通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
2052 今後40年のグローバル予測 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■表紙カバーにヨレ、本体天地に傷み、シミ、数ページに角折れ有。■中古品になりますので経年劣化、使用感のある場合がございます。本の状態は良好です。(複数購入での送料割引は御座いません。)■ご注文確認後、水濡れ防止にて丁寧に梱包し、迅速に発送させて頂きます。■配送形態は、基本的に日本郵便のゆうメールのみとさせて頂きます。但し、重さ、サイズ、金額によりゆうパックでの配送となる場合がございますので、予めご了承下さいませ。ご不明な点がございましたら、メールにてご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

2052 今後40年のグローバル予測 単行本 – 2013/1/9

5つ星のうち 4.1 39件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 473

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 2052 今後40年のグローバル予測
  • +
  • 2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」
  • +
  • 2050年の世界―英『エコノミスト』誌は予測する
総額: ¥5,346
ポイントの合計: 162pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

■最も「実現確率の高い未来」を徹底予測

本書『2052』は、かつて世界の人々に重大な警告を与えた『成長の限界ローマ・クラブ「人類の危機」レポート』を受け継ぎ、21世紀の警告書としてあらためて問い直したものです。
『成長の限界』(1972年)では、人類は地球の物理的限界にどのように適応するかという壮大な問いに取り組み、資源枯渇や持続可能性、温室効果ガスの弊害について、世界が真剣に考え始めるきっかけを作りました。
本書『2052』は『成長の限界』から40年が過ぎた今、持続不可能な方向に進んでいる地球に対して、人類がどんなアクションをとっていくのか(あるいはとらないのか)、経済、環境、エネルギー、政治など30以上の分野にわたる世界のキーパーソンの観測を踏まえて、今後の40年間の予測を取りまとめました。 元祖『成長の限界』の著者の一人であるヨルゲン・ランダースが描く「最も実現確率の高い近未来」は、混沌の21世紀をどのように生きるべきかの重要な指標になります。巻末には、今後40年を生きていくためのランダースからの20のアドバイスがあります。

■『2052』はこれらの疑問にすべて答えます。
・この地球は人類を何人まで養うことができるのか?
・この先、食料とエネルギーは足りるのか?
・次の世代は残された莫大な借金と年金負担を受け入れてくれるのか?
・どの国が栄え、どの国が衰退するか?
・再生可能エネルギーへの切り替えは成功するか?
・経済は永遠に成長を続けるという神話はいつ破綻するか?
・中国への経済シフトは平和裏に行われるか?
・暴走し始めた気候変動を止めることができるのか?
・世界の中で暮らしが良くなるのはどの地域か?
・今の国にそのまま住んでいていいのか? もし移住するならどんな国がいいか?
・個人としてこれからすべきことは何か?
・子どもの教育で心がけておくべき事は何か?

内容(「BOOK」データベースより)

全世界に衝撃を与えたベストセラー、『成長の限界ローマ・クラブ「人類の危機」レポート』から40年。新たなアプローチ法で、次なる混沌の40年を見通す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 512ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2013/1/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822249417
  • ISBN-13: 978-4822249410
  • 発売日: 2013/1/9
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 39件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,745位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 分厚いですが、”速読”してしまっては全く価値の分からない本です。忙しい人は2週間でも1ヵ月でもかけて丁寧に、注釈まで読むべきでしょう。その理由を以下に書きます。
 
 筆者のランダースは科学者であって、『成長の限界』シリーズの共著者として、人類の産業活動が生態系と社会に与える影響を40年間研究し続けてきた人です。彼は、“環境保護活動家”でもなければ、たまたま未来予測本を書いた“文筆家”でもなく、本書でもよく読めば断定的な書き方はしていないのです。「木を見て森を見ず」のような読み方をすべきではありません。
 部分ではなく、全体の動向を見て法則性を見出す、というのは彼らが『成長の限界』の研究で採用したシステム・ダイナミクスの思考法であり、数値化されたデータという無数の「部分」を、今度は「全体」をより緻密にシミュレートするための改良モデルに組み込んでいく。勿論、膨大なデータを使ったシミュレートはコンピュータなしでは不可能です。彼らの採用したのは、そのような研究方法です。
 この本は一般読者にも分かりやすく書かれており、数値や数式やグラフの少ないスタイルとなっているので、主観的過ぎるという誤解も生じやすいのでしょう。予測の方法論やデータ、数値、グラフは、過去の『成長の限界』シリーズにいやというほど示されています。

 これまで、
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gori トップ1000レビュアー 投稿日 2013/2/14
形式: 単行本 Amazonで購入
これは「反語」として読むと最高に面白い本だ。
原題は『A Global Forecast For The Next Forty Years』
「今後40年の全地球的予測」ということか。

2052年の歴史家が現在を記述したらどうなるか。
そこを手がかりに40年後を予測する。

その結果読者に与えられた「20のアドヴァイス」
1)収入より満足に目を向ける
2)やがて消えていくものに興味を向けない
3)最新の電子エンターテインメントに投資し、それを好きになろう
4)子供たちに無垢の自然を愛することを教えない
5)生物多様性に興味があるなら、今のうちに行って見ておこう
6)大勢の人に荒らされる前に世界中の魅力あるものを見ておこう
7)気候変動の影響のないところに住みなさい
8)決定を下すことのできる国に引越しなさい
9)あなたの生活水準を脅かす持続不可能性について知ろう
10)サービス業や介護の仕事が嫌なら、省エネ関連か再生可能エネルギーの分野で働きなさい
11)子供たちに北京語を習うように勧めなさい
12)成長がよいことだという考えから脱却する
13)化石を基にした資産は、ある日突然、その
...続きを読む ›
6 コメント 121人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
未来予測の本はこの2〜3年だけでも4冊程度購入しましたが、これがベストと思います。
未来予測では強引に自説に都合の良い解釈をしたり、逆に中立過ぎて参考にならないものが多いのですが、この本の著者は、これまでの経験から恐らく悲観的な将来が避けられないとしながらも、その悪影響を軽減することは可能であると述べている。
多くの分野の専門家の意見を紹介し、悪い傾向だけでなく良い傾向も説明しており、かつ筆者の意見も述べられている。コピペや、言いたい放題では書けない大作です。
未来予測に関心のある方や、地球や人類の近未来に関心のある方は、是非読んでみてください。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最初から1/3位までは割と納得感が高いのですが、残りは、バランスを欠いた主張が展開されていきます。例えば、民主主義が短期指向に陥りやすい、というのはともかく、一党独裁の中国を環境問題解決の理想的な姿のように論じるのは、著者は中国が抱える様々な問題点を理解しているのかと疑問を感じます。
また、二酸化炭素の地層処分を環境問題対策の決めてのように扱い、地層から二酸化炭素が漏れだす心配を「全く根拠がない」と断じていますが、それって原発の放射性廃棄物の地層処分でも同じ事が言えるよね…と思います。
本書では、様々な人に依頼した未来予測が掲載されているのですが、進化論が否定されるとか、何たらロジックが一般的に認められるようになるとか、かなりスピリチュアル?な主張も特に注釈なく掲載されています。

多くの環境保護派は想いが強すぎて、自分の主張に合うものは、怪しいものでも社会的に受け入れ難いものでも取り入れてしまい、主張に合わないものは、合理的なものでも排除してしまうという欠点が如実に現れた本でした。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー