Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 250
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[けいろー]の23歳ゆとり、1年半で会社を辞めました: 新卒入社から3年以内の退職を考える
Kindle App Ad

23歳ゆとり、1年半で会社を辞めました: 新卒入社から3年以内の退職を考える Kindle版

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 250

商品の説明

内容紹介

「とりあえず3年は辞めるべきではない」

就職活動の場で、入社した先の企業で、何度も耳にしたこの主張。
ですが実際のところ、本当に「3年」という基準は妥当なものなのでしょうか?
大学を卒業し、それから3年間は何があってもひたすら耐え忍び、自分を殺してまで続けるべきなのでしょうか?

私も入社当時はまったく疑問を覚えることもなく、この「3年」という数字を目標に働く日々を送っておりました。――しかし、結局は耐え切れずに1年半で退職し、23歳のときに無職になった人間です。

本書は、平成元年生まれの「ゆとり世代」ど真ん中である著者が、ブログに記してきた「働く」ことに関する文章を再構成し、一冊の本としてまとめたものとなります。

「今すぐに辞めちまえ!」とか「とりあえず3年は我慢!」とか、一面的に断言するつもりはありません。
むしろ、会社を辞めようかどうしようか悩んだときに参考にできそうな、いくつかの考え方を示すような切り口で書き上げたつもりです。

主に同世代の、自分と同じように「新卒三年以内」で退職を考え、悩んでいる人たちに寄り添える内容となっていれば幸いです。

目次

1.「辞めたい」の理由を考える
  妥協点を考えるための3要素「金」「人」「やりがい」
  「辞めたい」けれど、前向きな理由がない場合
  在職中から選択肢を増やすためには

2.思考停止のマジックワード〜「とりあえず三年」「社会人はかくあるべし」
  「社会人」ってなに? 無職は「社会人」じゃないの?
  「これだからゆとり世代は」とは言うけれど
  「とりあえず三年間」は正しいの?

3.「やりたいこと」の見つけ方と、退職の準備
  「やりたいこと」へ向けた準備をする
  自己分析によって「やりたいこと」を考える
  現時点での「最新版の自分」を把握する
  会社の辞め方と、辞めるタイミング

4.「レール」を飛び降りた先に見えたもの
  入社した会社はブラック企業?
  病気で寝込み、我に返った
  身体の変化と、将来の展望と、退職と
  退職の相談と転職活動
  無職の日常、ネットを介した出会い、独立

5.「働く」を再考するためのブックガイド

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2299 KB
  • 紙の本の長さ: 57 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B012XDOYTE
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 57,913位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
私は看護師で新卒の病院がかなり今思えばブラックでした。著者がおっしゃっているように、逃げるが勝ちです。本当に。おまけに精神も病みました。
病めば社会復帰にはかなり時間がかかります。確かに大きい病院に行けばいくほど、やりがいある。しかし、今から30年以上働くなれば、どこの病院いっても同じ給与だしな
もう二度と身体壊したくないしな…
後、読んでてみんな同じ悩みを抱えていて安心しました。
一時間でさくさく読めて面白かったです。
筆者のすごいと思ったところは、ブログを通していろんな人に出会えていて行動に起こしていること。
働くことに疑問を持った人にオススメです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
ブログを見かけ、年代が似ているので気になって読みました。色々な状況があるんですね、また本になる事を期待。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この本の著者が自分と同じ世代だからこそ
納得できる内容ではあったのではないでしょうか。

きっと"団塊世代"と言われる方々では
到底理解し得ない内容になっているのでは
ないでしょうか。

何故なら今と昔の経済状況は大きく変化して
稼ぎ方も多様化してきている現代だからですね。

きっとその時代毎に彼らの"普通"は
変わってきて"今の普通"は彼らにとっては
理解し得ないモノになってきていると
感じるからです。

本書を読んで感じることは
誰しもにとっての"普通"は
あり得ないってこと。

だから多様な生き方があって構わない。
人生の終着点は会社に縛られることではない。
色んな稼ぎ方があって構わないんじゃないか。

そう強く思わせてくれる本でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover