通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫) 文庫 – 2004/11

5つ星のうち 3.8 33件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 669
¥ 669 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)
  • +
  • 民間防衛―あらゆる危険から身をまもる
総額: ¥2,289
ポイントの合計: 71pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

この一冊があなたの生命と財産を守る!
NY9・11テロを予見した話題の書、待望の文庫化。自然災害から犯罪まで、日常に潜むオールクライシスに対処するマニュアルを完全網羅。この一冊があなたの生命と財産をすべての危機から守る!

内容(「BOOK」データベースより)

この一冊があなたの生命と財産を守る!台風、地震、噴火などの天災。熊、猿などの動物被害。全てを焼き尽くす火災。マラリア、エボラ出血熱などの伝染病と風土病。航空機事故、鉄道事故、海難事故。強盗、通り魔、ストーカーなどの犯罪。カード詐欺、ネット詐欺。さらには各種テロ、核・化学兵器攻撃―あらゆる危機への対処法を伝授する究極のマニュアルが、待望のハンディーサイズで登場。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 355ページ
  • 出版社: 集英社 (2004/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087477614
  • ISBN-13: 978-4087477610
  • 発売日: 2004/11
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 35,816位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
防災の本が読みたかったので買いました。全355Pの中で105P分だけ興味がありました。
本当の生き残り術っぽい護身本で現代の日本で役立つ事は壮大過ぎてあまりありませんでしたが、
読み物としてはそこそこ面白かったです(笑)
私が個人的に役に立ったのは、マグライトが良いと言う事と、野犬に襲われたら鼻先を狙って蹴る事。
読んでいたらスナイパーにでもなったような気持になる・・・。
しかし、年寄りの面白話を聞いて自分に役立つ事を脳の隅っこにインプットする的な感じだと
最初から解って読むなら面白い本だと思います。
現に私は女性ですが、何度も見て暇つぶしをしています(笑)
本当に欲しかったサバイバルの本は、地震や災害の時に役立つ防災本なので、別の本を探します。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「サバイバル・バイブル」は全面改訂があるため過去の版も貴重な資料であると思う。新旧の版の中でも本書は「秀逸」である。

著者自身の経験から著しているため、類書は存在しえないといっていいくらいにハードであるが、語り口はさわやかでユーモア(ブラックユーモアか)もちりばめられてある。最後まで飽きさせないで読ませてくれる。繰り返し読める本でもある。

公的機関は大惨事から身近な惨事まで含めて「初動において」一般人を助けられない。結局は自己の力を頼みとするしかない。こうした超リアルな現実を考える手助けとなる。常備したい本と思う。
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私はかつて柘植久慶氏の(小説以外の)著作に衝撃を受け、
頭に叩き込もうと熟読したりサバイバル・グッズを収集したりしていた。

しかし阪神・淡路大震災によってサバイバルの定義が一変するのを
目の当たりにし、自分を深く恥じると同時に氏の主張に疑問を抱いた。
大災害の中にあって多くの人々が、助け合うことによって生き延びたのだ。
それ以降に起きた国内外の大災害においても同じだった。
それによって明らかになったことは、無人島や戦場ならいざ知らず
一般市民に必要なのは「手に手を取り合って皆で生き残るノウハウ」だ、ということ。
一方で氏が説くのは根本的に「自分(と家族)だけが生き残るノウハウ」であり
(事実『あなただけが生き残る方法』というサバイバル本も書いている)、
この点の大きなずれに私は疑問を抱いたのだ。
極論すれば阪神・淡路や新潟クラスの大地震、あるいは
インドネシア級の大津波の前では個人の備えなど吹き飛んでしまう。

また、犯罪への対抗手段は深く考えられていると思うが、
日本は正当防衛が成立しにくいと聞いている。それが正しければ
この本の記述をそのまま実行するのは社会的に危険かもしれない。
生物兵器や核兵器に
...続きを読む ›
2 コメント 216人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
災害、事故、はたまた金融トラブルや犯罪まで、いろんなことからのサバイバルが書かれてます。
正直「これはどーなんよ?」と思うようなこともありますが、だからこその本書のような気もします。災害、犯罪問わずに「自分は会うはずない」と思ってるとこにくるもんです。
一見突拍子もないようなことでも、読むと細かく近代的に解釈してあり、ありえるかどうかは別として、とても理解しやすい。実践できるかどうかはまったく別ですが。
とにかく、命を脅かすあらゆる状況からの対処、の本ですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
初版本から読み最低限の災害用品と備蓄物品は本書に基づき用意していた。東日本大震災には新橋のオフィスビル8階で遭遇した。整然と帰宅の途に着く人の流れ。道路の大渋滞。都内では道路、電灯も残っていたからこそ人々が落ち着いて行動していた。そのような中でも歩道を自転車で駆け抜ける、道路を平然と歩く危険な行動をとる輩が大勢いた。もし道路が破壊、電灯も途切れていたらパニックが起きたであろうことが想像される。自宅の千葉まで歩行と自転車で戻れたが、その後、本書を再読し「備え」を整えた。本書は参考になる。また新たな版を重ねるであろう。今回の震災を踏まえて最新刊が出版されることを強く期待している。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私は西日本に住んでいるので、被災はしていないが、仙台に友達がいる。その友達の住居と勤務地はどちらかと言えば、
山側で高地であったため、元気であった。しかし、数か月後、一緒に旅行したとき、現実の被災生活を聞いて私は驚いた。
被災状況など遠くから情報を得ていても、被災に関する認識は想像の域から出ていなかったのだ。
そう思ったとき、地震対策として用意していた防災グッズがお粗末な内容であったことに気付かされた。
もう一度、防災準備のやり直しだと思って手に取ったのが、この本である。

まず私はこの種の本は初めて読むので、サバイバル関連書の程度については触れない。
主観的ではあるが、良い点と良くない点を書いてみようと思う。
本に載ってある著者の経歴は、どのような経験で書かれているのかについて参考になるので、抜粋しておく。

[著者経歴]
柘植久慶(つげ ひさよし)1942年、愛知県生まれ。
慶應義塾大学卒業。フランス外人部隊として、コンゴ動乱、アルジェリア戦に参加。
インドシナで対ゲリラ戦を戦い、作家デビュー。
以後、ノンフィクション、冒険小説、歴史小説などの幅広い作品で活躍中。

[良い点]
・平和慣れした我々日本人は防災グ
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック