残り14点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
3月のライオン 14 (ヤングアニマルコミックス) がカートに入りました
& 配送料無料
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)【2021/02/19 15:08:55 出品商品】
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


3月のライオン 14 (ヤングアニマルコミックス) (日本語) コミック – 2018/12/21

5つ星のうち4.6 645個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
コミック (紙)
¥535
¥535 ¥35

この商品はセット買いができます
『3月のライオン 1-15巻 新品セット 』 こちらをチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 3月のライオン 14 (ヤングアニマルコミックス)
  • +
  • 3月のライオン 15 (ヤングアニマルコミックス)
  • +
  • 3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)
総額: ¥1,664
ポイントの合計: 18pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


登録情報

  • 出版社 : 白泉社 (2018/12/21)
  • 発売日 : 2018/12/21
  • 言語 : 日本語
  • コミック : 177ページ
  • ISBN-10 : 459216024X
  • ISBN-13 : 978-4592160243
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 645個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
645 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト1000レビュアー
2018年12月21日に日本でレビュー済み
536人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年12月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
365人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年12月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
356人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年12月21日に日本でレビュー済み
324人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年12月22日に日本でレビュー済み
273人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年12月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
238人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年12月21日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち2.0 将棋漫画でも成長漫画でもなくなった。キャラがぶれて熱さも減退気味。
ユーザー名: RAIDEN、日付: 2018年12月21日
プロの将棋の世界の厳しさに揉まれ、人々とのふれあいを通じて成長していく零の物語と
思っていたのですが、どうやら主題自体が変わってきたようです…。
他の方もおっしゃっていますが、将棋のシーンは限られていますし、出てきても??となる内容です。

零が話を回す道化でしかなく、主体性を感じさせません。
島田九段も髪がいつの間にかふさふさになって、妙に多弁に。言葉を選んで話す、一言一言、一つ一つの挙措に意味が込められていた頃の面影はありません。
2人とも将棋に全てを賭けているようにもとても見えない…。
言葉と行動が一致しない人物だらけで、正直、戸惑いを禁じえません。
全てを掛けた、ヒリヒリとする、歯軋りするような熱さが好きだったのになぁ…。

「ハチクロ」のエピソードは個人的には完璧に余計なものでした。
終盤、色々とごたつきながらも、最終話の圧倒的な余韻があるから成り立っていた作品。
思い出に変な補正がかかってしまいました…想像で補うっていう、それも年月を経て作品と触れ合う喜びだと思うんですが…。
いや、◯◯は◯◯の彼女って言い切っちゃっていいの…?そこはぼやかしておいてくださいよ…。○○と○○は悲恋の匂いがたまらなかったんですが…。
ハッピーエンドと決めつけないで…ってそこは作者が決めることなのか…。

追伸
書店で「ライオン対ハチクロ」のPOPを見て、更にがっかり…。両作品への愛情が全く感じられません…。「ハチクロ」の最終コマの余韻を返して…。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
228人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年12月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
198人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告