中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

29歳のクリスマス (新潮文庫) 文庫 – 1998/11

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

結婚してもいいと思っていた恋人にふられた。突然の左遷で仕事も取り上げられた。気づいたら頭には十円禿。人生で最愛の日だった29歳の誕生日。30歳までにはぜったい幸せになってやる!恋を仕事を人生を、あきらめない、投げ出さない。強がりながらいつも前向きな主人公典子を山口智子が演じて深い共感を呼んだ大ヒットドラマをもう一度。20代最後のクリスマス、あなたは誰と。


登録情報

  • 文庫: 601ページ
  • 出版社: 新潮社 (1998/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101336148
  • ISBN-13: 978-4101336145
  • 発売日: 1998/11
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 230,304位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
このドラマがリアルタイムで放送されてた頃、29歳は大人で、大人になれば迷うことも少なくなるだろうと思っていたくらい自分は幼かった。時が経って29歳になった主人公がふと、鏡の中の自分を見て、シミとかしわとか、老化の兆しに気づくとこなど「まさにそのとおり!」と思ってしまうくらいの年になり、この本を読むとバブル崩壊後すぐという時代の物語なのに、今でもそう変わりはないんじゃないか、と思うくらい主人公の典子や彩に三十路前のリアリティを感じて、共感してしまった。もっとも、主人公のように、資産家の息子に見初められるとか、そんなのはドラマでしかないと思うけれど、仕事や、恋でのそれぞれの選択肢を迷いながら、傷つきながら、納得して選んでいく姿にすがすがしさを感じた。みんな、程度の差こそあれ、そうやって年を重ねてくのだと思う。「自分の足で歩く。」簡単なようでいて難しい。誰でも、雨風よけられる傘が欲しいときもあるし、疲れたらそっと身を預けられるソファだって欲しいだろうし。甘えだってわかるけど。
それでも、頑張って生きていくこと。自分の好きな自分でいること。自分の人生を好きになれること。・・・いろいろ考えさせられる。
冒頭のココ・シャネルの言葉「自由だけど孤独、孤独だけど自由」
自由でありながら不自由を感じるこのごろだけれど、「こんな人生」なんて思わない「自分の気に入る人生」を歩みたいなぁ、と思った。
読後、さわやかな気分。三十路前の人はどこかで共感する部分があるはず。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mocomoco 投稿日 2008/12/8
形式: 文庫
私が29歳のクリスマスを知ったのはまだ14歳の頃でした。29歳なんてまだまだ遠いもので、その頃は仕事・恋愛・人生なんて考える事もなかったけど、いざ自分が27歳になった今、かなりリアリティがあるし、恋愛や人生、仕事など、自分らしく生きたい方にぜひお勧めです。10年以上前の恋愛話や、人生観なんて古いなんて考えてる方、一度は読んでみては?いつの時代もみんな自分に強くいたいし、自分の人生に誇りをもって生きたいもの。
ちなみに、94年に山口智子、松下由樹、柳葉敏郎らが出演していたドラマは、DVD化できないようなので再放送を気長に待つより本で楽しんでみてください。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
1994年に放送されたドラマのノベライズ。

意地と根性で恋に仕事に、そして友情にぶつかっていくこの3人の姿は、ドラマ放送から15年経った今でも、
たくさんの共感を得ることと思います。

DVD化も出来ず、唯一の文庫までなぜ絶版にしたのだろう・・・そんなに売れてなかったのかなぁ。
名作なのに・・・。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
再放送で見たのですが、、うーん、タバコのシーンやたら多いなぁ。。今だと街でも誰も吸わないのに、こんなにテレビにタバコをうつすんかい?
あとは、くるまのエンジンの音がブルンブルンうるさいなぁと。。。(^_^;)
これは本当に流行ってたのだろうか? 臭いセリフのオンパレードというよりも、さむいセリフの連続ではないか?今ああゆう言葉をいうと、シーンとしてしまうし、共感ができない。 ま、でも、バブルの価値観を知るためには、いいのかなと期待したかった。
現在は、みんな必死に生きてる時代だから、 平和だったんでしょうね。。そして、甘い言葉を連呼していて、ほかに話すことや悩みがない時代だったのかな? バブル世代おそるべし。。。うらやましいね。。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック