¥ 1,728
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

25年目の「ただいま」 単行本(ソフトカバー) – 2015/9/18

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2015/9/18
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 2,356

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 25年目の「ただいま」
  • +
  • いのちの車窓から
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 39pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

5歳の時、兄とはぐれて迷子なったサルー。彼は運よくオーストラリア人夫妻の元へ養子にいき、幸せな暮らしを送っていた。しかし、彼はインドの家族を忘れたわけではなかった。立派な青年へと成長した彼は、わずかな記憶を頼りに、自分の故郷を探すためグーグル・アースという「地図の旅」をはじめた――
25年の歳月と1万キロの距離を超えて彼は家族と再会を果たすことができるのか?

内容(「BOOK」データベースより)

5歳の時、兄とはぐれて迷子になったサルー。彼は運よくオーストラリア人夫妻の元へ養子にいき、幸せな暮らしを送っていた。しかし、彼はインドの家族を忘れたわけではなかった。立派な青年へと成長した彼は、わずかな記憶を頼りに、自分の故郷を探すためグーグル・アースという「地図の旅」をはじめた―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 292ページ
  • 出版社: 静山社; 初版 (2015/9/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863893140
  • ISBN-13: 978-4863893146
  • 発売日: 2015/9/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,963位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
嘘のような本当のお話が、丁寧な日本語で臨場感たっぷりに語られていきます。選び抜かれて魂を宿した言葉一つ一つが、程よいテンポで物語を展開していくため、翻訳書であることを感じさせません。やめられなくなります。行ったことも見たこともない場所や登場人物の様子が、スクリーンに映し出されるような視覚効果を持ち、色彩や温度までも感じられるほど主人公に同化できです。自然で易しい表現ながらも、少しだけジャーナリスティックな雰囲気の文章が、ドキュメンタリー感を盛り上げています。主人公の強運、様々な人間模様、人の温かさ、目に見えない力、そしてグーグル・アースという現代ならではの文明の利器が一体となって紡ぎだされる奇跡の物語は、まさにタイムリー。この幸せな物語をぜひ皆さんも共有なさってください。”一念岩をも通す”、”事実は小説よりも奇なり”、を強く実感できます。
この作品は映画化され、アメリカとオーストラリアで公開、ついに日本でも2017年4月公開決定。gagaのサイトで予告編が見られます。タイトルは『LION/ライオン ~25年目のただいま~』。アカデミー賞6部門ノミネート!
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
観ようと思った映画の原作で、先に読んでみたら素晴らしかった。
インドの貧しい5歳の少年がカルカッタで迷子になり、オーストラリア人夫婦の養子になって成人後、グーグルアースで幼時の記憶をたどり、故郷で四半世紀ぶりに生母に会う。著者の体験に基づく感動的な話だ。読後、読者の心に残るものがあると思う。

インドでの幼年期の空腹を抱えた貧しい生活、カルカッタで数週間ストリートで一人生き延びる日々の描写は心に迫る。街の匂いや埃までが感じられる。主人公が幼いながらに注意深く、警戒しつつも生きるためのチャンスを見極めようとする眼差しが印象的で、今すべきことは何かを考え抜く集中力に感服した。

巻頭にグーグルアースでの故郷の写真、生母との再会の写真、養親の写真等が掲げられているので、読者は具体的なイメージを持って読み進んでいける。それにしても、グーグルがそのような幸いに寄与する時代を思わずにはいられなかった。再会時のインドの母が、質素な暮らしながら携帯電話を取り出し主人公の帰還を連絡するのも印象的だった。

この書は再会で終わるのでなく、その後に全体の4分の1のページがあてられている。再会は物語の終わりではなく始まりだったと著者は言う。著者はインドとオーストラリアの2国に家族を持ち、今はインドの孤児院経営や養子縁組組織にかかわってい
...続きを読む ›
1 コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告