¥ 1,620
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
2017年 アメリカ大転換で分裂する世界 立ち上が... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

2017年 アメリカ大転換で分裂する世界 立ち上がる日本 単行本 – 2016/12/14

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 2017年 アメリカ大転換で分裂する世界 立ち上がる日本
  • +
  • 日本人が本当は知らないお金の話 (Knock‐the‐knowing)
  • +
  • 富国と強兵
総額: ¥6,808
ポイントの合計: 178pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

トランプ大統領の誕生で、グローバリズムはついに終焉する! イギリスのEU離脱決定から始まった大潮流は、アメリカ大統領選挙に飛び火したが、さらに2017年に行われるオランダ、フランス、ドイツの選挙へと向かう。そしてEUは瓦解へ。保護主義化する世界で、衰退が止まらない中国経済、政治的混乱の続く韓国の行方から、アメリカ離脱によるTPP瓦解で存亡の危機から脱した日本が辿る黄金の道までを、完全分析! 混迷の世界を読み解く!!

内容(「BOOK」データベースより)

トランプ大統領の誕生で決定的となったグローバリズムの終焉。アメリカはこれからどう変わっていくのか。イギリス「EU離脱」の本当の衝撃はこれから始まる。2017年、欧州各国で起こるトップ交代でEUは瓦解する。世界から嫌われ排除されていく中国と韓国。デフレ対策を日銀に丸投げした安倍政権の失政。日本の主権喪失を防いだのはアメリカの有権者だった。デフレ脱却を阻む恐怖プロパガンダを排撃せよ。日本の貧困化を阻止して大復活する道、ほか。グローバリズム終焉後の世界経済。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 304ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2016/12/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 419864294X
  • ISBN-13: 978-4198642945
  • 発売日: 2016/12/14
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,248位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
アメリカでは、マスコミが徹底的にトランプを侮辱する宣伝工作をしましたが、アメリカ国民は騙されず、トランプを選びました。
ドナルドトランプが言っていたことは、グローバリズムを進めてどんどん移民を入れ、外国から安い品物が無制限に入ってきたら、
デフレが促進し、国民が苦しむ。人口のたった1%の大金持ちから金をもらって国民にウソの宣伝をして騙し、国民を苦しめている大金持ちと
その手下のマスコミどもと戦おう!と言ったのです。
しかし、マスコミはその発言を捻じ曲げ、移民に反対する奴はレイシストだ!徹底的に叩きのめせ!と煽ったのです。結果、多くの動画でも
見られるようにトランプ支持者は集団暴行されたり、罵声を浴びて、被害者であるのに、レイシストの加害者だとマスコミから非難されました。
西部のオレゴン州ポートランドでは日本のトヨタのカーディーラーが襲われ車が破壊されました。
 日本でもよくある風景です。加害者が被害者とされ、被害者が加害者として糾弾される。
しかるに、日本ではいまだ、国民はマスコミの洗脳から醒めていません。
本書ページにもあるように、財務省は公共事業を削減し、日本をデフレに追い込むためなら平気でウソをつきます。
先ごろ、内閣官房参与藤井聡氏が出演したラジオでは「公共事業などに投資して
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 JAZEE BLUE トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/12/19
形式: 単行本
安倍政権がどれだけ日本を変な方向へ
勧めて行っても、本来反対すべき保守から
殆どそういった批判が無い状況は異常としか
思えませんが、本書では厳しく批判しています。
この点だけをとっても一読の価値はあると思います。
雑な認識と思える点もありましたが、
日本の問題点について考える一助になる本だと思います。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ネタバレあります。未読の方はご注意ください。
2016年は、ブレグジットにトランプ勝利。サッチャー、レーガンから始まったグローバリズムによる小さな政府の流れが逆回転し始めた。歴史を遡れば、通貨の兌換停止はロンドン発、ニクソンショックで世界が管理通貨制に移行。常に新しい変化はブリテンから。歴史をひも解き、故きを温ねて新しきを知る筆者の視界は高く、広く、新たな示唆に富んでいる。すばらしいの一言に尽きる。それだけで★五つの価値がある。
けれども、翻って我が国の経済の停滞は、デフレが原因で、需要が足りない。政府はデフォルトや財政ファイナンスといった周囲の雑音に惑わされず積極的に財政支出せよ。との論理は、十年一日で、それ以外の緻密な論理展開との差にいささか違和感を覚えるほど短絡的に感じるのはわたしだけだろうか。
デフレは、通貨収縮と訳されるものの、現在のデフレは量的緩和では解消できない。筆者はもちろんその立場をとる。では、本当にデフレが原因なのか?需要不足の原因は何なのかについては、特にこれといった考察がなされず財政支出を行えばよいとの結論に飛びつく。それまでの丁寧な論理展開を重ねる筆者とは別の人間が書いているのではないかと邪推したくなるほど。
筆者はわが国経済の停滞は、1997年から始まるデフレが原因で、その原因を作ったのは橋本政権だと断じる。悪名高
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック