¥ 821
この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 87 (11%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 734
Kindle版価格
¥ 821
新書

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 87 (11%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
3.11後の叛乱 反原連・しばき隊・SEALDs ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

3.11後の叛乱 反原連・しばき隊・SEALDs (集英社新書) 新書 – 2016/7/15

5つ星のうち 2.7 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 821
¥ 821 ¥ 53
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 3.11後の叛乱 反原連・しばき隊・SEALDs (集英社新書)
  • +
  • 日本×香港×台湾 若者はあきらめない
  • +
  • 民主主義は止まらない
総額: ¥3,089
ポイントの合計: 74pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

集英社新書HP上で交わされた
話題の交換エッセイが、ついに新書に! !

■内容紹介
70年安保闘争以来、およそ半世紀近くの時を経て、路上が人の波に覆いつくされた。議会制民主主義や
マスメディアへの絶望が、人々を駆り立てたのか。果たしてそれは、一過性の現象なのか――。
新左翼運動の熱狂と悪夢を極限まで考察した『テロルの現象学』の作者・笠井潔と、3.11後の叛乱の
“台風の眼"と目される野間易通が、反原連、しばき隊、SEALDsを始めとする現代の蜂起に託された、
時代精神を問う!

笠井潔
「21世紀的な例外状態の到来と急速に進行する権威主義的国家再編に対抗しながら、
“3.11後の叛乱"は持続されていくに違いない。」
野間易通
「私はこれを、教義も教会も修道院も持たない新たなレフトの誕生ととらえたい。」

【本書の内容 ――目次より】

第1章 「8.30」の光景を前に 笠井潔
野間易通さんとの出会い
2015年8月30日
文化左翼とSEALDs批判
「セクト」の排除をめぐって

第2章 雲の人たち 野間易通
1991年のニューヨークと2015年の国会前
新横浜の路上に折り重なる「あざらし」
「ストリートを取り戻せ」とは?
イラク反戦デモと「しばき隊」をつなぐキーパーソン

第3章 「何者かである私」と「何者でもない私」 笠井潔
蜂起の意味するところ
大衆蜂起を生きる「何者でもない私」
アイデンティティと「何者かである私」
60年安保の「市民」
「大衆」を制度化した「階級」
市民=大衆としての「あざらし」

第4章 国民なめんな 野間易通
あざらし・ドブネズミ・マルチチュード
「国民なめんな」
プロ市民と右派市民
3.11以降のナショナリズム
反レイシズム運動のなかのナショナリズム
「国民」の復権

第5章 ピープルとネーション 笠井潔
社会運動の2011年以前/以降
不意打ちを喰わされた『〈帝国〉』
マルチチュードかコモナーか
「ドブネズミ」と反グローバリズム
ボリシェヴィズムの「国民」観
リキッドとしてのピープル/ソリッドとしてのネーション
二つの民主主義

第6章 レイシストをしばき隊のこと 野間易通
デモでも抗議でもない
レイシストをしばき隊以前の対抗行動
Kぽペンによるカウンター
逮捕禁止!

第7章 大衆蜂起と結社 笠井潔
「雲」と「氷」
シングルイシュー
ブランキの「四季協会」
「しばき隊」との共通性
3.11後の〈結社〉

第8章 人々を路上へとドライブするもの 野間易通
「しばき隊」と四季協会
「しばき隊」はプロテストの本流ではなかった
集合的アイデンティティというドライバ
パーティを続けるために

第9章 〈2011〉と「左翼」の終わり 笠井潔
結社についてふたたび
蜂起の技術者集団――「夢十夜」で描かれた運慶
「オルグ」をめぐって
「裏切られた革命」という思考停止
大衆蜂起の自己組織化
〈2011〉の大衆蜂起の彼方へ

第10章 Struggle For Pride 野間易通
「叛乱」か「生活保守」か
なぜオルグがないのか
分裂すればするほど力を増す
新たなレフトは誕生するか

【著者プロフィール】

笠井潔(かさい・きよし)
1948年生まれ。作家・思想家。79年『バイバイ、エンジェル』で第6回角川小説賞を受賞。
著書に『テロルの現象学』他多数。

野間易通(のま・やすみち)
1966年生まれ。『ミュージック・マガジン』副編集長等を経てフリーに。
反原発連合、レイシストをしばき隊、C.R.A.C.に参画。

内容(「BOOK」データベースより)

七〇年安保闘争以来、およそ半世紀近くの時を経て、路上が人の波に覆いつくされた。議会制民主主義やマスメディアへの絶望が、人々を駆り立てたのか。果たしてそれは、一過性の現象なのか―。新左翼運動の熱狂と悪夢を極限まで考察した『テロルの現象学』の作者・笠井潔と、3.11後の叛乱の“台風の眼”と目される野間易通が、反原連、しばき隊、SEALDsを始めとする現代の蜂起に託された、時代精神を問う!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 集英社 (2016/7/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087208400
  • ISBN-13: 978-4087208405
  • 発売日: 2016/7/15
  • 梱包サイズ: 17 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 436,253位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

VINEメンバー2017年7月29日
形式: Kindle版
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月30日
形式: 新書
0コメント| 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月30日
形式: 新書
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年4月30日
形式: 新書
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月30日
形式: 新書
0コメント| 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月19日
形式: 新書|Amazonで購入
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。3.11