通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 単行本(ソフトカバー) – 2011/5/20

5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと
  • +
  • 〈新版〉投資信託選びでいちばん知りたいこと
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「給料は上がらないが、年金もあてにできない。将来に備えて投資信託を始めたいけれど、何をどうしたらいいの?」そんな悩みを抱える30~40代のために、モーニングスターのトップが良いファンド・悪いファンドの見分け方を伝授。これまでの“常識”を覆す新ポートフォリオなら、景気低迷時代でも年利7%をめざせる!

内容(「BOOK」データベースより)

老後の年金をあてにできない「割を食う世代」であるみなさんにとって、資産運用で堅実にお金を殖やすことが重要になりつつあります。しかしこれまで、資産運用には「勉強や研究が必要で手間がかかるもの」というイメージがあり、仕事に邁進している多忙な人ほど手を出しにくい面がありました。本書では、自宅にいながらにしてマイペースで資産運用に取り組むことができるよう、投信の選び方をていねいに解説します。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2011/5/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478014779
  • ISBN-13: 978-4478014776
  • 発売日: 2011/5/20
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.1 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 166,496位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
もはや、年金を当てにした人生設計に無理があることは日々の新聞報道などで誰もが感じていること。まず、誰もが抱える漠然とした年金への不安に対し、豊富なデータを用い、国債まみれの運用実態などの例を挙げ、具体的にわかりやすく解説してくれる。

 その上で、年金問題では確実に割りを食う世代である30代に向け、投信での運用を中心とした、具体的な対応策を提示している。そのキーワードが、新興国であり、「金(コールド)」ということだ。

 本書で特筆すべき点は、初心者向けにわかりやすく投信選びのポイントが解説されていることももちろんだが、これからの資産運用を考える際に必要な世界経済のパラダイムと長期の視点が示されていることだろう。その意味で、投信に限らず「資産運用」全般にわたり、優れたヒントをもたらし、新しい視点を与えてくれる本といえる。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 これから先、「割を食う世代」といえる30代を対象に老後を見据えた“自分年金”の運用方法を分かり易く解説している。現役世代は給料がなかなか伸びず、少子高齢化の進展で将来の年金にも期待できない状況に置かれている。私たちが預ける銀行預金や保険料は、回りまわって日本国債の購入に当てられ、知らないうちに“国債まみれ”になっているのが実情だ。一方、リーマン・ショックによる混乱で、先進国が低迷する一方、従来の「発展途上国」は「新興国」へと進化し、世界経済の枠組みは大きく変わった。
 当然、資産運用を取り巻く環境も大きく変化しており、筆者はこれまでの先進国中心の考え方ではなく、「新興国」と「金」をキーワードとした新しい資産運用を提唱する。どんな投資信託を選べばよいか、モーニングスターのウエブサイトでの検索を通じ、実践的に解説している点も役立つ。
 資産運用というと何か面倒くさいと思い勝ちだが、本書では仕事の合間を縫って効率よく資産を増やすコツが解説されている。仕事を生活の中心に据えつつも、「長期でコツコツ」の資産運用を実践すれば、20〜30年後には大きな変化となって現れるかも知れない。老後は漠然とした遠い話ではではなく、今から備えるものなのだと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
これまでファンダメンタルで、株式投資をしていました。

毎月毎月銘柄を選んで投資することは難しいので、投資信託を手法として選びました。
そこで出会ったのが下記本、30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと、です。

書籍を読んで納得できる部分が多かったので、実際に運用してみました。
初期投資が4万円+12ヶ月×3万円=年間40万円の投資計画です。
初期4万円+3万円×10ヶ月=34万円投資して、評価額は40.3万円、約6万円のキャピタルゲインです。

現在、10ヶ月経過していますが、利回りは17.6%です。
これは出来すぎですが、やり始めた当初の株価が低すぎたのでしょうね。
12ヶ月経過したら、投資額を増やそうと考えています。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
投資信託選別のサイト「モーニングスター」社長の著者が書いた3冊目の投資信託本。
前2冊は自社のスクーニングサイトの「モーニングスターを用いた投資信託購入の説明書」的な内容でした。

この本も「後半は基本的に同じ」なのですが、既発売の投資信託本に関連する本の多くが
・国内株式
・国内債権
・海外株式
・海外債権
の4つにバランスよく振り分けて投資することを推奨しているのに、この本では国内を一切カット!
投資対象を海外オンリーにして、さらにはリスクが高いとこれまでは避けられてきていた新興国投資の比率をグッとアップさせているのがポイント。これまでの本に比して「随分と大胆な構成を推奨してきているな」と普通の方は驚くかも。

でも私に言わせれば、国内投資よりも個別に投資するのが難しい海外に比較的簡単に投資できるのが投資信託の最大のウリだと思ってます。
だから逆に言えば「海外投資を中心にしないなら、やる意味が薄い」ということ!国内株式・国内債券はオールカットは正しいと思いますね。

さらには日本国内やアメリカを代表とする先進国は今後は人口も減少し、市場が縮小する社会となります。
これに比して拡大が見込まれるのが「BRICS」を代表とする新興国市場
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー