Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 994
ポイント : 99pt (9%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[大野 功二]の2Dゲームをおもしろくする技術 スタートダッシュ編 実例から解き明かすゲームメカニクス・レベルデザイン・カメラの基礎知識
Kindle App Ad

2Dゲームをおもしろくする技術 スタートダッシュ編 実例から解き明かすゲームメカニクス・レベルデザイン・カメラの基礎知識 Kindle版

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 994

紙の本の長さ: 220ページ

商品の説明

内容紹介

とっても「基本的」。

書籍『3Dゲームをおもしろくする技術』
CEDEC AWARD 2015 著述賞受賞記念。電子専売緊急刊行!

なぜプレイ中に気持ち良いと感じるのか? 
なぜ何度も繰り返し遊びたくなるのか?
なぜ友達とプレイ体験を共有したくなるのか?

ゲームを「おもしろい」と感じさせる技術を、多くの商業ゲーム開発に携わったプランナーの著者が、実際の2Dゲームの動きを例に取りあげて、ゲームをおもしろくする技術の基本を解き明かします。
『3Dゲームをおもしろくする技術』をまだお読みいただいていない方への入門書としても最適です(なお、基礎の基礎にあたるノウハウに関しては、『3Dゲームをおもしろくする技術』と重なる部分もあります)。

●目次
第1章 2Dゲームをおもしろくするプレイヤーキャラの技術
第2章 2Dゲームをおもしろくする敵キャラの技術
第3章 2Dゲームをおもしろくするレベルデザインの技術
第4章 2Dゲームをおもしろくするアタリ判定の技術
第5章 2Dゲームをおもしろくするカメラの技術

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 15055 KB
  • 紙の本の長さ: 220 ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2015/8/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00W4NAZG0
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 30,081位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
スーパーマリオ、ゼルダの伝説、メトロイド、ストリートファイター2などの名作2Dゲームを例にして、ゲームがどのようなメカニズムに基いて制作されているのかを解説している本です。

キャラクターの動作の制御、カメラの制御など、類書を読んだことがある人であればだいたい知ってるんじゃないかな、という内容ですが、まったく知識がない人が初めに読むにはいい本かもしれません。
プログラミングなど具体的な製作方法には一切触れていません。
あくまで技術的な概念を理解するための本です。

値段が安いわりに内容はきちんとしていますので、ゲーム作りの基礎知識を得るための入門書を求めているのであれば買うのもアリだと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 SG 投稿日 2015/11/15
形式: Kindle版 Amazonで購入
いざゲームを作ろうとした時、自分が考えたアイデアについては明確に意識していても、他のゲームで自然に動作するために気が付かないような要素が抜けていて不自然になるかもしれません。
そのような当たり前だけど言われないと気が付かないようなテクニックについて、引用なども入れて詳しく解説してあります。
取り上げてあるタイトルが古かったりするので若い人にはわからないゲームもあるかもしれませんが、面白かったかかそうでなかったかの個人的な感想などは書かれていません。
ただ、ノウハウは王道的2D「アクション」ゲームに限られます。
この本を読んだからといって、今スマホでヒットするようなゲームが作れるかどうかは別ですが参考にはなると思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ゲーム制作に興味ある人なら知っている無いようだったかなと思います。
とっても基本的です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ゲーム開発素人の自分にとっては目から鱗の内容でした。

この本を読むまでは、絵や音楽は学術的な基礎とセンスを組み合わせて作るもの、ゲームは工夫とアイデアだけで作るもの…というような先入観がありましたが、先人たちが築いた基礎なくして最先端のゲームは存在しえないんですね。

そしてその基礎も決して唯一の答えがある訳でなく、同じクリエイターが同じ時期に並行して開発したマリオとゼルダが細部にわたって全然違う手法を用いているという点も面白いところ。表現したい面白さの違いによって求められるシステムも違う、当たり前ですが理論立てて説明されることで改めて腑に落ちました。

美術を学べばゴッホやピカソの絵の見方が変わるように、この本を読めばマリオやゼルダ、そしてこの本では紹介されてない2Dゲームの見方も変わります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
アプリ作成に役立つかと思い購入しましたが、過去のゲームについて、面白かったかかそうでなかったかの個人的な感想が書いてあるだけで、「おもしろくする技術」など微塵も書かれていません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover