通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
2050年の世界―英『エコノミスト』誌は予測する がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。bb6169_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

2050年の世界―英『エコノミスト』誌は予測する 単行本 – 2012/8

5つ星のうち 3.7 42件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,890
¥ 1,890 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,026 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 2050年の世界―英『エコノミスト』誌は予測する
  • +
  • 2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」
  • +
  • 2052 今後40年のグローバル予測
総額: ¥5,346
ポイントの合計: 162pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世界のグローバルエリートの新常識!

バブルは再来するのか、エイズは克服できるのか、SNSの爆発的な発展の行方は……あの「エコノミスト」誌が人類の未来を大胆予測! --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

一九六二年に日本の経済大国化を予測し、見事に的中させたグローバルエリート誌が、今後四〇年を大胆に予測。ビジネスに、教育に、あなたの未来に関するヒントが満載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 429ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2012/08)
  • ISBN-10: 4163755004
  • ISBN-13: 978-4163755007
  • 発売日: 2012/08
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 57,412位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2012/8/9
形式: 単行本
雑誌「エコノミスト」の編集部が2050年の世界を予想した本。実際にそうなるかは別にして、予測されている内容と根拠は洞察力に富んでいるものが含まれており興味深い。取り上げられているのは、人口の変化及び人口配当による成長、病気と医療、女性の地位、ソーシャルネットワーク、言語と文化、宗教、地球温暖化、軍事、民主主義、高齢化と国家財政、新興市場、グローバリゼーションとアジア、貧富の格差、イノベーション、バブルと景気循環、科学の進歩、宇宙開発、情報通信技術、といった内容である。

1970年頃の絶望的な未来の予想、例えば、核戦争、環境汚染、食糧危機、人口爆発への警告を持ち出して、このような予言は当たらなかったと説明している。実際、1971年と比べると現代は、平均作物収量が2倍になり、人口成長率は半分になり、核兵器の3分の2が取り除かれ、森林被覆度は少し上がり、海洋に流出する石油の量は90%減り、平均寿命は25%延びたという。

将来の民主主義の展望については、「おぼつかない自由の足取り」という表現で必ずしも楽観的に見ていない。宗教については、急激にその影響がなくなる事はなく徐々に後退してゆくとしている。また、人口の変化が影響を及ぼす分野などは、幅はあるものの統計的なデータに基づくもので、気になる内容である。科学技術についての予想については、通信や生命科
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
経済学をかじったジャーナリストによる、恣意的に切り取られた期間の統計を元にした未来図です。イギリスの経済誌が編集した割りに欧米各国の分析は少ない。
経済力の比較にはPPPを採用。これはなかなか恣意的な選択です。購買力平価は通貨の強い国の購買力を低く表示する。経済学者はこれがすきなのが不思議です。実務家には何の意味も無いんですけどね。
それから、統計の基礎数値には為替レートも含まれるが、これがいつのどんな数字か不明。PPPの算出にも必要なことなのに。どうも、ここらへん、新興国の可能性を極大化し欧米と日本の未来を極小化しようという編集意図が透けて見えます。さて、誰に読ませるためでしょう。まあ、日本語の本だからこういう、悲観主義がすきで格好をつけたいインテリ向けか。
一方で、政治に関しては割りとまとも。まあ、政治は学問ではなく、現実なのでジャーナリスティックに書いても変なイデオロギーにかぶれていない限りそこそこ読めるものになる。例外もありますが。

個々の章ごとにレビューを書くのはいささか面倒なので、いくつか疑問を感じたところだけ。
「第7章地球は本当に温暖化するか」。題からして疑問形、いや、問いかけているのかな。
二酸化炭素の排出が温暖化の主因、というのはよく言われるところだが、やはりそれどまり。なぜ、二酸化炭素の固
...続きを読む ›
2 コメント 287人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 羽田シルバー VINE メンバー 投稿日 2016/8/18
形式: 文庫
未来予測です。エコノミストの執筆者による2050年の世界の予測です。とても面白かったです。勿論予測は外れるのでしょうが、不透明な世の中を過ごしていくのに、参考になる本だと思います。それにしても、どの領域においても、沈む日本、発展する中国・インドで、やや暗くなる本です。しかし、こうした現実を受け止めて、未来に向けて備えていく必要性を強く感じました。私の思っていた以上に、日本は苦しい状況なのだということがよくわかりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
専門家の予測はサルにも劣るのか。
日本の没落をズバリ予測する。
2050年の日本人の平均年齢は52,7歳。
(平均寿命ではない)
人口一人当たりのGDPは、米国を100とすると、韓国は105、日本は58。
この時点でのG7は、中国、アメリカ、インド、メキシコ、ロシア、ブラジル、インドネシア。
日本は当然入っていない。

いいか悪いかは別にしてグローバリゼーションの進展は止められない。
民主主義国の民主主義の劣化は止められない。

日本の影は薄い。

やはり日本が目指すべきは、大国ではなく、小さくてもキラリと光る技術を持つ小国である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
まず誤訳があります。誤訳がない翻訳書はないのでしょうがないかもしれません。ごまかしがあります。難しい語彙、わかりにくい言い回し、複雑な構文はごまかされています。原文を無視し、なんとなく前後がつながりそうな感じの日本語があてがわれています。うっかり誤訳ではなく、意図的なごまかしです。訳す場所がずれているところもあります。原書をすすめます。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック