通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
3手詰ハンドブック がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 太田書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2014年重版、概ね良好
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

3手詰ハンドブック 単行本 – 2011/9

5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 926

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【古本ストア】 コミック や大人買いしたいセット本、バックナンバーも豊富な雑誌など 古本ストアのページへ。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 将棋| 将棋入門、手筋マニュアルなど将棋の指し方から、将棋世界(雑誌)など、幅広いジャンルの本をラインアップ。将棋の本ページへ。


よく一緒に購入されている商品

  • 3手詰ハンドブック
  • +
  • 1手詰ハンドブック
  • +
  • 3手詰ハンドブック〈2〉
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 117pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

BASIC3手詰。実戦で役に立つ詰手筋満載。基本の3手詰200題。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

浦野/真彦
1964年3月14日大阪府生まれ。77年6級で(故)中井捨吉八段門。83年四段。96年七段。89年、第1回IBM杯戦優勝。2005年、通算400勝。1983年、詰将棋看寿賞(短編賞)受賞。03年から同賞選考委員。07年から詰将棋解答選手権実行委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 205ページ
  • 出版社: 浅川書房; 新版 (2011/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861370329
  • ISBN-13: 978-4861370328
  • 発売日: 2011/09
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 11.6 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,758位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 JurupariJuok@July 殿堂入りレビュアー 投稿日 2011/10/12
形式: 単行本 Amazonで購入
新版です。変わった箇所は、

・旧版の「7割以上」の問題に手を入れてるとのこと
・飾りごまを減らしてそれを最小限にとどめているとのこと
・解説もかなり手を加えたそうですが、冗長にはなっておらずシンプル

たぶん初心者以外はこの本を手に取ることはないと思うので、一応説明しときますと
自分が1手何かしら王にしかけて、それにより王が逃げて、次にはもう王手でおしまい、これで3手ということです。
つまり将棋のルールを知っていれば誰でもできるレベルの問題というわけです。
「龍」と「馬」って角と飛車どっちが成ってる駒だっけ?・・・、ぐらいの人が一番いいと思う。(それはマズいか。

しかし最初のうちは意外に悩む。限られた手数しかないはずなのに。
答えを見れば「あ、なんだそういうことか」って合点がいく問いばかりなのですが!
200題収められてますが、200題もやれば大分上達します。できれば1問1分以内で解けるようにしたいですね
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
オリジナルの日本将棋連盟編のバージョンは絶版になって久しかったのですが、浅川書房から再販されました。
これまで中古本の価格が高騰して手が出なかった人には朗報かと思います。

オリジナルバージョンに対して多数の問題の手直しと解説の加筆修正をしているとのことですが、全体的に問題は相変わらず良質で初心者が最初にとりかかる3手詰めの本としては最良の本のひとつだと思います。

今回の新版で問題は若干簡単になっているような気がしますが、このあたりの感じ方は人それぞれかと思います。
大きな違いとしては解説のほうで、たとえば、もし不正解になったときにでも「あれ、なんでこの筋ではだめなの?」という疑問に的確に答えてくれているようになりました。正解手順の羅列だけでなく、読む力も鍛えられていい勉強になると思います。

全体的に初心者に、よりフォーカスを向けている感じがしますので1手詰めを一通り経験したうえで3手詰めを始めてみたい、あるいはもっと3手詰めで勉強したいと思っている人は絶好の書で、オリジナル版からただしく進化できている本ですのでぜひお試しください。

ただし5手詰め以上が普通に解ける人には簡単すぎるかと思います。話題の書ですのでとりあえず購入というのもありかと思いますがあくまでも初級者(24でいうと12-15級くらいでしょうか)向けの問題集です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
【まえがきより抜粋】

詰め将棋はもちろん、実戦で玉を詰ませようと思ったら玉を捕まえるコツである詰め手筋を
知る必要があります。
「逃げ道に捨てよ」や「危険地帯に誘え」など基本的な詰めて筋のほとんどは3手一組、
つまり三手詰だといっても過言ではありません。
それより長い5手、7手詰はその多くが三手詰の組み合わせ。まずは3手詰に取り組み、
詰手筋をマスターすることが、終盤力アップにつながるのです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

この本は一度平成17年に絶版された後に再出版の要望が多くて新版として発刊されたもので
一時期オークションなどでも本体価格の二,三倍近くの値段がついたこともありました。
新版のほうは七割以上の問題の手直し、全問の解説の差し替えをしているそうですが、
なんでも間違った手に対してもなぜ詰まないのかを初心者視点からわかりやすいように
解説をしているとのことです。
実際にこの本を解いて感じたことは冒頭の前書き通り一手詰
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
基本問題が最初に40題。その後に160題の普通の問題があります。
逃げ道に捨てよ。危険地帯に誘え。じゃま駒を消す。などの手筋が満載。

初心者なので難しかった。同じ著者で表紙が桃色の3手詰めハンドブック<2>のほうが少し解きやすい気がする。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック