Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 3,456

¥ 648の割引 (16%)

ポイント : 346pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[川合 秀実]の30日でできる! OS自作入門
Kindle App Ad

30日でできる! OS自作入門 Kindle版

5つ星のうち 3.8 45件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 3,456
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,104 ¥ 3,123

紙の本の長さ: 705ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。


プログラミングの基礎からはじめて、30日後にはウィンドウシステムを有する32bitマルチタスクOSをフルスクラッチで作り上げるという入門書。
ビギナーでも無理なく作成できるようPCの仕組み・アセンブラ・Cの解説から始まり、試行錯誤を繰り返しながらアルゴリズムを学びつつ、たのしく自由な雰囲気でOSをゼロから構築していくという、他に類を見ない手法による、趣味と実用と学習を兼ね備えたOS作成の入門書です。
---
【注意】
本書の紙版にはCD-ROMが付属しておりましたが、電子版には付属しておりません。本書サポートサイトからデータをご入手ください。
書籍中にCD-ROMに関する記述や解説がございますが、適宜読み替えをお願いいたします。
---

【構成】
Chapter0[ゼロ日目] 開発を始める前に
Chapter1[一日目] PCの仕組みからアセンブラ入門まで
Chapter2[二日目] アセンブラ学習とMakefile入門
Chapter3[三日目] 32ビットモード突入とC言語導入
Chapter4[四日目] C言語と画面表示の練習
Chapter5[五日目] 構造体と文字表示とGDT/IDT初期化
Chapter6[六日目] 分割コンパイルと割り込み処理
Chapter7[七日目] FIFOとマウス制御
Chapter8[八日目] マウス制御と32ビットモード切り替え
Chapter9[九日目] メモリ管理
Chapter10[十日目] 重ね合わせ処理
Chapter11[十一日目] ついにウィンドウ
Chapter12[十二日目] タイマ-1
Chapter13[十三日目] タイマ-2
Chapter14[十四日目] 高解像度・キー入力
Chapter15[十五日目] マルチタスク-1
Chapter16[十六日目] マルチタスク-2
Chapter17[十七日目] コンソール
Chapter18[十八日目] dirコマンド
Chapter19[十九日目] アプリケーション
Chapter20[二十日目] API
Chapter21[二十一日目] OSを守ろう
Chapter22[二十二日目] C言語でアプリケーションを作ろう
Chapter23[二十三日目] グラフィックいろいろ
Chapter24[二十四日目] ウィンドウ操作
Chapter25[二十五日目] コンソールを増やそう
Chapter26[二十六日目] ウィンドウ移動の高速化
Chapter27[二十七日目] LDTとライブラリ
Chapter28[二十八日目] ファイルと日本語表示
Chapter29[二十九日目] 圧縮と簡単なアプリケーション
Chapter30[三十日目] 高度なアプリケーション
Chapter31[三十一日目] 開発を終えた後で

出版社からのコメント

プログラミングの基礎からはじめて、30日後にはウィンドウシステムを有する32bitマルチタスクOSをフルスクラッチで作り上げるという入門書。ビギナーでも無理なく作成できるようPCの仕組み・アセンブラ・Cの解説から始まり、試行錯誤を繰り返しながらアルゴリズムを学びつつ、たのしく自由な雰囲気でOSをゼロから構築していくという、他に類を見ない手法による、趣味と実用と学習を兼ね備えたOS作成の入門書です。

■備考
・CD-ROM収録内容
Cコンパイラ、イメージファイル作成ツール


登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 169424 KB
  • 出版社: マイナビ出版 (2006/3/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00IR1HYI0
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 45件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 25,520位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
自分はHWのエンジニアだったのだが、そのHWをコントロールするOSに興味が出てきてこの本を手にとった。
結局ひと夏かけてヴァーチャルマシン上でOS自作に挑戦し、さらには他のプラットフォーム(ラズベリーパイ)への移植までしてしまった。(CPUもペリフェラルもまったく違うので、かなりの部分を書き直した)。今はいわゆるOSの伝統的な教科書や、UNIXのコード・リーディングをしつつ勉強を続けている。その経験から言って、この本は未だに、OSの演習教材としては最良だと断言できる。
まず、想定読者であるOSについて何もしらない初学者に対して(なにしろ中学生に読んで欲しい、と作者が言っている)、ブートローダーとは何か、アセンブラとは何か、から初めて、最終的にグラフィカルなアプリケーションが実行できるOSまで、懇切丁寧に説明しながら一冊にまとめ上げていることが奇跡的だ。もちろんそのためには数多くの重要なポイントが削られているが、この本を読みきって実際にOSを動かすことができた読者なら独力でその先まで進められるだけの力が付いているだろう。さらに、このOSを他のプラットフォームに移植した経験からも、この取捨選択の具合はまがりなりにもOSといえるものを作り上げる最短コースを深く考えて、要素を取捨選択し、練り上げられたものだと考える。
この本で扱われるHaribote OS自体
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
絵が少しあって分かりやすいですが、大雑把な部分もありますので、この本だけではなく他の本またはサイトと一緒に読んで勉強したほうが一番勉強が進みます。C言語には主として使われますが、一部にはアセンブラ言語も使われます。まだ読み終わっていませんが、主記憶装置や補助記憶装置など勉強できて良かったです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
社会人で、OSなんか作ったこと無くて、それでも30日でOS作るだと・・・(ゴクリ!?
で、買ってみてやってみたけど、30日では無理 (24時間*30ならもちろんできるけど)。

と愚痴はさておいて、肝心な中身はベリーグッドです。
実際に自分でコードを書いて、動かして、そうして読み進めていくつくりになっているので、
その過程で確実に、OSってなんなの?美味しいの?ということが身につきます。

何よりいいのが著者が語り口調で説明をしていくところで読んでいてストーリー仕立てで普通に面白いw
でも書くべきポイントはきっちり抑えていて(OSのカウンタがくるくる一週すると大変だ。とか)、
もし仕事でOS開発に携わるならきっと後で役に立つことも身につきます。

まー、30日なんてのは気にし無くて、無理しなくていいんです。
一週間のうちにテケトーに時間を設けて、進めていけば2ヶ月くらいで十分読み終えることが出来るはず!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本は分厚いし、OS自作というかなり難易度の高そうな分野だし、
正直本当に30日でできるのか、どうせ無理矢理詰め込みつつ30章に分けただけだろ、
一日中やる計算でやっと30日で出来るってところなんだろうなと思っていましたが、
本当に30日程度で完成しました!!
しかも、意外とちゃんとしたOSの形になっています。これはすごい。
毎日やっていた訳ではないんで実際は2ヶ月ほどかかりましたが、やっていた日は
30日程度だと思います。
一日の量もそれほど多くもなく、C言語ある程度知ってるよ、アセンブラはほんと触りだけ
知ってるよって程度の私がゆっくり目でやって、殆どの章が1時間から2時間ほど、少し
中身が詰まった章でも3時間程度でした。
1日1,2時間というのも、この本自体が砕けた文章で分かりやすいのでスラスラ進めるので
楽しんであっという間です。かと言って中身が無いって訳じゃないですよ。
この本が終わった後でも役に立つ知識が満載です。
この読み進めやすい文章というのもオススメできる点ですね。

この本があることは知っているけど、なかなかやる気しないなって人がいるようですが、
少しでも興味があればやってみてください。
買って、ページを開いた瞬間からスラスラ進みますから。あと、上記のような人が
結構いるので話のネタにもなりますね。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover