24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DV... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,850
通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DVDコレクターズ・ボックス

5つ星のうち 4.2 91件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 25,920
価格: ¥ 2,765 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 23,155 (89%)
残り5点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、激安CD DVDアウトレット専門店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 日本中が熱狂したドラマの歴史が幕を閉じる。ジャック・バウアーの全力疾走を振り返れ! 『24-TWENTY FOUR-』特集ページ

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DVDコレクターズ・ボックス
  • +
  • 24 -TWENTY FOUR- シーズン4 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
  • +
  • 24 -TWENTY FOUR- シーズン6 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
総額: ¥7,521
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: キーファー・サザーランド, キム・レイヴァー, マリー・リン・ラジスカブ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 13
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2006/11/24
  • 時間: 1056 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 91件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000GBESQA
  • JAN: 4988142400222
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 44,067位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

シリーズ最高傑作!
Everything will change in the first 10 minutes.
最初の10分間ですべてが変わる。

<キャスト&スタッフ>
製作総指揮:ジョエル・サーノウ、ロバート・コクラン
●字幕翻訳:林 完治 ●吹替翻訳:木村 純子

<収録エピソード>
Disc-1~12 各巻2話収録(計24話収録) ※Disc-13は特典ディスク
【Disc-1】 「 7:00」 「 8:00」
【Disc-2】 「 9:00」 「10:00」
【Disc-3】 「11:00」 「12:00」
【Disc-4】 「13:00」 「14:00」
【Disc-5】 「15:00」 「16:00」
【Disc-6】 「17:00」 「18:00」
【Disc-7】 「19:00」 「20:00」
【Disc-8】 「21:00」 「22:00」
【Disc-9】 「23:00」 「24:00」
【Disc-10】 「 1:00」 「 2:00」
【Disc-11】 「 3:00」 「 4:00」
【Disc-12】 「 5:00」 「 6:00」

<ポイント>
●シリーズ最大の衝撃を冒頭の10分間に凝縮! シーズン1しか見てないという方でも楽しめる、新展開のストーリー。今回のジャックは愛国心では動かない! 完全に個人の感情に支配されたジャック、新しいCTUとの関係は? そして、キムとの親子関係の行方は……?

<特典>
【Disc-1】<7:00>キーファー・サザーランド(ジャック役)とジョン・カサー(監督・製作)による音声解説、ジョン・カサー(監督・製作)とハワード・ゴードン(脚本・製作)による音声解説
【Disc-2】<10:00>マイケル・ロセフ(共同製作)とジョエル・サーナウ(製作総指揮)による音声解説
【Disc-3】<12:00>デイビッド・フューリー(脚本)とジョン・アレン・ネルソン(カミングス役)による音声解説
【Disc-4】<14:00>エヴァン・カッツ(製作総指揮)とブラッド・ターナー(監督・製作)による音声解説
【Disc-5】<15:00>ティム・イアコファーノ(監督)とジュリアン・サンズ(ビエルコ役)による音声解説 <16:00>ジーン・スマート(マーサ役)とグレゴリー・イッツェン(ローガン大統領役)による音声解説
【Disc-6】<17:00>マット・ミクノヴェッツ(脚本編集)とダッピー・デミトリアス(脚本編集)、ニコール・ラナディヴェ(脚本)による音声解説
【Disc-8】<21:00>ジョン・カサー(監督・製作)とジョセフ・ホッジス(プロダクション・デザイナー)による音声解説
【Disc-9】<24:00>ハワード・ゴードン(脚本・製作)とメアリー=リン・ライスカブ(クロエ役)による音声解説
【Disc-11】<3:00>マニー・コト(共同製作・脚本)とジュード・チコレッラ(ノビック役)による音声解説
【Disc-12】<6:00>ロバート・コクラン(製作総指揮・脚本)とグレゴリー・イッツェン(ローガン大統領役)による音声解説
【Disc-13】(特典ディスク)
●未公開シーン集 計23種 (スティーブン・クロニッシュ(共同製作)とスコット・パウエル(編集)による音声解説付き)
●脇を固める俳優たち
●影のヒーロー:「24」撮影班
●ショーン・キャラリーによる音楽
●ローガン大統領の別荘
●100回記念:これまでの「24」

Amazonレビュー

   これまでで最も出来の良いシリーズと言うと議論の余地があるところだが、『24』第5シーズンは文字通りバーンという音に始まり、中央アジアのオイル供給操作を企む重役レベルの複雑な陰謀を追って、その緊張感が持続する。一連の策略、予想外の展開、深く秘められた陰謀計画がエスカレートする中で、危機に次ぐ危機に見舞われながら、チャールズ・ローガン大統領(グレゴリー・イッツェン)が今しもサインしつつある米露協定の阻止を要求し、致死性の神経ガスをロサンゼルスに撒くと威嚇するロシアの分離主義者(英国人俳優ジュリアン・サンズ)率いる革新派グループと不興を被った前CTUエージェント(ピーター・ウェラー)が関わる悲惨な政治的暗殺を起点として、丸1日にわたる試練が始まる。ローガンの情緒不安定な妻マーサ(ジーン・スマート)、諜報部エージェントのアーロン・ピアス(グレン・モーシャワー)そして職員チーフのマイク・ノヴィック(ジュード・チッコレラ)が徐々に陰謀を明らかにし、CTUの一匹狼ジャック・バウアー(シリーズ主演のキーファー・サザーランド)が自主的な流浪生活から立ち戻ってCTUの同僚に助力、事の真相を暴くため命を賭した闘いに乗り出す。一方、CTUチーフのビル・ブキャナン(ジェームス・モリソン)は、経験不足で横柄な上司(ショーン・アスティン)に横槍を入れられ、また国土防衛庁チーフのカレン・ヘイズ(ジェイン・アトキンソン)がリードするCTU管理職交替のため、バウアーと忠実なるCTUメンバー達は殺害された友やリーダーを追悼し潜行状態で独自に動くことを余儀なくされる。他の出演者には、CTU実習生で非凡なハッカーくずれのクロエ・オブライエン(メアリー・リン・ライスカブによる完璧な演技)、バウアーとは疎遠になっている娘(エリーシャ・カスバート)そして最愛の同僚オードリー・レインズ(キム・レイヴァー)がいる。

   戒厳令と、その名もわからず謎に包まれた陰謀組織を軸として、この「5日目」では数名の重要なキャラクターを含む死者の多さに24ファンもショックを受けるだろう。それら要素の積み重なりが、ひときわ優れた本シーズンを造り上げ、サザーランドはエミー賞(ドラマシリーズ部門主演男優賞)を獲得、同様にエミー賞にはイッツェンとシャープがノミネートされ、また本シーズン初回の監督にあたった共同プロデューサーのジョン・カサーにも監督賞が贈られた。また『24』の息をのむような展開は、常にその張りつめた精度を維持できるとは限らないのだが、今回の24エピソード(各43分ほど)は非常に緻密に書かれており、スリラー構成と、組織およびローガン大統領とトラウマに悩むその妻の悲劇にドラマチックな焦点を当てることに重点をおいて、完璧な仕上がりとなっている。そして、その結果として我々はシーズン6を待ち焦がれることになるのだ。(Jeff Shannon, Amazon.com)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 tad VINE メンバー 投稿日 2006/10/23
形式: DVD Amazonで購入
作品の内容についてはなにも言うことはないのですが、なんでこんなに高い値段でセル版をだすのかがわかりません。米国ではセル版はばら売りはせず、最初からハンディボックスのみで(一巻に4話ないし3話入り)、しかも実売価格は日本の4分の1程度。字幕と吹き替えのコストを考えても高すぎます。レンタルと同じケースに入れたままの大きな箱は狭い日本の住宅事情を考えると非常識だし、特にブックレット等が付いているわけでもないし、dts音声等を追加しているわけでもない。あげくに、次のシーズンが発売になるころに改めてハンディボックスなるものを出す、こんな消費者をばかにした商売をいつまでも続けていられるような鎖国的体質はいつになったらなくなるのか。
コメント 281人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
今回も次々に問題が現れますが、今回はかなり順調に、淡々と問題が解決されていきます。

その証拠に、ジャックが“Damn it”と叫ぶシーンが少ない。記憶している限りではわずかに二度です。かわりに(?)オードリーが可愛らしく“Damn it”と言ってくれたりするけれど、そんなのじゃ萌えない。

また、同時進行、という感じがあまりしません。

ジャックの問題が解決しました。じゃ次、大統領行ってみましょうか。大統領の問題が解決したら、CTU行きます。みたいな感じ。「え〜っ、どうなっちゃうんだよ」とあまり感じられないのです。

しかし、これだけ不満を並べても、五つ星。

「season5」を視聴後、「プリズンブレイク」と「エイリアス」を続けて観ました。なんだかんだ言っても「24」はおもしろさがアタマひとつ抜けています。

現状では、「24」の比較対象は、おなじ「24」の他のシーズンしかないように思います。

ちなみに、ローガン大統領役の役者は最高です。鳥肌ものの演技です。あのダメっぷり、恐れ入ります。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
日本で大人気の海外ドラマ「TWENTY FOUR」の第5シーズン。内容については皆さんご存じだと思います。なかなか面白い作品です。全米TVドラマ視聴率も上がってきてますし。(現在TVドラマ全体で13位)しかし価格、ディスク仕様には不満たっぷりです。ディスクですが7枚組の米国版に対し13枚組の国内版。こうすることで自然にボックスがでかくなり、価格もばかみたいに高い設定になってます。DVDはディスク枚数ではなく、収録時間で価格を設定してほしいです。利益を得たいのはわかりますが、もう少し消費者のことを考えてほしいです。
コメント 82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
先日、シーズン6の予告を見ました。
衝撃的な姿で登場するジャック。
あの人がなんと大統領!?
ど派手な爆破シーン
そしておなじみジャックの拷問シーンetc・・・
思わず早く続きを見させてくれ〜と思ってしまう内容だった。

今回は主要メンバーの死、展開の意外性、黒幕の正体、緊迫感、そのどれもがシリーズ最高の出来だった。
ラスト前2話は水増し感が否めないが、それでも他の作品よりも全然面白い!

特に今回嬉しかったのは、意外ともいえる人物たちの活躍である。
CTUが今まで以上の緊急事態に連続して見舞われるため、これまでのようなチームワークはあまり期待できないが、その代わりにホワイトハウスの3人の人間が大活躍!
1人はこれまで全シリーズに登場していながら、とにかく影の薄かったシークレットサービスのアーロン・ピアース捜査官。
今回はラブシーンあり、激しい銃撃戦ありで、ある意味ジャックより最強かも(笑)
2人目は、シーズン2で解雇されながら、4でちゃっかり現役復帰の大統領首席補佐官マイク・ノビック。
最初から最後までジャックを信じ全面協力する姿に、あの時の謀反は何だったのか?という思いも・・・
そして3人目はウェイン・パーマー。
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「『24』を超えた!」という宣伝文句が氾濫しているが、今だかつて納得させるTVドラマ作品にはお目にかかっていない。引き合いに出されるのは、それほど『24』が突出しているという事であり、今回がシーズン最高傑作か否かはともかく、十分楽しませてくれたことに変わりは無い。

このシリーズは、やはりシーズン1から続けて観ることをお勧めしたい。もっとも、5作目ともなると主人公の行動パターン、物語の組み立て等、読めてしまう部分はある。そして、毎回その想像を超えたところにある驚きが、この作品が観るものを惹き付けて止まない最大の魅力になっているのだろう。

今回登場の意外な黒幕。これまでの性格付け、行動から分析してもあり得ないと思えるが、あり得ないことが起きるのが『24』。終わり良ければ.......です。

悲しい出来事もたくさん起きるけれど、心強い仲間の協力を得て、ジャックの暴走は止まらない。次回は何処へ? 物語の舞台はLAから離れられないようなので、そう遠くへは行くとは思えないが、早く続きが観たいと思わせる終わり方は毎回巧い。

回を追うごとに存在感が増すクロエ。来シーズンも大活躍を期待してま〜す。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す