¥3,190
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
3ステップで推論する副作用のみかた・考えかた がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


3ステップで推論する副作用のみかた・考えかた (日本語) 単行本 – 2018/8/30

5つ星のうち4.1 17個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥3,190
¥3,190 ¥2,540
お届け日: 明日 詳細を見る

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 3ステップで推論する副作用のみかた・考えかた
  • +
  • 総合診療医がケースで教える副作用を診るロジック
  • +
  • 誰も教えてくれなかった実践薬歴
総額: ¥10,010
ポイントの合計: 100pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

序文
医師や看護師、そして患者さんも,薬剤師に「これって副作用ですか?」という質問をしたことがありませんか? 薬剤師はよくされる質問の一つです。もし、質問された薬剤師が添付文書を見て、記載があったら「副作用だと思います」、記載がなかったら「副作用じゃないと思います」といった返答をしているとしたら、聞いた方はどう思うでしょうか。質問者は記載の有無ではなく、薬剤師がどう考えるか、という一つの意見を聞きたいわけですよね。でも、やっぱり副作用かどうかを考えることは、医薬品の知識を有する薬剤師であっても簡単でないことが多いのです。医薬品の特性に関する知識と、病態生理などの両側面を考える必要があるからです。本書は、この臨床で副作用を考えるということに、どのようにアプローチするかに取り組んだものです。
臨床推論のアプローチの一つとして、患者の主訴、病歴、身体所見などから鑑別すべき疾患を想起し、さらに必要な情報を得て鑑別すべき疾患を「あう・あわない」と、そのもっともらしさを検討する方法があります。副作用を疑う状況は、この鑑別すべき疾患に、医薬品に起因する疾患と、その他の疾患が含まれることになります。本書では、この副作用を疑う状況で考えるべき3つのステップで考察をしていきます。
1つ目は、被疑薬が原因であるもっともらしさを検討することです。病態生理に加え、薬剤師が得意とする医薬品の特性(薬理や薬物動態など)を加味した考察をします。
2つ目は、被疑薬以外が原因であるもっともらしさを検討することです。副作用だ! と決めつけるのではなく、他の疾患の可能性もしっかり吟味しましょう。
最後の3つ目のステップは、考えをまとめてアクションする、です。上述したとおり、副作用かどうかの判断は容易でない場合も少なくありません。実際には副作用かどうかグレーであっても、その被疑薬を中止するのか、減量するのかなどの判断が迫られます。副作用を含めた鑑別すべき疾患とそのもっともらしさを以て、自分で、もしくは仲間と悩み、判断していくわけです。決して綺麗にはおさまらない、臨床の不確かさをそのまま記述してもらえるよう、執筆陣にはお願いしました。副作用かなと思ったときに、短絡的に決めつけることなく、こうしたステップで考えることを習慣にしてしまいましょう!
本書で解説されている副作用を疑う症例は、若手から何らかの専門や認定資格をもつ人まで、実に多様な薬剤師が執筆しています。熟練した医師からみれば甘い部分もあるかもしれませんが、そこも含めて、薬剤師の思考のリアルが覗けると思います。逆に、薬剤師がここまで考える、というのを示している側面もあり、本書を読んで薬剤師を頼ってみようと思う医師や看護師が増えることを期待しています。

東京薬科大学 医療実務薬学教室
川口 崇

内容(「BOOK」データベースより)

薬の特性、病態生理、現場での対応…。薬剤師が実践している副作用へのアプローチ!

登録情報

  • 出版社 : じほう (2018/8/30)
  • 発売日 : 2018/8/30
  • 言語: : 日本語
  • 単行本 : 384ページ
  • ISBN-10 : 4840751102
  • ISBN-13 : 978-4840751100
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 17個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
17 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年12月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年5月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年10月15日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年10月24日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告