中古品
¥ 128
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、多少の使用感がありますがご了承ください。在庫が無い場合や、不備がございましたら返金にて対応させて頂きます。ご注文確認後エコ簡易梱包にて迅速に配送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

33人 チリ落盤事故の奇跡と真実 単行本(ソフトカバー) – 2011/1/26

5つ星のうち 3.7 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 128

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

2010年8月落盤事故発生。33人が地下700メートルに生き埋めになった。当初は絶望視されていた生命。なぜ彼らは助かったのか!? 現地ジャーナリストが克明につづった感動ドキュメント。

2010年8月落盤事故発生。33人が地下700メートルに生き埋めになり、生存確認不可能――大きなニュースは世界をかけめぐった。その後、33人全員の生存が確認され、世界中が福音に沸いたものの、救助計画は困難をきわめた。せまく暗い場所にとじこめられた生活、少ない食糧……苛酷な状況に、33人の精神状態も、いつ限界を超えるかわからなかった。当初は絶望視されていた生命。なぜ彼らは助かることができたのか!? 救助チームの決死の努力、家族たちの祈りとサポート、そして、なにより、生き埋めになった33人のチームワークと勇気、絶望しない強さ……。現地チリのジャーナリストが現場にはりつき、その目で見て、その耳で聞いた真実を克明につづった感動ドキュメント。どの国より先がけて緊急発売!

内容(「BOOK」データベースより)

地下700メートル。50平方メートルしかないシェルター。食料はたった2、3日分。食事は2日に1回―スプーン2杯のツナ缶と、ビスケット半分、牛乳ひと口、桃缶ひときれだけ。気温35度、湿度80%。救出される希望はごくわずか…。想像を絶する過酷な状況のなか、33人が直面していたものとは?!口外しないと互いに約束した真実とは―?!現地人ジャーナリストが克明に記録した感動ドキュメント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 288ページ
  • 出版社: 主婦の友社 (2011/1/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4072770841
  • ISBN-13: 978-4072770849
  • 発売日: 2011/1/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 953,892位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
 2010年にチリにある鉱山で落盤事故が発生し、地下のシェルターへ33人が逃
げ果せて生存していたというニュースは全世界を驚嘆させたものの、その一方
で救出活動は非常に困難を極めるという予測があまりにも冷酷な影を落として
いた。しかしながら当初の予想に反し、早い段階で無事に全員の救出が叶った
ことは現代の奇跡と言っても過言ではなかろう。成功の裏には多方面からの援
助のおかげであるが、今回の場合は何よりも閉じ込められた鉱員たちが持ち得
ていた強靱な体力や精神力に依るとことが非常に大きいことはいうまでもな
い。

 この本は救出作業に当たる作業員や地上で救助を待つ家族の揺れ動く感情を
巧妙に描写しており、事故発生から救出までのドキュメントとしての側面は持
ち得ている。しかしながら、そのドキュメントはあくまでも“地上”の話で
あって、33人が救出に至ったもう一つの鍵となった場所である地下シェルター
の状況や出来事に関する描写は、殆どない。やはり彼らが救出までの期間をど
う過ごしたのか、その部分に奇跡と真実が隠されていると思われるだけに残念
である。

 思うに、出版を急ぐ余り構成しやすい地上での出来事のみを材料として仕上
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 怪物太郎 VINE メンバー 投稿日 2011/5/21
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
手に入れたとき、このドキュメントが地下に閉じ込められた33人が、地下の中でどう暮らしていたかの話と思い読み始めましたが、実は内容のほとんどは地上の救出部隊や残された家族たちが何をしていたかなどが中心になっています。33人の暮らしを読めると思っていたので、ちょっと肩透かしをくらってしまいました。
ただ最後の短いインタビューで、33人のうちの2人に、短めのインタビュー(50ページ弱)が載っています。
短いながらもこのインタビューは貴重でした。
例えば「事故後に感じたのは空腹でも、閉じ込められたことでもなく、家族にあえない、息子に会えない(後略)」という心理状態など、インタビューではじめて知ることがあります。
そして一番感心したのが、長い地下生活の中で、仲間の間で様々なネガティブな状況に陥って嫌なことを経験しても、彼らは脱出後も決して口外せずに胸の中にしまってしまいます。本当に素晴らしいと感じました。このような出来事が起きて、救出された後には、暴露話などが出てくるものですが、それをしないのは、地下で生活していた仲間の深い絆を感じました。

287ページのドキュメンタリーですが、字も大きく、写真もあるため、半日か1日あれば簡単に読めてしまいます。
星を減らした理由としては、やはりもう少し地下の中での状況を知りたかったこと
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 在星猫 VINE メンバー 投稿日 2011/5/15
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
日本を襲った震災のインパクトが大きすぎて昨年末に世界中を歓喜と興奮の渦に巻き込んだ事件をすっかり忘れていたことに本書を読んで驚かされました。
地下700mで高温高湿度の中清潔な水も無く食料は3日分にも満たない絶望的な状況から発見そして救出作業までの状況が生々しく描かれている。
そのような絶望的な状況を支えていたのは信教心でした。同じキリスト教と言っても福音派やらエホバの証人やら多岐に亘ったようですが、信仰心の強い鉱夫の一人を囲んで一日二回主について語り合ったのは一番の支えになったようです。驚いたのは発見されるまでは各人のエゴは最小限に抑制されていたのに発見されてからの方がメンバー間で色々と問題が発生してきたという点。つくずく人間の心理は難しく複雑なものであると思いました。
あとチリ政府の官僚メンバーが現場で奔走している姿を見る時に今回の日本の震災におけるわが国閣僚のそれと比べてしまうのは仕方が無いのかもしれませんが残念なところです。

このように題材としては優れたものなのですが出版をタイムリーにしたかった為ではないかと思いますが、文章が日本語としてこなれていない部分が散見されて内容に深く入り込めなかった残念なところもありました。今後、改訂の際に改善されればより良くなるものと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 e-gawo VINE メンバー 投稿日 2012/3/4
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
真っ暗な地底に閉じ込められた男たちの、決死の救出劇! ・・・と
思わず密室ドラマを期待するところですが、本書はどちらかというと
地面の「下」よりも「上で」何をやっていたかに注目しています。

国や会社に止められても、家族たちは砂漠のような鉱山に次々に来て
自然発生的にキャンプ村を作ってしまいます。 この家族キャンプは
結局、国にも認められトレーラーや食堂などの設備が与えられます。

そこには家族ばかりでなく、いろいろな人が登場します。

ボランティアとなってピエロを演じ、家族の子供たちを喜ばせに来た
人。 かといえば聖書を手に、「これはエホバの天罰であるぞよ」と
説教をして回る奇怪な老女。

本書は、こうした家族の動向に着目してチリの食べ物や生活習慣など
地道な取材による、心温まる記録となっています。 男たちの戦いと
いうよりも家族の感情を扱った、優しい内容であります。

Uボート映画のような緊張感ではなく、長い時間を待って過ごす人々の
苦しみを耐えてゆく、がまん強い知恵に価値を置いているのです。

とはいえ、巻末にある生還者へのインタビューは圧巻であります。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック