Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 524
(税込)
ポイント : 52pt (9%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[羽海野チカ]の3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)
Kindle App Ad

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.5 33件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 3月のライオン(ジェッツコミックス)の12の第3巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 524
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 525 ¥ 189

紙の本の長さ: 196ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

年末にかけて体調を崩していた桐山零だが、三姉妹の献身的な看病を受けて回復する。復調した桐山は因縁の相手・後藤九段と対決すべく、一層の気合いで獅子王戦挑戦者決定トーナメントに挑むのだが…

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 33064 KB
  • 出版社: 白泉社 (2009/8/12)
  • 販売: 株式会社 白泉社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00GYLEW0I
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
前回は香子を中心に女性がクローズアップされていましたが、
今回は後藤、島田、スミス、林田先生といった、大人の男性が多く描かれています。

安野モヨコさんの「働きマン」を読んでいても思ったのですが、
女性作家が青年誌で描くと、女性誌では取り上げられにくい、
イケメンでもない壮年や中年のおじさん達を魅力的に描くような、
筆力の幅が感じられるようになって
またそれが男性作家の視点とも違っているので、大変面白いです。
それがこの巻ではよく出ていると思います。

もともと特に骨格を特徴的に描くのが巧い方だとは思っていたのですが、
(2巻の香子の足浴シーンなんかは、あからさまな露出なしに
フェティッシュな色気が表現されていて特に良かったですが)
初登場では影の薄い印象の島田八段が、話の展開と共にキーパーソンとして
どんどん印象的に、魅力的に描かれていき、
最後の方のインタビューの辺りでは何やら色気まで感じられるくらいに描かれているのに
改めてこの方の筆力や人間の観察眼の幅を感じました。
個人的には後藤九段が好みですが(笑)・・・モテるだろうなあというのが
大変よく伝わります。

話の骨格は、零君の
...続きを読む ›
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
主人公の零が勝つ意味、生きる意味を考え続けている姿を見るのはとても苦しいです。
そんな中で、周囲の人々とのたわいない会話や、ちょっとしたエピソードで、自分まで気持ちがやわらかくなっていくのを感じます。
(特に川本家の「ふくふくしたにゃー」たちの小さいセリフが大好き)

それにしても、零はこんなに不器用で、社交家でもないのに、とてもとても周りから大事にされていて、いつも思われているのがうらやましくなります。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
高校生プロ棋士・桐山零の、いたみとくるしみとせつなさが詰まった成長の物語。

3巻では獅子王戦挑戦者決定トーナメントに向けて、必死に努力を重ね、けれど家族を無くした孤独さやその後の境遇から揺れ動く零の姿が描かれています。

プロになった事で目標を達成し、「頑張る理由がない」けれど「負けると悔しい」「居場所をうしなう」との理由だけで、どこか空っぽのまま対局を重ねてきた零。けれど「こたつのように」あったかい三姉妹との触れ合いや、獅子王戦での対局、学校での先生との話の中で、周りの人々や自分自身に、少しづつ眼を向けられるようになってゆきます。

容赦のないプロの世界で、葛藤しながら、トラウマを引き摺りながら、それでも零も確かに前に進んでいるのだなあと、感動した巻でした(特にラスト)。

前回零と対局した棋士は、どちらかというと対局に疲れたような棋士だったのですが、3巻はA級の、ホンモノの猛者が相手です。そういうカッコイイ大人達も見所です。あと、香子への、零の複雑な感情も。

コミカルさと、ずっしりと重い零の心理描写とのバランスも絶妙な、筆者渾身の漫画。是非。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 toho 投稿日 2009/8/12
形式: コミック
自分のことでいっぱいいっぱいな自分に気づき、自分の見ていた世界が独りよがりな
ものだと気づく瞬間てありますよね。大げさに言うほどではないんですけど、
自分の人生の転換になった大事な場面や一言を喚起させる本でした。
2巻では「こっちはぜんぶ賭けてんだよ」と、敗者に怒りを感じる主人公ですが、
3巻で、自分は賭けるほどのものを何ももってないことに気付きます。
何かを大事にすることは自分を大事にすることだと、改めて感じた一冊でした。
一見暗い作品ですが、ゼロから関わって多くのものを得ていく、希望ある話だと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
2巻で少し出た桐山零の因縁の相手後藤の登場
香子との関係も少しずつ見えてくる…
暴力的で冷酷非情だが将棋としては真摯な態度を見せていて、これも一人のプロの姿なのかなと…
島田開との対決でベテランの棋士同士としてのぶつかり合いは見応えあった。
そんなベテランの闘いに目の当たりにして桐山はようやく大きな壁を乗り越えつつある。

また桐山の学生生活で登場した「野口君」は久々のヒットキャラでした。
明らかに野口英世の意識した高校生でしつこく「※高2」と書いてるとこが良かった
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover