3-4x10月 [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

3-4x10月 [DVD]

5つ星のうち 4.2 25件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,163 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 941 (23%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 3,163より 中古品の出品:3¥ 2,600より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 3-4x10月 [DVD]
  • +
  • ソナチネ [DVD]
  • +
  • その男、凶暴につき [DVD]
総額: ¥11,483
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ビートたけし, 小野昌彦, 石田ゆり子, 飯塚実, 豊川悦司
  • 監督: 北野武
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2007/10/26
  • 時間: 96 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 25件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000UMP1FM
  • EAN: 4934569630834
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 59,272位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

原案・脚本も手掛けた北野 武監督の第2作。勤務先のガソリンスタンドで暴力団組員に絡まれた冴えない青年・雅樹は、逆上してその組員に殴り掛かる。このことをきっかけに、雅樹が所属する草野球チームと暴力団との間で全面抗争が勃発する。

内容(「Oricon」データベースより)

ヤクザと戦う野球チームの人々を描いた、北野武監督、脚本、主演で贈るアクションドラマ。小野昌彦(柳ユーレイ)、石田ゆり子、小野昌彦(柳ユーレイ)ほか出演。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
この作品は、北野 武の作品中最も、「らしく」、異質な作風だ。

BGM、説明描写、極端に削がれたセリフ、今作から使われ始めた、「キタノ・ブルー」と呼ばれる、画面に薄い青みをかけた手法・・・等。

後の布石となる物が沢山盛り込まれていて、個人的には、原点的な作品だと思う。

まず、なにより、作品として面白い。
前作は、いかにもハード・ボイルドな映画らしい映画だったが(?)、ここから、肩の力も抜けてきたのか、余裕を持って観る事が出来る。

間違いなく、個人的には、北野監督全作品中、ベスト5には入るが、
ただ・・・、タイトルが作品の魅力を曖昧にしてしまっているのではないかと、危惧している。

さんたいよん えっくす じゅうがつ

変なタイトルですよね・・・。

でも、本当に良い作品です。
観てみて損は無いと思います。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 emir1969 VINE メンバー 投稿日 2007/10/10
1990年9月公開、北野武監督第2作、題名は「さんたいよんえっくすじゅうがつ」と読む、

存在感の薄さからたけし軍団の柳ゆーれい/小野昌彦を主演に抜擢、ところが意外や意外、フィルム上の彼には不思議な存在感がありその後もいろいろな映画に登場することになる、ヒロイン役にデビューしたばかりのみずみずしい石田ゆり子(しかし当時流行の太い眉やヘアスタイルから現在見るといまよりもふけたような印象がある)、

上記商品ガイドの物語内容に混乱が見られることからわかるように「座頭市」や「ブラザー」のような娯楽性の多いわかりやすさを期待してはいけない映画、見る人を激しく選ぶと共に僥倖から引き受けた前作と異なり純粋な北野映画の出発点としてのちの作品群のアイデアがすべて詰まった重要作、

北野本人が不肖の息子のような出来と述べているように決して大成功作ではないが、最初から最後まですべての画面から伝わる映画を見ることだけがもたらす高揚感は北野作品中でも最高だとおもう、個人的には北野作品でもっとも愛着がある、さえない日常に突如として割り込む「魔」を青春映画のフォーマット内で実現しようとしたのだとおもう、

全体としては理解が難しいが映画を構成する各シーンはそれぞれが独立して面白い、とりわけ主人公二人のデートシーンの瑞々しいせつなさ
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
公開当時などはけっこうキワモノ的な印象でした。
お笑いタレントの作品を真面目に楽しむ気になれないという先入観もあったし、軍団総動員でたけしも半分はおフザケ的に監督したような印象だった。

まだハリウッドが新鮮な作品を連発していた時期でもあって、日本も景気低迷とは無縁なくらい浮かれてた時代だったから、この作品のユーモアや狂気はそこまでピンと来なかったんですね。

90年代半ばを過ぎると、ミニシアター系の邦画にハマるようになって、SABUなどの作品にハマるようになると、この作品のおもしろさとセンスの凄さに改めて気付いた。

余計な装飾は微塵もないのに、昼間を感じさせる明るい雰囲気が全編を支配していて、ゆったりとしたのどかさが作品を覆っているのは当時の世相を反映してるからでしょうか。主人公の根暗さとのコントラストが不気味に心地よくて。

しかし、あの浮かれた時代にあえてこのような真逆の作品を撮っていた、たけしはやはり凄いですね。
いつの時代にも世の中にうまく馴染めず地味にひっそりと生きている人間はいるもんだなと。

思えばあの時代は明るく生きてナンボという風潮があって、本作の主人公みたいなタイプは“ダサイ”の一言で排除されるような時代だったけど、今じゃネットに代表される
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
1990年製作、北野武監督第2作。

とにかく印象的なシーンが山ほどある。無表情で素振りをする柳ユーレイ。内野手に挟まれ右往左往する井出らっきょ。暗闇でガダルカナル・タカに殴られ続けるベンガル。唐突に映る沖縄の海。クルマのドアを蹴り続けるビートたけし。ダンカンの下手くそなカラオケをBGMにヤクザを蹴散らしていく渡嘉敷勝男とたけし。青空に舞うピンクのボール。道端に置き去りにされる黒人女性。ヤクザと愛人と青年とアイスキャンディ。バードパラダイスの花畑に佇むたけしと渡嘉敷。クラクションの鳴り続けるカーセックス。タンクローリーの爆発を見つめるダンカンの表情。

これらのシーンは多分一生忘れないのだろうと思う。そしてそれらを絶妙なテンポで繋いでゆく北野武の編集の素晴らしさ。
一番笑える場面はたけしが渡嘉敷に指つめを迫る場面。たけしの理不尽番長ぶりもおかしいが、将棋のデカい置物に『忍耐』と書いてあったりするw。この辺のニュアンスを汲み取れるのは、ビートたけしの出自を知る日本の北野映画ファンだけの役得ですね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック