サンプルを聴く
再生中...
読み込み中...
一時停止

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考 Audible版 – 完全版

5つ星のうち4.1 26個の評価

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
Audible版, 完全版
¥0
Audible会員 - 無料体験
単行本 ¥2,640 ¥2,264
Audiobook Image
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考
ユヴァル・ノア・ハラリ (著), 柴田 裕之 (著), 家中 宏 (ナレーション)
無料体験終了後は月額1,500円。いつでも退会可能。
  • 会員プラン初回登録時は30日間無料。以降は月額1,500円。
  • 購入したタイトルは退会後もずっとあなたのもの。

Audibleが販売・配信します。
AudibleはAmazonの関連会社です。


おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける

登録情報

  • Audible版
  • 再生時間: 15 時間  4 分
  • プログラムタイプ:オーディオブック
  • バージョン: 完全版
  • 制作: Audible Studios
  • Audible 配信日: 2019/11/19
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ASIN: B081DKJ8TH
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
待望の翻訳が発売されました。

本書は、著者のベストセラー作、サピエンス全史とホモ・デウスの出版後の雑誌記事を再編集するなどして制作されており、前二作から派生したものですが、今日の具体的な課題に回答を試みることで新鮮さに満ちた作品に仕上がっています。

たとえば、著者は、前二作で触れなかった、AI時代の教育にも第十九章「教育」で触れています。その分析は日本の教育の専門家の一般向けの著作よりはるかに鋭いと思います。

具体的には、著者は本書で、”21 Century Skills(21世紀のスキル)”(Bernie Trilling, Charles Fadel著)や"The New Education(新しい教育)"’ Cathy N. Davidson著) などの書物を紹介し、AI時代には、Cではじまる4つのスキル、すなわち論理的で批判的な思考、コミュニケーション、協力、創造力 (The Four Cs : critical thinking, communication, collaboration, and creativity) が大事であり、変化に対応し、新しいことを覚え、未知の環境でも心の平安を保てることが必要であり、 新しいアイディアや商品を創造するのみならず自分自身こそを再創造していく必要がある現実を受け入
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
サピエンス全史、ホモ・デウスと2冊連続でベストセラーを放ったハラリ先生。
ビル・ゲイツを始め、多くの著名人が絶賛し、日本でも多くのインフルエンサーが褒めそやしてます。
特に、ビジネスでバリバリやってる/やりたい人に人気の作家です。

僕も仕事で成功したいし、頭いいと思われたいので前2作読みましたし、面白いと思いました。
ハラリ先生、SUGEEEE、って。
だから、Amazonでこの『21 LESSONS』も予約してワクワクました。

そんな時に、たまたま読んでいた佐藤優さんと副島隆彦さんの著書で、少しだけハラリ先生の話題が出てました。
衝撃でした。
当然、褒めていると思って読み進めると、批判的なんです。これは佐藤さん達の記述ではなくて、私が読んで受けた印象ですが、対等な相手として捉えてない批判の仕方に感じました。

「全部冗談」、「遊びで書いている」、「本当に馬鹿みたいで面白い」

って書いてます。ハラリ先生を学術ワールドの超新星、くらいに考えていた私はびっくりしてちびりました。(私は、副島さんはあまり知りませんが、佐藤さんの著書は10冊くらい読んで尊敬バイアスかかってます)

で、タイミング的にちょうど良かったので、ハラリ
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2019/11/23
形式: 単行本 Amazonで購入
本書では、ある1つのテーマが貫かれている。

それは、AIとバイオテクノロジーの進歩という
破壊的な技術革新への脅威である。

その影響は、
雇用市場が大きく変わる
計画経済や独裁的な政府が民主主義国に対して
技術的優位に立ってしまう
などといった形で現れてくる。

破壊的な技術革新がいかに広範囲に影響を及ぼすか、
とても詳しく書かれている。

なお、著者は本書の日本語訳が出版されるのに先立ち、
朝日新聞のインタビューに応えている。
それは2019年9月21日(土)の朝刊に掲載されている。

本書のエッセンスが詰められており、
本書を深く理解する上で、大いに参考になると思われる。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2019/11/26
形式: 単行本 Amazonで購入
「サピエンス全史」が過去、「ホモデ」が未来を語っているとしたら、これは現代を公平に、賢く生き抜くための本。
アラニスモリセットやらブリトニースピアーズやら、例に出てくる有名人、固有名詞が日本人にも分かりやすく、想像しやすい。

ただ、訳に「とはいえ」という接続詞を多用しているのが気になる!
(すみません自分はこういう繰り返しが沢山あるとイライラしてしまうタイプです。)
おそらく"however"を淡々と「とはいえ」に置き換えているのだと思いますが、「だが」「しかし」「それでも」などと訳したほうが自然な場合もあるし、適度にバラしたほうが日本語の文章としてのバランスもいいでしょう…
良書なのにその点だけが残念。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー