3人のゴースト [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

3人のゴースト [DVD]

5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 991 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 552 (36%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 880より 中古品の出品:4¥ 910より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

人気タイトルをまとめ買い!
この商品は「DVD どれでも3枚 3,090円」キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらのリンクをご参照ください。 対象商品の一覧 へ

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 3人のゴースト [DVD]
  • +
  • 愛が微笑む時 [DVD]
総額: ¥1,982
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ビル・マーレイ, カレン・アレン, ジョン・フォーサイス, ロバート・ミッチャム
  • 監督: リチャード・ドナー
  • 形式: Color, Dolby, Mono, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日 2007/10/26
  • 時間: 101 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000V1JV3A
  • JAN: 4988113822459
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 20,516位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『16ブロック』のリチャード・ドナー監督が、『クリスマス・キャロル』を現代風にアレンジしたコメディ。視聴率を上げることしか頭にないテレビ局の鬼社長・フランクの前に、ある日3人のゴーストが現れて…。“ハッピー・ザ・ベスト!”。

内容(「Oricon」データベースより)

「クリスマスキャロル」をモチーフにしたSFXファンタジー。視聴率を上げることしか頭にないテレビ局の社長フランク。ある日、彼のもとに3人のゴーストが訪れる。ゴーストたちが現れたその目的とは何なのか。ビル・マーレイ、カレン・アレンほか出演。「ハッピー・ザ・ベスト!」対象商品。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
監督は職人リチャード・ドナーで、安定感のある画撮り、ストーリー展開です。また、キャストも往年の名優から当時の実力者(今や大御所)までが勢ぞろいで、安心して映画に集中できます。
ビル・マーレーの彼女役にカレン・アレンが出ていてビックリ!インディアナ・ジョーンズのマリオンですね!美人ではないのですが、本当に可愛らしい女優さんで、この映画にピッタリでした。
また、他の方も書いているとおり、ビルマーレーの「厭な奴エピソード」に、ストリートミュージシャンを罵倒する場面があるのですが、このミュージシャン達が帝王級の大御所でこれまたビックリ!知っている人が観たらこれもギャグですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
自分勝手な主人公が「ゴースト」に導かれ次第に人として目覚めていくお話です。
ビルマーレーだから成り立っている気もするのですがとても心温まる作品だと思います。
映画としてはよくある話ではありますが飽きずに見られる印象です。
作品半ばでストリートミュージシャン3人が出てきますが、とんでもない「大御所×3」が登場します。しかもそれを罵倒するビルマーレー……ぜひご覧下さい。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
子どもが「クリスマス・キャロル」の原作を読んだのをきっかけに、最近のディズニー作品「クリスマス・キャロル」を見せました。
これを現代風に(・・・といっても1988年作品ですが・・・)アレンジしたコメディー「3人のゴースト」と比較して見るのも面白いと思い、近所の有名レンタルショップで探したのですが、VHSもDVDも無く、仕方無いので探して購入しました。

全く予想していなかったのですが、このDVDには、なんと日本語音声がありません。字幕で見るしか無いのです・・・・。これではレンタル店に無いわけですね。

小学生の子どもは、なかなか字幕に集中して鑑賞するのは難しかったですが、大筋は理解したようです。

昨今のハリウッド作品には、道徳的なバックボーンや価値観が設定されておらず、判断を観客に投げっぱなしの作品や迫力、クールさだけがウリのものが多いですが、これは安心して家族で見られます。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
いわゆる現代版「クリスマスキャロル」ですが、ラストで毎回、泣いてしまう。

ビルマーレイはハマリ役。ラストの演技には鬼気迫るものがあり、何回見ても胸が熱くなる。

ビルマーレイもラストシーンでは感情入りまくりで涙ぐみながらの熱演。

飄々とした演技、表情が持ち味の役者さんだがこれは熱い!

「皆が信じれば奇跡は起こる 今日起これば明日も起こる!」 いや、素晴らしいです。

嫌なことがあったりしたらとりあえず観てます。

美麗なCGもどんでん返しもないけど、いい映画です。今やチープに見えてしまうがSFXも素晴らしい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
イヤな奴を演じさせたら最高のビル・マーレイ。マジでイヤなんだけど、なんかコミカルで自分の心に巣食うせこくてずるい気持ちを表現しているよう。

この作品も、アメリカ人ならクリスマスに必ず見るといわれる「素晴らしき哉、人生!」をベースにしていて、イヤな奴が、パラレルワールドを見せられることで改心するというストーリー。

ビル・マーレイが好きな人なら、まず「恋はデジャブ」、そして「知らなさすぎた男」を見ることをオススメします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画は自分が幼少の頃、地上波でホラー映画と勘違いして見たのが出会いでした。
近年DVD化されたのでもう一度見てみたのですがやはり良い。

冷酷な男が生まれ変わる…と、近年では使い古された内容かも知れませが、この映画の良いところはタイミングかなと…。
心を入れ替えた主人公がダラダラと過去を清算するのではなく、ラスト10分くらいまで嫌なヤツ…だからこそ良かった。

ビル・マーレイの意地悪そうだけど愛嬌あるキャラクターだからこそハマった作品です。
ラストのカメラに向けてビルが「毎日奇跡が起こせるなら毎日がクリスマスなんだ」と語るシーンはビル自身感情入りまくってるようです。少し涙目になってるのはきっと演技ではなく、感極まったせいではないでしょうか…。

クリスマスに家族で見る映画のお勧めナンバーワンです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー