通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
21世紀の歴史――未来の人類から見た世界 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

21世紀の歴史――未来の人類から見た世界 単行本 – 2008/8/30

5つ星のうち 4.0 36件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 1,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 21世紀の歴史――未来の人類から見た世界
  • +
  • 危機とサバイバル――21世紀を生き抜くための〈7つの原則〉
  • +
  • 1492 西欧文明の世界支配 (ちくま学芸文庫)
総額: ¥6,588
ポイントの合計: 199pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ヨーロッパ最高の知性が、21世紀政治・経済の見通しを大胆に予測した、“未来の歴史書”。
欧州で大ベストセラー! フランスの国家戦略に影響を与えた書。

内容(「BOOK」データベースより)

2050年、そして2100年、世界の“中心都市”はどこか?国家、資本主義、宗教、民主主義は、どうなっているのか?「ヨーロッパ復興開発銀行」初代総裁にして経済学者・思想家・作家であり、“ヨーロッパ最高の知性”と称されるジャック・アタリ。これまでも、ソ連崩壊、金融バブル、新たなテロの脅威、インターネットによる世界変化を予測し、見事に的中させてきた。本書は、アタリが、長年の政界・経済界での実績、研究と思索の集大成として「21世紀の歴史」を大胆に見通し、ヨーロッパで大ベストセラーとなったものである。サルコジ仏大統領は、本書に感銘を受け、“21世紀フランス”変革のための仏大統領諮問委員会「アタリ政策委員会」を設置した。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 352ページ
  • 出版社: 作品社 (2008/8/30)
  • ISBN-10: 4861821959
  • ISBN-13: 978-4861821950
  • 発売日: 2008/8/30
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13.8 x 4.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,142位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
これまでの歴史を人間の欲望と、それを表面化した軍事・宗教・市場という観点から整理したうえで、についてこれらを最大限増幅させると21世紀がどうなりそうか、ということを表した本です。

これからの数十年で、人間の欲望の増幅により「超帝国」と「超紛争」が起きるとしています。これについては結構過激な内容で占められており、「???」な部分もあるのですが、人間の欲望のみを増幅させるとさもありなん、という感じです。

そして、これらによる世の中の終焉に対する危機感を基にして(危機感が増幅すればですが)、「超民主主義」が生まれるとしています。これは著者の活動領域でもありますので、結構気合が入っていますが、こちらも人間の持つ真・善・美という本能を増幅させることで出てくるということです。

そのうえで、市場経済と社会的公正の両輪がうまく働くことで21世紀の混迷を乗り越えることができる、としています。

あくまでも未来シナリオの一つではありますが、人間の本性を上手く捉えたものだと思います。また、本書では最近の経済危機の原因でもあるアメリカのサブプライム問題を予測しており(原著初版は2006年)、これが本書の信憑性を高めていると思います。

なお、翻訳が上手くありません(専門用語が難解というのではなく、基本的な日本語レベルの問題です)ので、原著が読める方は原著をお薦めします。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 第2章まではこれまでの人類の歴史を振り返り、未来への教訓を提示しています。ここまではやや退屈で斜め読みしました。第3章から未来予測へ入るわけですが、その内容は奇抜で大胆。ただ、各国の2050年までの経済成長に関してはBRICSが台頭し、先進国は衰退してゆくという一般的な予測とあまり変わりません。著者は歴史を振り返れば未来のガイドラインはおのずと見えてくる、とその内容には自信があるようです。
 テクノロジーの進歩とグローバル化の進展により超帝国が発生、資源や人口問題、宗教、格差が重なり超紛争が起こり、その後それを治めるために超民主主義が起こると著者は言います。私がこの未来予測が奇抜だと思ったのはこれらの変化が起こるスピードです。21世紀中にこれらすべてが実現してしまうというのですから驚きです。
 未来予測が技術革新、経済、政治など多岐に渡っているので興味のあるところだけ次々に読んでゆくのもいいと思います。下手なSF小説を見るよりもよっぽど刺激的です。現在の人類が抱えている問題を考察し、未来に対しての警鐘を鳴らしている本書は読んでおいて損はないです。

 
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ジャック・アタリによれば、アメリカ帝国の終焉(第三章)の後には、現在の国家は溶解してしまって国家や民族の固有の歴史というものは消滅してしまうという事になるようである。
つまりそれ以降にあるのは、国民史ではなく人類史であり世界史そのものである。
全く普遍的な現象がトランスナショナルに起きてくるというのがジャック・アタリの認識だ。私としては、果たしてそのような事に人類史がなるのかに?大きな疑問を持たざるを得ない。例えばジャック・アタリもユダヤ系であるわけだが「ユダヤ・アラブ扮装」というのは消滅してしまうのだろうか?
あるいは消滅しなくても二次的・三次的な問題に拡散されてゆくのだろうか?あるいはキリスト教世界とイスラム教世界の対立という事ですら重要な要素ではないという風にジャック・アタリは想定している。果たして本当にそうなるのだろうか?
ジャック・アタリは第5章で国家の弱体化と地域紛争の続発を予測している。
国家は弱体化し、果たしてそのまま重要性を失っていくのかどうか?

非常に単純化した21世紀のシナリオはジャックアタリによれば3段階である。帝国を超える「超帝国」の出現であり、第二段階は従来の戦争紛争を超える「超紛争」の発生であり、第三段階は民主主義を超える「超民主主義」の出現による新秩序の形成である。
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最初の134Pが難関、世界史講義が延々と続く。日本人にとってこの世界史講義はこれまでの教育のバックグラウンドも違うので苦痛なもの、筆者はこの前段があっての後半の議論とは言うが、135Pから読んでも特に大きな問題ないと思う。前段がつらくて本棚にしまう、買うのをやめるというぐらいなら後段から始めたらと思う。(少なくとも末尾の用語説明を読んでいれば議論にはついていける)
後段は筆者の示唆に富む未来図を語っており、大変示唆深い。ここまではっきりと議論ができる人(かつ、世間から相手にされる人)は少ないのではないだろうか。しかし、これは避けなければいけない未来であり、回避すべきために何をすべきかと問うアンチテーゼだと私は信じたい(多くの同テーマのハリウッド映画がそうであるように。例えば、この本を読んでBack to the Future 2を思い浮かべたのは私だけではないと思う)。
さて、想定している未来に15年後の2025年という未来の一時点が多く出てくる。話自体は空想めいた話のようにも見える。しかし、今から15年前のことを考えてみるとそうではない。15年前にここまで現代が個を拘束される世の中になっている世の中になっているということ、たとえば、携帯電話、モバイルPCを通じて個が縛られるということは想像できていただろうか。世の中の総意だっただろうか?そうではないだろう。そう
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック