通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
3時間台で完走するマラソン まずはウォーキングから... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

3時間台で完走するマラソン まずはウォーキングから (光文社新書) 新書 – 2006/12/13

5つ星のうち 4.7 36件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 3時間台で完走するマラソン まずはウォーキングから (光文社新書)
  • +
  • マラソンは毎日走っても完走できない―「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ (角川SSC新書)
  • +
  • 金哲彦のランニング・メソッド
総額: ¥2,872
ポイントの合計: 88pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ウォーキングは、ランニングの基礎をつくる最良のトレーニングである。歩くことは、どんな体型の人でも、体力にあまり自信のない人でもできる、いわば誰にでもできる運動だ。ランニングは激しい運動である。なにも運動をしていなかった人が、いきなり走るのは、いろんな意味で危険だ。ならば本格的にランニングに取り組む前に、ウォーキングをしっかり行う期間をつくればよい。そうすれば、基礎体力を高めながら、無理なくランニングに移行できるようになる。セオリーを知れば、速くなる。やせる。健康になる。未経験者にも最適の入門書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

金/哲彦
1964年福岡県生まれ。早稲田大学時代は箱根駅伝で活躍。4年連続で山登りの5区を担当。区間賞を2度獲得し、’84、’85年の優勝に貢献。リクルート入社後、’87年に別府大分毎日マラソンで3位入賞。現役引退後、リクルート陸上競技部監督を経て、現在NPO法人ニッポンランナーズ理事長。マラソン・駅伝中継の解説、後進の指導、マラソンの普及活動に多忙な日々を送る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 284ページ
  • 出版社: 光文社 (2006/12/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334033822
  • ISBN-13: 978-4334033828
  • 発売日: 2006/12/13
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 81,302位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
マラソンを始めて4年になります。
多くの著者の様々な本を読みましたが、本書が一番読みやすく走りの実践に役立ちました。
私はマラソンとクロカンスキーで年間25〜30のレースに出場しますが、
1レースごとに反省点が続出します。
フォームに関することは知っていても忘れやすく、
レースが終わるたびに「あっ、そういえば」ということがよくあります。
本書をレースの直前ごとに何度も読むと、正しい走り方が身につくのではないでしょうか。
たとえば「丹田」について。
この、丹田を意識し、うまく重心を移動しながら必要最小限の力で速く走る。
このことが非常にわかりやすく解説されています。
最近、レースで遠征するときには必ずバッグに本書を入れていきます。
先日30kmのレースに出場した際、丹田を意識して走ったところ、
今までの自分の走りが信じられないほどスムーズになりました。
もちろんタイムもベストでした。
金氏の著書はどれも明確な解説で読みやすいのですが、この本は特に扱い勝手良し!
市民ランナーの良きバイブルになり得ます。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
走り始めてからわずかに7ヶ月後の10月7日
新潟マラソンに出場し、フルマラソンを3時間57分で
完走しました。
この本を読む前は一年かけて10キロ走ることを
目標としていたのですが、信じられない結果が出ました。
まさしく初心者には最適な本です。
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Tanako.R VINE メンバー 投稿日 2007/1/1
形式: 新書
箱根駅伝の解説といえば、この方しかおられません。
フルマラソンは一部のよく訓練された方しか走りきれないと思われているかもしれませんが、
この本を読むことによって、実は、それほど難易度の高いものではないかもしれないと思えてきます。
無論、大変は大変なんでしょうが、気持ちの持ち方と正しい練習方法によって多くの人が、
走ることのできるものだとわかります。
3時間未満で走れるサブスリーは大変な能力と練習が必要ですが、
4時間未満のサブフォーは多くの人が目標にできるもの。
非常にわかりやすく、そして、金さんが詩人だと感じることのできる1冊。
すべてのランナーに贈る1冊です。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 題名通りに走れる市民ランナーは相当速い人で、副題にもあるように未経験者も一からはじめられるように、シューズ・ウエアーの選び方から練習方法、痛みなどハプニングへの対処法、食べ物に至るまで詳しく解説されており、今すぐにでも完走できるような気にさせてくれる。

 さすがに選手・監督の経歴を持つ著者であるが、重心は初心者に置かれているので、タイムを縮めたい粋に入っているランナーにとっては、新しい発見は少ないかもしれない。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私はフルマラソンを走ったことはない。今年中に1回走ってみたいと思っている。しかし、42キロというのは半端な距離ではない。

疲労度から言うと、20キロは10キロの倍だが、30キロは20キロの倍、40キロは30キロの倍。つまり、フルマラソンはハーフマラソンの4倍くらい辛いというのが実感だ。

しかし、本書で著者が実に丁寧に説明してくれているように、正しい筋肉の使い方で、正しい走り方を身につけるために、正しい練習を積んでいけば、ほとんどの人は4時間以内でフルマラソンを完走できるような気がしてくる。

著者はかつて箱根の山登りを4年連続で走った。強かった。今なら順天堂の今井君のように山登りのスペシャリストだった。実業団でも活躍した。その彼が、一般の市民ランナーに、走ることの楽しさ、練習を続けることの楽しさ、栄養管理を含めて自己管理していくことの楽しさを、これほど懇切丁寧に解いてくれていることが嬉しい。

マラソンは結果のタイムが目標ではなく、そこを目指して努力していくプロセスがランナーを高めていくのだということ、それは筆者が早稲田の時代に、故中村清監督から学んだことかも知れない。

ところで、著者が本書の中でいっていることとまったく同じことを言って、我が母校の監督が現役の学生に発破をかけていた。「朝練、練習日誌、マッサージ。これを続ければ誰でも強くなれる」と。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック