通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
2020年からの教師問題 (ベスト新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーの状態良好。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます.
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

2020年からの教師問題 (ベスト新書) 新書 – 2017/1/7

5つ星のうち 3.6 17件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2017/1/7
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 511

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 2020年からの教師問題 (ベスト新書)
  • +
  • 新しい学力 (岩波新書)
  • +
  • 10年後、君に仕事はあるのか?―――未来を生きるための「雇われる力」
総額: ¥3,262
ポイントの合計: 100pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

センター試験廃止は、前代未聞の教育改革の序章に過ぎない!
新しく生まれ変わる教育、果たして教師は適応可能か?

2020年に廃止となる、大学入試センター試験。
以降は「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」と呼ばれる新たな試験が実施されることとなる。
この事実を知っている人は多くいることだろう。
しかし、このセンター試験廃止の背景に、文科省による大規模な教育改革が存在することを認識している人は、
教育関係者でない限りほとんどいない。

変わるのは入試だけではない。
学校教育は、「知識の習得」を中心とした従来の学習から「知識の活用」を目指すスタイルへと大転換を迫られている。
その鍵を握るのは、教育の実践者である教師であることは間違いないだろう。
果たして、現在の教師たちに改革を実行し教育をアップデートすることは可能なのだろうか。

〈目次〉
第一章 センター試験廃止は教育改革の序章に過ぎない
第二章 知識の「習得」から「活用」へ――変わる学校教育
第三章 日本の学校教育に欠落しているものは何か
第四章 教師の精神性こそが弊害となる
第五章 教師の役割はもう「教えること」ではない

内容(「BOOK」データベースより)

2020年に廃止となる、大学入試センター試験。以降は「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」と呼ばれる新たな試験が実施されることとなる。この事実をなんとなくでも知っている人というのは、少なくないだろう。しかし、このセンター試験廃止の背景に、文科省による大規模な教育改革が存在することを認識している人は、教育関係者でない限りほとんどいない。変わるのは入試だけではない。学校教育は、「知識の習得」を中心とした従来の学習から「知識の活用」を目指すスタイルへと大転換を迫られている。その際鍵を握るのは、教育の実践者である教師であることは間違いない。果たして、現在の教師たちに改革を実行し教育をアップデートすることは可能なのだろうか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2017/1/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584125406
  • ISBN-13: 978-4584125403
  • 発売日: 2017/1/7
  • 梱包サイズ: 17.5 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,790位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
資質・能力の育成が言われて久しいのですが、その転換理由が浸透していない。この本で背景や現状、今後の対応がよく分かりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
教員として必要な知識がたくさん書かれており,興味深く読みました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
2020年の大学入試改革の背景には、文科省による大規模な教育改革が存在する、という内容に惹かれ購入しました。

大規模な教育改革によって、今までの指示に従う人間育成から、自分で考え行動する人間育成へと教育のプログラムが変更されることにより
今までの生徒指導法では通用しなくなる、つまり教師にとって大変な改革になるという主張。
話としては、とても興味深いものだし、教師の方は相当大変だなぁという印象でした。

一方で、教師の対策として「プロデューサーたれ」などを示していますが、
正直なところ、一般の会社努めの人であれば、会社での部下の養成や社員教育、組織論的な話としてひとしきり聞いたことがある
話ではないかなと思います。
逆に言えば、教育業界というのはそういった現状ということ?子供の教育というのは特殊なのでしょうか・・・・?

個人的には、大きな教育改革が背景にあり、教育行政が今までと違う人間形成に挑戦していく、現場の教師は発想の大転換が必要という話は、非常に興味深い問題定義だと思いました。
一方で、対応策は観念的な話になっていて(ページ数が無いからしょうがないと思いつつ)、具体的な行動指針にまでなっていないので
あまり実用的ではないのだろうな、と感じます。<
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
今の状況に疑問を感じている教師は、一読するといいでしょう。ただ、あくまでもスタートであって、同様の問題を扱っている他書を読まれることも併せてお勧めします。

結論部分で語られる、これからの教師についての記述に、私はやや矛盾を感じています。「理想の教師像はプロデューサー」と述べながら、「オリジナルな教育手法はいらない」と言い切るところで、私自身は混乱してしまいました。

クリティカルに読み進めるためにも、面白い一冊かも知れません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
レビューに書かれていることもそれぞれの意見で参考になるが、とにかく「読んで」自分にとってどうなのかを考えた方が良い本。(特に現教職関係の方々へ)

2020年に向けて、国の教育の流れが書かれ、そこから筆者の提言がある。1つの考えとして参考になります。(内容はレビューをご参考に)
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
分かりやすい。読みやすい。とりあえずこの問題を知りたいなという人にはいいと思います。あまり深くはないですが、とりあえず、です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2017/1/15
「知識の習得」から「知識の活用」へ
国はまた、教育の大転換を図っている。
今度は「自分軸」がキーワードだという。

英語は「話せる」ことが大前提になり、

英語と国語の融合問題や
歴史、化学、生物の分野にまたがる
総合問題などが出題されるようになり、
数学が最も大きく変わる。

「一点刻み」ではない採点方法になる。

号令をかける側は気楽だが
この改革は、一点刻み教育で育った
教師たちを大パニックに陥れるだろう。

いま小中学校の教師の7~8割が、
他業種を上回る
週60時間超勤務と報じられている。

いっぱいいっぱいの現場に教育改革バクダン。
ウツが蔓延するのでは。
教師の過労・ストレス対策をしっかり講じてほしい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
現今の教育改革の目指す方向を具体的に論じた好著である。アクティブ・ラーニング(主体的・能動的・協働的学習)と高大接続の動向を大変わかりやすく解説し、現場の教師に早期対応を求める内容になっている。知識の習得から知識の活用へ、自分の意見を論じる入試問題など面白いテーマが満載である。著者の言う通りであろう。新学習指導要領もそうした方向で作成されることは間違いない。自分の意見を述べるのも結構。変化に対応できる学力を育成する必要があるということも正しい。しかし、考えなければならないことは、他にもある。なぜ知識の習得だけではダメなのか、知識・理解なくして自分の意見は述べられるのか、教養教育の見直し、グローバル・スタンダードとしての世界に通用する本当の教養とは何かということなど。このような本や議論を読んでますます感じるのは知識・理解をどのように定着させ、応用可能な学力に高めていくことがどうすれば可能になるのかということである。技術を支えるのは学問である。学問に根差した教養教育こそグローバル・スタンダードではないか。本書は求められる学力についていろいろ考えさせてくれる好著であることは間違いない。教師だけでなく、教育に関心あるすべての人にお勧めの一冊だ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー