.9 10件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング スポーツ&アウトドア - 22,795位 (ベストセラーを見る)
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2011/12/19
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

●「人に見えやすく、魚に見えにくいライン」アジングのメインタイムは夜、日が暮れてからになります。ピンキーのピンク色は夜間ライトの下でよく目立ちラインの動きでアタリを取る事が出来ます。投げた後ボトムを取る為にフリーで落としている時にアタル事も良くありその時にカウントダウンをしていればアジの居るレンジを逸早く見付ける事が出来ます。ラインの色は見やすければ何でも良いと言う訳ではありません。色に因っては魚が忌避する色があり、何回も色々な場面、場所でテストを行いピンク色に関しては見易く魚に嫌われない色と確認出来たので採用致しました。人に見えやすく、魚に見えにくいピンク。その名も、ピンキーです。●「重要なのはラインの伸びと太さ」アジはベイトにより色々アタリの出方が変化していきジグヘッドの重さも変化させないといけなくなります。その時に重いジグヘッドはどの様なラインでも沈むので構わないのですが、どうしても1g以下の軽いジグヘッドでないと食わない時が有ります。その時に太いラインやPEの様に浮くラインは表面張力の為にジグヘッドが沈み難くなります。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

使い方が分からない人がデメリットだけをあげているが、そういう人はどこにでもいる。
まず「アジ釣りの糸だから」。
ドラグをユルユルにして、糸を出すのが前提。ドラグがしっかりした高性能スピニングリール仕様前提。メバルのようにストラクチャーに逃げる魚を釣るラインではない。
リーダーの使用は絶対。これをしないで、どうこう言っても始まらない。PEラインも初めのころはリーダーを付けるのを知らない人が多かったが、
現在はFGノットなどの面倒な接続が大前提でも、その感度、飛距離、強度に絶対のアドバンテージがあるので高価ながら普及している。
amazonレビューで低評価のコメントをしている人は、今ひとつその使用場面を想定できていないようなので、今一度確認のために言及する。

1 飛距離に対する値段が安い。とにかく軽いジグヘッドを快適にキャストしたい、という限定条件において、PEに勝てる可能性があるのは、エステルしかない。しかし、PEは浮力が高く、軽い1g以下のジグヘッドでレンジをキープ、沈めることができない。浮いてもいいリグならPEでもいいが、200mほどのラインが1500円程度で買える。PEなら、200m単位となると3500円以上の値段が普通。メバル、アジ程度を釣るならPEの強度は必要ない。
よほど牡蠣殻だらけのストラ
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
サイズ名: 0.4号 Amazonで購入
フロロより伸びにくくPEより風・潮をはらみにくいというエステルのメリットが明確になるのは、1g以下の軽量リグ使用時だと感じています。
重めのリグなら伸びが気にならない太さのフロロで扱えますし、その方が強度に余裕があるので気楽です。

私は0.4号を直結で使用していますが、ドラグを緩めればアワセ切れはありませんし、大物を掛けた後は結び直すようにしているせいか、フックとの結び目の疲労も感じません。
むしろトリプルサージャンスノットでリーダーを結んでいた頃はリーダー結束部の強度低下が無視できず、キャスト時の高切れの原因になっていたと感じています。
以上はオープンな場所での釣りの話で、根ズレ対策としてのリーダーの必要性については未確認です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
魚にも見えにくいということは、おじさん達は結びにくい細さです。買ったのは・・髪の毛より細いです。細くて結びやすい(おじさんの目によく見える)とは難しいのでしょうね。ある程度のリールじゃないと大変なことになります。輸入500番台に巻いて大変でした。エアノスXTの1000番では今のところトラブルありません。強度はありますしよく飛びます。夏アジングにはちょうど良いと思いまして、またリピートします。
---
25cmぐらいのアジもヒヤヒヤでしたが釣り上げること出来ました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
フロロのように高比重でPEのように低伸度なのはわかりましたし、実際にその良さも感じました。
しかしそれ以上にエステル特有の欠点が気になります。
急な負荷に弱いせいで、少し重いリグを普通に投げようとするとキャスト切れが多発します。また、アワセ切れ防止のためにリーダーを結ぶという手間も馬鹿になりません。
根掛かり等でジグヘッドを引っ掛けた時など、リーダーとの結束部から切れることがほとんどなので、ジグヘッドに加えリーダーの結び直しまで必要になり、また、いたずらにリーダーを海中に残すはめにもなります。
ピンク色も、他の蛍光イエローのラインに比べれば夜間の視認性は決してよくはなく敢えてエステルライン、ピンキーを選択する価値を見いだせませんでした。
沈めるジグ単で使うならばフロロで十分事足りますし低伸度を求めるなら極細PEでいいです。この2つを使い分けたほうがストレスフリーで楽しめます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 デコイヤ 投稿日 2016/1/1
サイズ名: 0.3号 Amazonで購入
アジングを極めたい方専用ラインかと思います。タックルも最高の物を使用しないとこのラインは使い勝手が悪い。
ラインも見えづらいし強度も特筆すべきところはありません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す