ポイント: 45pt  (4%)  詳細はこちら
無料配送: 12月7日 火曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日11月 30日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
在庫あり。 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 2022年1月31日まで返品可能です
2021年の年末期間においては、返品・交換の条件に基づき、11月1日から12月31日までに購入された返品可能な商品は、原則として2022年1月31日までに返品することができます。
2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝... がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥257 ): 12月1日 - 3日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: かるいヤケ、カバーにいたみがありますが、その他に使用感は少なく概ね良好な状態です。★原則48時間以内に発送いたします。★ゆうメールで配送の場合は、日曜・祝日の配達はありません。★一部、クリックポストでの配送の場合がございます。★清掃後丁寧に防水用の袋に簡易梱包して発送いたします。★付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。★Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。★検品には万全を期していますが、ご連絡して頂ければ対応させて頂きます。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義 (星海社新書) 新書 – 2020/4/27

5つ星のうち4.6 955個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥1,078
¥998 ¥123

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義 (星海社新書)
  • +
  • ミライの授業
  • +
  • 僕は君たちに武器を配りたい
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「君たちは、自分の力で、世の中を変えていけ!僕は日本の未来に期待している。支援は惜しまない」2019年8月に、病のため夭逝した瀧本哲史さん。ずっと若者世代である「君たち」に向けてメッセージを送り続けてきた彼の思想を凝縮した“伝説の東大講義”を、ここに一冊の本として完全収録する。スタジオ収録盤にはないライブ盤のように、生前の瀧本さんの生の声と熱量の大きさ、そしてその普遍的なメッセージを、リアルに感じてもらえると思う。さあ、チャイムは鳴った。さっそく講義を始めよう。瀧本さんが未来に向けて飛ばす「檄」を受け取った君たちは、これから何を学び、どう生きるべきか。この講義は、君たちへの一つの問いかけでもある。

著者について

瀧本 哲史
京都大学客員准教授、エンジェル投資家、教育者
麻布高等学校、東京大学法学部を卒業後、大学院をスキップして直ちに助手に採用されるも、自分の人生を自分で決断できる生き方を追求するという観点からマッキンゼーに転職。3年で独立し、日本交通の経営再建などを手がけながら、エンジェル投資家としてアイデアとメンバーしかいないような極めて初期の段階の企業を支援し続ける。京都大学では「意思決定論」「起業論」「交渉論」の授業を担当し、人気NO.1若手教官として「4共30」講義室を立ち見に。各界において意思決定を先導するリーダーを育てることを目標に、選抜制の少人数自主ゼミ「瀧本ゼミ」を主宰。著作物やディベートの普及活動を通して、次世代への教育に力を入れていた。2019年8月10日永眠。ツイッターは@ttakimoto

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 星海社 (2020/4/27)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2020/4/27
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 新書 ‏ : ‎ 224ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4065194288
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4065194287
  • 寸法 ‏ : ‎ 10.7 x 1.6 x 17.3 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 955個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

瀧本 哲史(たきもと てつふみ)

生年月日非公表。エンジェル投資家。経営コンサルタント。京都大学産官学連携本部イノベーションマネジメントサイエンス研究部門客員准教授。全日本ディベート連盟代表理事、全国教室ディベート連盟事務局長なども務める。

東京大学法学部卒業。学部卒業と同時に大学院をスキップして東京大学大学院法学政治学研究科助手に採用される。専攻は民法。助手の任期終了後は学界に残らず、1997年、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社、主としてエレクトロニクス業界のコンサルティングに従事する。3年で独立し2000年、多額の債務を抱えていた日本交通の経営再建に取り組む。以後、企業再生やエンジェル投資家として活動しながら、京都大学で教鞭をとり、「意思決定論」「起業論」「交渉論」等を人気講義へと押し上げる。15年以上エンジェル投資(創業期における自己資本投資)を行い、IT、リサイクル、医療機器、コンテンツ、マテリアルなど幅広い業界に投資し、exit実績多数。

著書に『武器としての決断思考』、『武器としての交渉思考』(以上星海社)、『僕は君たちに武器を配りたい』〈2012年ビジネス書大賞受賞〉、『君に友だちはいらない』、『ミライの授業』(以上講談社)、『戦略がすべて』(新潮社)、『読書は格闘技』(集英社)等がある。NHK「NEWS WEB 24」では番組立ち上げよりコメンテイターを務め、好評を博した。

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
955 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト100レビュアー
2020年5月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
220人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年6月14日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 "Do your homework"〜レビューというよりもあの日と今
ユーザー名: KyoM、日付: 2020年6月14日
2012年6月30日。あの日、私は東大の伊藤謝恩ホールでこの本の元になった講義をその場で聴いていた。
すごい熱気だったし、瀧本さんの矢継ぎ早に出てくる重要な話の連続に、手が痛くなるほどメモをとっていた。
(画像はその時のメモだ。今だったらパソコンかタブレットを持ち込んでメモを取るが、当時は主流じゃなかった)
 
同時に会場はすごい熱気だった。
 
この本も一気に読了。
当時は、震災から1年程度しか経っておらず、オリンピックの開催も決まっていなければ、政権も民主党政権の終盤、トランプ大統領など今の世界の首脳も今の面々ではなく。つまり、全く今と世界の環境は異なっていた。
そんな8年前になされた当時の講演がこんなに色あせないというのは、まさに今を生きる私たちに必要とされている知識であるのではないかと思う。
 
個人的なことを言えば、8年前のあの日は本当に不思議な日だったと思う。その日の朝に、私が過去に非常に影響を受けた方と偶然、数年ぶりに再会し、新たな繋がりが生まれた日だった。そしてその「再会」が今の仕事や生活、考え方にも結びついている。また、私が人生で非常に影響を受けている『坂の上の雲』を全巻初めて読み終えた日でもあった。
 
当時のノートを今、取り出して見ていると、「Von Voyage」と瀧本さんからのエールが書いてある。
私は日記をつけているのだが、その日の日記の最後には、「8年後、最強に。」と自分への決意が書いてあった。
  
あれこれと重なった日で不思議だった。
しかし、あの日こそ、色々な物事のスタートだったのではないかと解釈している。
 
当時出された宿題を今、できているのか?と考えている。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
143人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年4月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
114人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年8月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
80人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年4月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
50人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
ベスト500レビュアー
2020年6月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
35人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
VINEメンバー
2020年6月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する