¥ 1,620
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
25人に1人の店長しか気づいていないお客様の集め方... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

25人に1人の店長しか気づいていないお客様の集め方・増やし方 単行本 – 2014/9/17

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 2,300

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 25人に1人の店長しか気づいていないお客様の集め方・増やし方
  • +
  • 「これからもあなたと働きたい」と言われる店長がしているシンプルな習慣 (DO BOOKS)
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

お客はもっと増やせます
一度来たら、「忘れられない店」になることで


25人に1人の店長だけが気づいているお客様の集め方・増やし方がある――。
本書では、中小の飲食店を専門に指導する著者が気づいた一部の繁盛店だけが取り組んでいる
「商圏内の特定の来店動機で一番になる自店のブランド化」と「DM活用法」の2つを中心に、
無理せず繁盛店を目指す方法を紹介します。
さらにお店が陥りがちな集客の失敗例と、その打開策を40ページにわたり、マンガで紹介。
読みやすくて、分かりやすい一冊です

内容(「BOOK」データベースより)

「自分らしい店」を作り、商売を楽しみましょう。そのカギとなるのが、本書で紹介する「自店のブランド化」と「DM戦略」です。読みやすいマンガも掲載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2014/9/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822273369
  • ISBN-13: 978-4822273361
  • 発売日: 2014/9/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 42,248位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
著者とは知り合いということで購入しました。
ただ、そういった背景を差し置いても、十分に価値のある一冊と感じました。

お店に来てもらわなくては売上が生まれない飲食店経営においては、
非常に重要なのは「リピート=再来店」による売上です。
「一度行けばそれでOK」といった店は、よほどの人口密集地でなければ成り立ちません。

ただ、多くの飲食店は、このリピートによる売上を増やす意識がまだまだ薄いように思います。
この理由はハッキリしていて、
なぜなら、そもそも飲食店は、味のみによる差別化を図れる商売だからです。

お客様の脳裏に強く「味の記憶」を刻むことができれば、リピート売上は自動的に増えます。
この「飲食店の原理原則」は、おそらくこれからも変わりません。

しかし、数々の店、多種多様な味、そして爆発的に情報が増える昨今においては、
この「味のみによる差別化」が難しくなっています。

競争が激しくなる中で、どの店も「そこそこ美味しく」になったからです。

では、そんな中で今後、他店を差し置いて自店が選ばれ、リピートされるためには何をすべきなのか?
そのヒントが、本書には数多く含まれているよ
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
主に飲食店における顧客の再来店率アップのための考え方・方策をまとめた本です。

実際の成功例も多く掲載されていて、具体的でわかりやすい作りになっています。

私は飲食店以外の店舗営業を行っていますが、それでも参考になる点が多々ありました。

店舗での一般顧客相手の商売をされている方におススメの一冊です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
個人店またはそれに類する店舗の店長以上を対象に、自店をブランド化する方法をその分析方法を含め平易に解説。
中身のない空中戦のようなビジネス書が多い中で、単純明快に何を具体的にに実行すべきかを示唆した内容は、
ヘタなコンサルに頼むより本書を読んだ方がよいと思わせてくれた久々の良書。
何度もいいますが個人店の経営者またはそれに類する店舗の店長以上にオススメします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック