¥ 1,598
この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 162 (10%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,436
Kindle版価格
¥ 1,598
単行本(ソフトカバー)

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 162 (10%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
2020年、人工知能は車を運転するのか ~自動運転... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

2020年、人工知能は車を運転するのか ~自動運転の現在・過去・未来~ 単行本(ソフトカバー) – 2017/2/24

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,598
¥ 1,598 ¥ 1,081
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 2020年、人工知能は車を運転するのか ~自動運転の現在・過去・未来~
  • +
  • ドライバーレス革命 自動運転車の普及で世界はどう変わるか?
  • +
  • 「自動運転」革命 ロボットカーは実現できるか?
総額: ¥5,486
ポイントの合計: 121pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

人と人工知能が協調して車を運転する未来。
東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年をひとつの節目に、人と車との関わりかたが大きく変わろうとしている。
本書では、手動運転→協調運転→自動運転への進化と、この進化を加速させる人工知能との連携について、日本の自動運転戦略を担うSIP-adus(内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム 自動走行システム)、独自の哲学で技術開発を進めるトヨタ/日産/ホンダ/マツダ、人間の研究から自動運転に取り組むオムロンなど、各業界を牽引するエキスパートが自動運転×人工知能の現在と未来を語る。

主な内容は、

第1章 自動運転を取り巻く世界と日本の動き
自動運転の定義と技術

自動運転に必要となる「人/車/道路」の三位一体
自動運転レベルの統一と自動車メーカーの責任
日本の強さを生かしたダイナミックマップ

など

第2章 車の自動化の歴史と自動運転の基礎となるACC
自動運転の歴史はACCから始まる
ACCの未来はどうなるのか?

など

第3章 自動運転の技術はどこまできているのか

「FUN TO DRIVE」と自動運転を融合させるトヨタ
運転の「FUN=楽しさ」と自動運転の融合点は?
人工知能と自動運転技術の未来

日産による運転支援技術の集大成「プロパイロット」
プロパイロットの現状と将来
日産ならではの「正直な」自動運転技術

「人間の研究」が支えるホンダの自動運転技術
人間と機械の境目はどこにある?
ドライバーの意思をくみ取るシステム

人馬一体を実現するマツダの「GVC」
マツダならではの独創的な自動運転技術とHMI
できるだけ長く運転してもらうために

進化を続けるスバル「アイサイト」
ステレオカメラへのこだわり
進化を続けるアイサイト

メルセデス・ベンツの考える人と車が融合した未来
自動運転レベル4の「F015」
人と車のコミュニケーション

など

第4章 人工知能が自動運転の発展を加速させる

オムロンの人を理解する「ドライバー運転集中度センシング技術」
オムロンの人工知能開発は若い女性に育まれた!?
人と機械が意思疎通できる共通言語

スイス・シオンの自律自動運転シャトルバス
公共交通機関ならではの可能性
必要とされる歩行者とのコミュニケーションツール

など

内容(「BOOK」データベースより)

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年をひとつの節目に、人と車との関わりかたが大きく変わろうとしている。本書では、手動運転→協調運転→自動運転への進化と、この進化を加速させる人工知能との連携について、政府の戦略、自動車メーカーやヘルスケアメーカーの取り組み、海外事例など、あらゆる角度から最新動向に迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 288ページ
  • 出版社: インプレス (2017/2/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4295000779
  • ISBN-13: 978-4295000778
  • 発売日: 2017/2/24
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 182,158位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

殿堂入りベスト10レビュアー2017年4月22日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年7月24日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。竹内 薫