通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
2050年の世界―英『エコノミスト』誌は予測する がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

2050年の世界―英『エコノミスト』誌は予測する 単行本 – 2012/8

5つ星のうち 3.7 42件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,890
¥ 1,890 ¥ 152
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,026 ¥ 198

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 2050年の世界―英『エコノミスト』誌は予測する
  • +
  • 2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」
  • +
  • 2052 今後40年のグローバル予測
総額: ¥5,346
ポイントの合計: 162pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

世界のグローバルエリートの新常識!

バブルは再来するのか、エイズは克服できるのか、SNSの爆発的な発展の行方は……あの「エコノミスト」誌が人類の未来を大胆予測! --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

一九六二年に日本の経済大国化を予測し、見事に的中させたグローバルエリート誌が、今後四〇年を大胆に予測。ビジネスに、教育に、あなたの未来に関するヒントが満載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 429ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2012/08)
  • ISBN-10: 4163755004
  • ISBN-13: 978-4163755007
  • 発売日: 2012/08
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,582位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
専門家の予測はサルにも劣るのか。
日本の没落をズバリ予測する。
2050年の日本人の平均年齢は52,7歳。
(平均寿命ではない)
人口一人当たりのGDPは、米国を100とすると、韓国は105、日本は58。
この時点でのG7は、中国、アメリカ、インド、メキシコ、ロシア、ブラジル、インドネシア。
日本は当然入っていない。

いいか悪いかは別にしてグローバリゼーションの進展は止められない。
民主主義国の民主主義の劣化は止められない。

日本の影は薄い。

やはり日本が目指すべきは、大国ではなく、小さくてもキラリと光る技術を持つ小国である。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
2050年とはすごく近い将来だと思うけど、それでもここまでの変化をするのかというのが印象。特に世界は人口現象時代に入るというのは大きな変化だろう。これからの時代を生きる上で、未来予測を知っているか知らないかは大きな分水嶺となる気がする。未来予測についてあまり考えたことがない方にはおすすめ。

【学びのポイント】
1)二〇五〇年の世界は可能性に満ちあふれている
 ・人々は、もっと豊かにそして健康になり、人間同士の結びつきはさらに強くなる。より持続可能な社会になっているだろうし、生産性は向上し、より多くのイノベーションが起きるだろう。教育水準も向上する。
 ・貧富の差は縮まり、男女の差別も解消に向かい、数十億人の人々がより良い機会を享受できる。
 ・確実に世界は都市化が進み(都市部の人口は、現在の五十パーセント強から七十パーセント近くまで跳ね上がる)、高齢化が進み(中位数年齢は、現在の二十九歳から三十八歳に跳ね上がる)、アフリカ化が進むだろう(増加する二十三億人のうち、およそ半分をアフリカ人が占める)。
 ・このような変化の大半には、身がよじれるような動乱が伴うはずだが、エイドリアン・ウルドリッジが結論づけたように、「創造的破壊の嵐はわたしたちをより良い場所へ吹き飛ばしてくれる」だろう。

2)中
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 BT_BOMBER トップ500レビュアー 投稿日 2016/11/13
形式: 単行本
英エコノミスト誌編集部が2050年の世界を展望した本。
20ある章ごとに異なるジャンルの予測を載せており、経済だけでなく文化や化学技術、
信仰や軍事など、さまざまな分野の予測が読めるのは良いところ。
予測のベースとして現在の統計が示されたりしていて、なかなか興味深いです。

ただ一方でいかにもビジネス誌に都合の良さそうな予測もあるように感じられました。
そういった予測は著者の願望あるいはポジショントークのようにも見えます。
読み物としては面白い本ですが、それ以上のものではなく、
間違ってもマジメに取り合う本ではないと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2012/8/9
形式: 単行本
雑誌「エコノミスト」の編集部が2050年の世界を予想した本。実際にそうなるかは別にして、予測されている内容と根拠は洞察力に富んでいるものが含まれており興味深い。取り上げられているのは、人口の変化及び人口配当による成長、病気と医療、女性の地位、ソーシャルネットワーク、言語と文化、宗教、地球温暖化、軍事、民主主義、高齢化と国家財政、新興市場、グローバリゼーションとアジア、貧富の格差、イノベーション、バブルと景気循環、科学の進歩、宇宙開発、情報通信技術、といった内容である。

1970年頃の絶望的な未来の予想、例えば、核戦争、環境汚染、食糧危機、人口爆発への警告を持ち出して、このような予言は当たらなかったと説明している。実際、1971年と比べると現代は、平均作物収量が2倍になり、人口成長率は半分になり、核兵器の3分の2が取り除かれ、森林被覆度は少し上がり、海洋に流出する石油の量は90%減り、平均寿命は25%延びたという。

将来の民主主義の展望については、「おぼつかない自由の足取り」という表現で必ずしも楽観的に見ていない。宗教については、急激にその影響がなくなる事はなく徐々に後退してゆくとしている。また、人口の変化が影響を及ぼす分野などは、幅はあるものの統計的なデータに基づくもので、気になる内容である。科学技術についての予想については、通信や生命科
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー