通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
21世紀の資本 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2015年1月8日第6刷発行 帯付き・中古書として書込もなく良好です。淡いヨレあり。 カバー・小口・本文に薄いヤケ・汚れ・傷みがありますが本文中古本として概ね通読良好です。 日本郵便「レターパック」にて2日(日・祭日は除く)以内で大阪より発送させていただきます。 丁寧で気持ちのいいお取引に努めさせていただきます。 検品は慎重にさせていただいてますが、もしお届けさせていただいた商品に支障がございましたら、「Amazonメール」にてお知らせいただければ誠に幸いです。 誠意を持ってご対応・対処させていただきます。よろしくお願い致します。 尚、「領収書」が必要な場合は、商品発送ご連絡後に「お客様アカウント・注文履歴」から印刷できます。くわしくは、「領収書・ヘルプページ」をご確認ください。 <「領収書」は「商品代金+配送料(消費税・アマゾン手数料等を含む)」を実際請求・集金するAmazon.co.jpが発行致します。>
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

21世紀の資本 単行本 – 2014/12/9

5つ星のうち 4.1 140件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,940
¥ 5,429 ¥ 2,457

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 21世紀の資本
  • +
  • 21世紀の不平等
総額: ¥9,828
ポイントの合計: 296pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

r>g

≪資本収益率が産出と所得の成長率を上回るとき、
資本主義は自動的に、
恣意的で持続不可能な格差を生み出す≫

格差は長期的にはどのように変化してきたのか? 資本の蓄積と分
配は何によって決定づけられているのか? 所得格差と経済成長は
、今後どうなるのか? 18世紀にまでさかのぼる詳細なデータと、
明晰な理論によって、これらの重要問題を解き明かす。格差をめぐ
る議論に大変革をもたらしつつある、世界的ベストセラー。


「本年で、いや、この10年で、最も重要な経済学書になると言って
も過言ではない」ポール・クルーグマン(プリンストン大学教授)

「地球規模の経済的、社会的変化を扱った画期的著作だ」エマニュ
エル・トッド(フランス国立人口統計学研究所)

「時宜にかなった重要書だ」ジョセフ・スティグリッツ(コロンビ
ア大学教授)

「かれの解決策に賛成するにせよ、しないにせよ、資本主義を資本
主義から救おうとする人たちにとって正真正銘の課題だ」ダニ・ロ
ドリック(プリンストン高等研究所教授)

「この事実の確立は、政治的議論を変化させる、ノーベル賞級の貢
献だ」ローレンス・サマーズ(ハーヴァード大学教授)

「かれの研究が、スマートな人たちを富と所得格差の研究に惹きつ
けることを望む」ビル・ゲイツ

「情報の豊かさがすばらしい」ロバート・シラー(イェール大学教
授)


本文より
「本書の答えは、これまでの研究者が使えたものよりもはるかに広
範な、長期的で比較可能なデータに基づいた答えとなっている…格
差の根底にある仕組みについて、もっと深い理解を与えてくれるよ
うな、新しい理論的な枠組みに基づいたものでもある」
「1970年代以来、所得格差は富裕国で大幅に増大した。特にこれは
米国に顕著だった。米国では、2000年代における所得の集中は、19
10年代の水準に戻ってしまった――それどころか、少し上回るほど
になっている」
「私の理論における格差拡大の主要な力は、市場の不完全性とは何
ら関係ない…その正反対だ。資本市場が完全になればなるほど、資
本収益率 r が経済成長率 g を上回る可能性も高まる」
「格差の問題を経済分析の核心に戻して、19世紀に提起された問題
を考え始める時期はとうに来ているのだ」
「あらゆる市民たちは、お金やその計測、それを取り巻く事実とそ
の歴史に、真剣な興味を抱くべきだと思える…数字との取り組みを
拒絶したところで、それが最も恵まれない人の利益にかなうことな
ど、まずあり得ないのだ」

内容(「BOOK」データベースより)

資本収益率が産出と所得の成長率を上回るとき、資本主義は自動的に、恣意的で持続不可能な格差を生み出す。本書の唯一の目的は、過去からいくつか将来に対する慎ましい鍵を引き出すことだ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 728ページ
  • 出版社: みすず書房; 初版 (2014/12/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4622078767
  • ISBN-13: 978-4622078760
  • 発売日: 2014/12/9
  • 梱包サイズ: 21 x 15.6 x 4.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 140件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,607位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 現在、格差問題が喫緊の課題だが、これまでは本書のような理論的な視点はなかったように思う。一億総中流が、なぜ崩れるに至ったのか?
本書の前半で膨大な歴史資料と統計資料等でr>gの公式を導く。後半では格差是正のための一方策として、累進資本税を説く。
かなりのレビュー数であり、格差問題への関心の高さがうかがえる。本書の趣旨に賛成にしろ、反対にしろ、本書を共通のたたき台とすると、議論が深まるのではないかと思った。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みつなみなつみ トップ500レビュアー 投稿日 2017/5/14
形式: 単行本
最近読んだわけではありませんが、経済が社会、あるいは社会問題の基盤となっていると感じたままなことから、おすすめしたい一冊です。
どの学問も社会変革をもたらすには手詰まりで、現状を維持するのは悪への変革を意味するように感じています。この膨大なデータや分析から得られた解も、ベールがかけられたように曇りがちです。

遡って先人の知恵を拝借するのも手ではありますが、本書にはそれらを網羅すること以上に大切と思われる、今日的な意見もあります。
そうした言葉が綴られる背景には、放置したままでは危険な、極めて危険な未来を感じていたということだと思います。
言い方を変えれば、本書は私たちのことを書いてあり、危険な未来は私たちの未来ということです。

経済学から離れても離れても、そこにはお金や金儲け、賠償金などの話が待ち構えています。
格差も計画的に作られ、日本のアキレス腱は経済です。日本の経済を混乱させることは、日本に致命傷を与える戦略にもなっています。
『21世紀の資本』は怖い本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
tomkenji
著者の主張の最大のbuildingblockとなっているのは成長率gと資本収益率rの関係である。そして低成長経済では必然的にr>gとなり、消費されない収益が積み上げられることによって富(資産)の格差拡大が避けられなくなる。このことは実際歴史的には第一次大戦前夜まで欧米先進国経済の普遍的現象であった。そうした構造的矛盾が克服されるには「二回の世界大戦が必要だった」。戦争による対外資産の喪失、悪性インフレによる資産の実質的減価によって富の多くが失われたからである。著者のこの辺の実証は極めて豊富な資料を縦横に駆使して語られておりその説得力には申し分はない。
さらに進んで、著者は1980年以降におけるr>gの再度の進展とそれによるアングロサクソン諸国をはじめとして欧州・日本を含めた格差拡大に注目する。そしてそれを食い止めるための累進資本税の提唱という本書の結論というべきところに至る。著者自ら言うようにこうした新税の導入には金融資産の透明化、国際協力と地域的政治統合などの乗り越えねばならない課題が少なくなく、その提唱の魅惑性にもかかわらずその実現は容易に楽観できるものではない。
より以上にこの本に欠落する次の点を指摘しておかねばならない。それは第一次世界大戦に至る格差拡大による社会不安の諸国での蔓延のマグマのようなものの累積がある臨界点を超えた
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
内容については解説本なども出てますし、話題作ですので書きませんが、マルクスの資本論と比較されますが、比較にならない程読みやすいです。
この書を「難解」と言われた経済学者もいらっしゃいましたが、きっとまだ読んで無いか、納得出来ない論は「難解」と表現される方何でしょう。ね?池田信夫先生?

ネックは価格でしょうか。上下巻各1850円とかだったらより多くの人に読んで貰えたかもしれません。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 原著は2013年。著者はパリ経済学校教授(1971年生まれ)。
 曰く・・・
 マルサスは、貧困者への福祉支援はすべて停止して、貧困者の子作りを厳しくチェックしないと世界は人口過剰によるカオスと悲惨に向かう、と論じた。
 富の分配は昔からきわめて政治的で、経済メカニズムだけに還元できるものではない。1910年から1950年にほとんどの先進国で生じた格差低減は、何よりも戦争の結果であり、戦争ショックに対応した政策の結果である。過去数十年の格差拡大も政治的シフト、特に、課税と金融に関する部分が大きい。
 rを資本の平均年間収益率(利潤、配当、賃料などによる)、gを経済成長率(所得、算出などによる)としたとき、ほとんどの期間にわたってr>gが成り立つ。rがgを大幅に上回ると、相続財産は算出や所得よりも急速に増えるので、相続財産を持つ人は資本所得の一部を貯蓄するだけでその資本を経済全体よりも急速に増やせる。これが格差拡大につながる。今後、人口と経済双方の成長率は低下する見通しが高いので、このトレンドはなおさら懸念される。
 経済学は、数学だの、純粋理論的でしばしばきわめてイデオロギー偏向をともなった憶測だのに対するガキっぽい情熱を克服できておらず、歴史研究や他の社会科学との共同作業が犠牲になっている。経済学者は、あまりにもしばしば、内輪で
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー