21グラム (初回出荷限定価格) [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,349
通常配送無料 詳細
発売元: 前田本舗 メーカー直送
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

21グラム (初回出荷限定価格) [DVD]

5つ星のうち 3.9 120件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,349 通常配送無料 詳細
ポイント: 1pt  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、★河達堂★年中無休、土日、祝日安心対応!誠意をもって販売いたします!が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 2,000より 中古品の出品:29¥ 1より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ21グラム (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 21グラム (初回出荷限定価格) [DVD]
  • +
  • バベル [DVD]
総額: ¥3,583
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ショーン・ペン, ナオミ・ワッツ, ベニチオ・デル・トロ, シャルロット・ゲンズブール, クレア・デュバル
  • 監督: アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東北新社
  • 発売日 2004/11/05
  • 時間: 124 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 120件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00017YVBQ
  • JAN: 4933364610980
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 16,607位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   クリスティーナは、ふたりの娘と優しい夫と幸せに暮らしていたが、その愛する家族を交通事故で失ってしまう。ひき逃げ犯は前科者のジャック。更生し、神を信じて真面目に働いていた矢先の不注意による事故だった。しかし、亡くなったクリスティーナの夫の心臓は、移植を待っていた大学教授のポールの命を救う。このことがきっかけになり、クリスティーナ、ポール、ジャックは引き寄せられるように近づく…。
 『アモーレス・ペロス』が絶賛されたメキシコのアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトウ監督が、絶望の淵に絶たされた人間が葛藤の末に希望を見いだす姿を描いた人間ドラマ。時間軸を交錯させた構成、手持ちカメラによるリアリティを追求した映像、そして役者たちの渾身の演技が、登場人物たちの怒りと悲しみ、その感情のうねりを映し出す。クリスティーナにナオミ・ワッツ、ジャックにベニチオ・デル・トロ、ポールにショーン・ペンという演技派たちの重厚で情熱的な演技には圧倒されること必至だ。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

余命一ヶ月と宣告され、心臓移植の順番を待つポール。信仰に没頭することで心の平穏を保つ前科者のジャック。優しい夫と2人の娘と幸せに暮らすクリスティーナ。全く交わりのなかった3人の運命が、ひとつの心臓によって引き寄せられる。果たして3人の辿り着く先とは…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
主要な登場人物の全てが辛い苦難にあがき耐え忍び酒やドラッグに逃げたり
日々を懺悔の念で過ごしたりと何とも重く悲しい映画です
ですが皆は他人を傷つけたりせず自分を傷つける事で誤魔化したりする様な
悲しいけれども心の優しい人たちばかりでした。
口でこそ復讐を叫んだりする事もありますが、そんな事をしても何の意味もない事を
ちゃんと理解している聡明さも持ち合わせていました
いつか生き続けていれば痛みは残るかも知れないが傷はいつかは癒えるのかも知れない
と少し希望が見える様な・・・ 
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ショーン・ペンの悲しそうな目が終始印象深かったです
家族を失ったクリスティーナは勿論、更生しようともがいていたジャックも
被害者のように見えました
自分だったら耐えれるか、乗り越えられるのか考えてしまいました
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 デップ 投稿日 2016/5/17
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
評論家でも哲学家でもないので率直に書きます。まずショーンペンはやっぱりかっこいいし演技力もさすが。映画全体の感想としては、なんだか久しぶりにしんみりと心に残る作品に会ったという感想です。 ほかの方も言うように初めの方はカット割りが激しく時間軸も現在と未来を行き来するので着いていくのが大変で見るのやめようかと思いましたが、そのカット割りが最後に活きてきて「なるほど」となりました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
本作は時間軸を解体した映画だと何かの本に書いてありました。
つまり物語の時間の流れが過去から未来に単純に続いていないのです。
似たような作品に、ガイ・ピアーズが出ていた「メメント」やマケドニアを舞台にした「ビフォア・ザ・レイン」などがありますが、本作品の監督であるアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥはこのような作り方が好きなようで、この後に作るブラッド・ピッド主演の「バベル」なども似たような作りになっていました。

こうした映画は最初に起承転結の”結”がいきなり出てきます。
普通の映画だと一番重要であるラストシーンを惜しげもなく初っ端から見せてしまうのです。
今まで普通の映画に見慣れた人はまずその展開に最初は戸惑い、混乱します。
しかしそのうち気づきます。この映画は”結”が重要なのでは無く”転”が重要なのだ、と。

通常、映画を観る際に私達は無意識に「これ最後はどうなるんだろう」と考え、同時に期待をします。
ところがこの映画はそこはあまり重要でないとさっさと最初に見せてしまいます。
三人の男女が最後にどうなったか、と元々三人は少し前までまったく赤の他人だったということが映画の始めで見て取れます。
そうすると、観ているこちらは何を考えるか?
結末ではなく
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ヒトは本当にヒトを
救うことができるのだろうか。

贖罪、憎悪、愛憎、傲慢、憐れみ、欺瞞・・・

すべての人間の持つ感情がここには
描かれている。

現在と過去と未来が錯綜し走馬灯のような
時間軸のない展開。
キレイ事など無く
終始、暗く重いムードが漂うが
そういう表面上のことで価値を
計れないものが人生にはあるのだ。

抑えた演技と抑えた説明で
この映画の解釈は見る者に委ねられるが
一番の問題シーンである
ショーンペンの最後は何を意味するのか
今の僕にはまだわからない。

愛のためか?
それとも、自分のことだけを考えた行為
だったのか?

そのどちらにしても、
魂の成せる行為だったことは間違いない。
それが21グラムだということも。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ひとつの心臓をめぐり、男女3人が絡み合っていく。
最初はただただ、何も関係のない3人ですがある交通事故がきっかけで出会った
3人によって物語りは展開されていきます。

タイトルにある21グラムとは人は死ぬ時に21グラムだけ軽くなる、それは魂の重さ
からきているという話からつけられたそうです。

内容はかなり重たくて暗いですが演技力は抜群です。
見ていて飽きませんし、展開が気になります。
ただ、この作品は見せ方として時間軸が設定されていません。

過去に戻ったり、ラストシーンを見せたりと断片的です。
セリフもとても意味深だったりして最近見た中ではかなりよかった作品です。

3人それぞれの考え方もあり、どの人の考えも納得させられます。
是非見てほしい作品です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す