2046 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,700
通常配送無料 詳細
発売元: あさイチショップ
カートに入れる
¥ 2,700
通常配送無料 詳細
発売元: Route 77 (365日毎日発送、代引、コンビニ決済、ATM払等も可/海外発送対応)
カートに入れる
¥ 2,816
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

2046 [DVD]

5つ星のうち 3.4 68件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,350 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,754 (43%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、■TapoTapo storeが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 2046 [DVD]
  • +
  • 花様年華 [DVD]
  • +
  • 欲望の翼 [DVD]
総額: ¥4,204
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: トニー・レオン, 木村拓哉, コン・リー, フェイ・ウォン, チャン・ツィイー
  • 監督: ウォン・カーウァイ
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: TCエンタテインメント
  • 発売日 2005/04/27
  • 時間: 130 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 68件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00067HCWQ
  • EAN: 4947864902865
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 21,991位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   1960年代の後半、香港の古びたホテルに住むチャウ(トニー・レオン)は、それまで自分が接してきた女性たちとの思い出やこだわりを胸に、ある近未来SF小説『2046』を書き始めていく。それは、失われた愛を見つけることができるという“2046”へ向かう謎の列車の物語。2046から帰ってきた者はいないという。ただひとりの男(木村拓哉)を除いては。そして今、男は再び列車に乗り込んでいた…。
   ウォン・カーワイ監督がアジアを代表するトップ・スターを集結させて取り組んだSFラブストーリー…と思いきや、主軸として描かれるのは『欲望の翼』や『花様年華』ともリンクする、過去の女に想いを馳せる中年男のストイックなノスタルジーであり、実際SFとしてのドラマは劇中劇として少し挿入される程度。我らがキムタクの出番も少ないので、そのあたりを踏まえて接した方が得策。要はトニー・レオン扮する主人公の魂の彷徨に同化できるか否かで評価は大いに変わるだろう。フェイ・ウォン、チャン・ツーイーなど女優陣は魅力的。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

2004年秋に劇場公開された「2046」をパッケージ化。ある小説家の男が描く近未来小説をベースにストーリーが展開する。アンドロイドと人間が“失われた愛”をもとめてミステリートレインに乗り込み、未知の場所「2046」を目指す様を描いた近未来ラブストーリー。トニー・レオン、木村拓哉ほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

他者から愛をいくら与えられても、

自分から他者を愛することができない人は、

いつまでたっても幸福感を味わえない。

愛に代替品はない。タイミングが大事。

酔えるような世界にどっぷり魅せられた。

描写に華があるし、そそられる展開、

魅力的な役者揃いで目が離せなかった。

チャン・ツィイーの役どころは切なく、

謎めいたコン・リーも存在感があった!

トニー・レオンの醸し出す雰囲気も、

この物語をグッと引き締めていた。

見る人を選びそうだが、とても面白い、

退廃的な香りのする愛のドラマだった。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
この作品が公開さりた時、タイムリーに鑑賞したのですが、ピンとこないどころか、監督の分身的な主人公の男性がとても傲慢で嫌な印象でした。
ウォン・カーウァイ監督がずっと好きだった私としては残念感でいっぱいでした。
それから10年近く経過し、気になっていたし・価格も安くなっていたので購入。
じっくり観てみると以前鑑賞した時とは全然違う印象を受けました。

男は女達に優しく、優しいがゆえにとても残酷です。
女は男を思い涙します。声を殺し、自分の感情を殺し。
映画「黒い十人の女」のトレーラーで「誰にでも優しいって事は、誰にも優しくないのと同じでしょ」という岸田今日子さんの台詞がありましたが、
まさにそれのような気がします。
男は女を愛して共に滅びる事を徹底的に拒絶し、優しさのみを至る所にバラまきます。そして絶対的に孤独です。きっとこれからも永遠に。

私自身それなりの年齢に到達して少しだけ分かった事かもしれません。10年後くらいに再び鑑賞したら
その時はどんな風に感じるか? これもまた楽しみかもしれません。

評価の低かった作品ですが、1回の鑑賞では終わらないであろう、気になる作品のひとつです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これまでカーウァイ監督の作品を観たことがない人には、ストーリー的に「よくわからん」と評価が下されてしまう作品かもしれない。客観的に観ると。
しかし、カーウァイ監督のファンで、彼の過去の作品に陶酔したことがある人には、とにかく涙物のたまらない「要素」が随所にちりばめられた映画なのである。
トニー演じる主人公は、名前と容姿は「花様年華」のチャウそのままで、「花様年華」の続編的作品であるというのは、早くからわかっていた。
でも、それだけじゃなかったんだ。「欲望の翼」のルル(ミミ)が出てきて、同じ「パーフィディア」という曲が流れた時には、「もう、反則でしょう、これ・・・」って感じで、泣きそうになってしまった。
続編的映画とはいっても「2046」の中のチャウは、「花様年華」の
チャウとは明らかに違うキャラである。
刹那的で、一つの場所(女性)には安住できないその姿は、「欲望の翼」でレスリーが演じたヨディ、延いては「ブエノスアイレス」のウィンの姿を彷彿とさせる。
フェイ・ウォンがトニーの執筆活動を手伝うシーンは、「花様年華」のマギー&トニーに重なるが、同時に「恋する惑星」の中のフェイ&トニー、その後の2人・・・っていうふうにも思えてくる。(飛躍しすぎかな!)
過去の女性を忘れられず、ずっと思い続けている姿は「楽園の
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
前作「花様年華」のパート2といった感じです。
いい作品だとは思いますが、いきなり「2046」だけ観ても話が全く解らないと思います。
いつも通り非常に不親切な作品です(笑)。
「花様年華」を2・3回観て理解した後にあとに鑑賞する事をお勧めします。
描かれているのは「花様年華」から続くチャウ(トニー・レオン)のチャン(マギー・チャン)対する今も変わらぬ想いです。
「2046」は二人が過ごした思い出のホテルの部屋番号。
キムタクは”2046”と呼ばれるチャウのSF小説の世界での主人公(チャウを投影している)として登場です。
プロモCMでもキムタクが「2046から戻った者は今まで1人もいない。俺を除いては…」と言っていましたが、
「良き日の思い出(未練)からは、人は抜け出す事が出来ないもの」と解釈して良いと思います。
チャウは必死でチャンへの想いを振り切ろうとする気持ちがその言葉から伝わります。
自分が弱い人間だからこそ小説の世界に託したのかも知れません。
この映画を観て率直に思った事は
前作「花様年華」はやはり本当に素晴らしい作品であったという事。
そしてこの映画は引き立て役であると言う事。
喩えて言うなら
「花様年華」はスイカで「2046」は塩(←解りにくいですか?)
まぁ、そんな映画です(笑)。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック