この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

3

5つ星のうち 4.5 21件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の Soft Machine ストア


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • CD (2005/3/2)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: Sony Music Direct
  • 収録時間: 75 分
  • ASIN: B0006TPHYE
  • JAN: 4571191050717
  • その他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 246,377位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. フェイスリフト
  2. スライトリー・オール・ザ・タイム
  3. 6月の月
  4. アウト-ブラッディー-レイジャス

商品の説明

内容紹介

※紙ジャケット仕様の限定盤ではありません。

メディア掲載レビューほか

プログレッシヴ・ロック・バンド、ソフト・マシーンの1970年発表、全4曲を収録したサード・アルバムを低価格再発売。 (C)RS

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
2ndアルバム発表後もライブ活動を続けるグループは英国ジャズの重要バンド、キース・ティペット・グループからエルトン・ディーンを含む複数の管楽器奏者を加えて精力的に公演をこなしていく。その合間を縫ってレコーディングされたのがこのアルバム。1、2作目のサイケでダダ的なポップから、本格的なジャズ演奏へと向き合っていった時期のアナログ2枚組みの大作であり、2ndと並んでグループの最高傑作に挙げられることも多い。M1、ホッパー作の「FACELIFT」は当時としては珍しい、別々の場所で録音されたライブ音源を編集したものである。オルガンがぽつり、ぽつりとアブストラクトなフレーズを刻み、突如軋みを上げ始めるオープニングの鮮烈さは何度聴いても色あせることがない。次第に湧き上がってくるブラスの混沌、各パートが多面的/重層的に広がっていく構成である。ラトリッジによるM2のメドレーも浮遊感に溢れていて素晴らしい。ダブ的な空間を作り出すファズ・ベースとミニマルなフレーズを刻むエレピが作り出す音像はまるでテリー・ライリーだ。
全体的に硬派なインスト中心だが、ワイアットのヴォーカルをフィーチャーしたM3「MOON IN JUNE」だけは唯一1、2作目らしい雰囲気が感じられ、アルバム全体の多様性を高めている。純粋なジャズロックとしてはこの後の2作の方がより洗練されているが、本作を特別なものにしているのは
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
カンタベリ派、ジャズロック、プログレという言葉が、このソフトマシーンには、常に付き纏いますが、この作品を聴いている間は、そんな予備知識などほとんど上の空で、純粋に複雑で丁寧に編みこまれた楽曲(1曲約20分、とにかく長い)に、半ば瞑想に近いような感覚に陥ります。

特に3曲目. ”Moon in june”は、何か人智を超えたような出来栄えで、約19分間の中に、精密に計算されたグルーヴ、聴き手の想像力が追いつかないこらいの七色の曲展開、丁寧で正確無比なワイアットのドラミングとヴォーカル、クールできめ細かなオルガン、猛り狂ったサックスが絶妙のバランス絡み合い、本当の意味での”混沌と建築”を両立させた真の”音楽”を、我々に聴かせてくれます。(個人的には、曲後部のラジオが壊れたようなピィ〜という高音と、ベースの低音のウォ〜ンという音のかけあいにドギモをぬかれました。こ、ここまでやるか!?)

複雑で精密、かつ独創的で完璧に美しく計算された長い楽曲を脳内で制覇することが生甲斐である人にとって、”Moon in june”は生涯忘れえぬ宝物となるでしょう。
ロックのみならず、あらゆる音楽のジャンルを超えて、最高の一曲を挙げてみろと言われたら、私は、”Moon in june”と答えてしまうでしょう。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
皆さんはくさやの干物を食べたことがあるだろうか?トビウオを塩水につけ発酵させそれを干物にした、高級品といわれるものほど鼻が曲がるほどくさいものであるが、「なれるとうまいくさやの干物」といわれるように、一旦慣れてしまうとこれが通にはたまらないらしい。この『Third』はまさしくくさやの干物である。私がそうであったが、全く予備知識なしに聴いた人間は最初「ナンじゃこりゃ?」と思うこと必至であり、次の瞬間「あーお金損した...」などと思うかもしれない。ただし、しばらくすると妙に気になって、また少し聴いたりするが、「やっぱりだめだこりゃ」と思い...この繰り返しが続き、最後にはいつのまにか中毒的にこの音にはまっている自分に気づくことであろう。やがてはソフトマシーンのアルバムを次から次へと購入し地獄にはまっていくのである。 『Slightly All The Time』はウエィン・ショーターの『Footprints』にそっくりなのはご愛嬌というところか。ボーナストラックのライブバージョンはお得である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/11/20
形式: CD
評価の高いアルバムで、自分も大好きなアルバムの一つです。
リマスターされているという事で、音質に関心のある方も多いと
思いますが、音圧が高くなっているくらいでほとんど変わり
ません。
紙ジャケに意義を見いだせないなら旧盤で十分だと思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1960年代後半〜1970年代前半のカンタベリー・シーンを代表する英国のサイケ/プログレッシヴ/ジャズ・ロックバンド、ソフト・マシーンの3rdアルバム。ホーンセクションを導入した、1st・2ndよりもジャズロック色が強い音。ロバート・ワイアットのヴォーカルをフィーチュアした「Moon in June」以外は全部インストゥルメンタル曲。マイルス・デイヴィスの「Bitches Brew」のようなフュージョン風のインタープレイ、現代エレクトロニック・ミュージックの要素、ソフト・マシーン独自のサイケ・ポップを総合した、カンタベリー系プログレ/ジャズロックの傑作
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー